振るだけだ

 新しく買った竿は、やはり新しく買った竿ケースに落ち着いたまま日の目を見ず、一度も使われぬ状態で部屋の一部になってしまった。

 引っ越したときからそこにそうやって在ったかのように、部屋に備え付けの竿ケース、みたいな当たり前さで、微動だにせず放置されている。

 駄目ですねこれは。
 竿は振らないと。

 というわけで、新竿を持って釣りに行った。

 竿の存在意義って言うのは振られることにある。
 言ってしまえば「魚がかかって取り込む」っていうのは竿にとっては副次的な意義であって、つまり、ただ振られる。
 そのためだけに竿はある。
 そう言い切って良いと思う。

 と、僕がこう書くのには訳があって、結果からいうと釣れなかったのだ。新しい竿で。
 その上、これから先も釣れるような気がしない。微塵もしない。

 ひとしきり絶望した後に開き直った僕は、前述のごとく、竿の価値観を転換することで何とか元気を取り戻したのだ。

 竿は、振るためにある。
 魚を釣るためにあるのではない。
 竿を振っていたら、たまたま釣れることもある。もちろん釣れないのが普通だ。
 僕は振るために竿を買った。

 さて、釣りに行った話。

 買った竿はメバル用のルアーロッド。
 なのでもちろん、メバルがいるところに行くことになる。

 だけど僕には車が無い。君に聞かせる腕も無い。心はいつでも半開き。

 ってことでいろいろ調べた結果、鶴見川の河口あたり、「ふれーゆ」っていう施設の裏に行くことにした。
 電車で行けるので。

 品川の辺りも良いかと思ったが、何となく遠くに行きたかったので…

 で、電車を乗り継いで海へ。

 なかなか良い感じです。
Rve4CF4j3hgJVQZexjZ6-a5fc99c2.jpg


aURL2HftfhZtkUJG7bPu-c9999072.jpg


 ヒトデも交尾中です(嘘)
 干からびていた。

 そこでブルンブルンと、振りたいだけ竿を振り、もちろん魚など釣れず、泣きたいだけ泣き、腹が減ったのでゆで卵を食い、寒くなってきたので「ふれーゆ」の中に避難した。
 レストランとかお風呂とかあって良い感じの建物だった。

 小さな熱帯植物園があり、ふらっと入ると魚がいた。
 ワームで釣ってやろうかと思った。

NtaShaz5ynfOnEyKgVNu-ed39fdc4.jpg

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。