騙されろ魚ども

 竿買ったんすよ。
 って前回書いたのだが。

 しかし、また雨。
 週末は雨。
 僕が釣りに行こうとウキウキすると、外は雨。



 仕方が無いのでルアー作りを進めた。
 ルアーというのは日本語で言うと疑似餌なのであり、擬似的な餌、マガイ物のこと。


 僕が今作っているのはミノーっていうやつで、これはミノムシを模した疑似餌だからミノ、なのではなく、なんでミノーっていうのか知らないけれど、ともかく魚の形を模している。

↓こういうの。


ダイワ(Daiwa) S・ハンター3 13F





 むかし川原でシーバス用のミノー(7cmくらい)を一つ拾い、いやぁ良く出来ているなぁ、まったく本物の小魚のようだなぁ、と思っていた。


 最近管理釣り場に行くようになり、ミノーで釣ったら爽快感も幾分変わってくるだろうと、そう思って釣具屋に行くと、目が飛び出るくらい高価であった。

 千円以上だ。

 高い。
 牛丼だったら3杯くらいは食える。

 でも牛丼では魚は釣れない(と思う)。


 しばらく悩んだが。

 もうどうにでもなれ、貧乏したって良いじゃないか。

 千円。
 確かに痛手だ。

 牛丼3杯、つまり3日間は喰うに困らない額である。
 でも、いいんだ。
 金なんて、持っていても碌な事にはならない。

 使っちまえ。
 貧乏、結構じゃないか。


 僕は清々しいような、清冽な心持になってレジに向かった。
 なけなしの千円。

 5cmのミノーとなった。


 実際、管理釣り場で使ったら大きな魚が釣れた。


 しかしこれ、根掛りでもしてなくしたら事である。
 3日分の食費を、文字通り水の泡にしてしまう、そんな恐ろしいことになったら、僕はルアーと共に生きる気力さえ失いかねない。

 これは、大事にとっておこう。
 千円のミノーは使わないことにした。


 その代わりに、自分でミノーを作ってしまおう、と。
 だってあれ、要は木を削って塗装すりゃ良いんでしょ?
 原価も安そうだし。


 ってことで数百円でバルサと針金を買い、カッターナイフで削ったり紙やすりでこすったりして、それっぽい形にしてみた。
 で、針金とオモリを仕込んで接着。



5kNiyRxo5uCQer2PZrs4-92136bd3.jpg






k4iWUbRWNHy8vshj2EQp-c4ac97ac.jpg





 大小合わせて5個作ることにした。
 購入したら5千円以上だと思うと自然に頬が緩む。


 塗装用の箱も段ボール箱と針金ハンガーで自作した。


ysikvve9hzruijziUmvo-b4cccf6b.jpg





 雨が止んだら塗装に取り掛かろうと思う。


 しかし、止むことはあるんだろうか。この雨。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。