ドザエモン・トラウトにうんざり

 6/20、何となく管理釣り場に行った。

 気持ちが滅入っちゃってしょうがなく、どうしようか、死のうか、それとも釣ろうか。
 そんなめんどくさい状態にあり、簡単に言えば夏バテなのだが、ともかく釣りに行くことにした。

 お魚ならば僕のこころを幾らか癒してくれるかも知れぬ。

 そう思ったのだった。

 管理釣り場の準備は簡単だ。

 振り出しのトラウトロッド、1000番のリール、スプーンをいくつか。
 あと、今回はスカリ、フォーセップを用意した。

 10分もあれば準備は整う。

 家を出るとき、おかずを釣ってきて頂戴よ、と家の者が言った。
 気持ちが滅入っている僕は、背中を丸め、何も言わずに出かけた。

 13時半頃釣り場に着くと、どうしたことか空いている。
 休日は大抵混んでいてその点は少々我慢するつもりで来たのだが、がらがらなのだ。

 それもそのはず。
 池には魚の死体がぷかぷか浮いていた。

 初めは、誰かが釣った魚を捨てたのかと思ったが。
 そうではなく、急に水温が上がったためニジマスが死んでしまったらしい。

 単に水温が高いから、ではなく、急に上がったのが良くないとか。

 そんな状況なので全く釣れない。
 まわりの上手い人は少し釣れていたが、僕は上手くも無いし集中力も欠けていた。

 ルアーを二つもロストしてしまった。。

 16時を過ぎるとポツポツと釣れ始めた。
 水温が下がったためか。

 とりあえず2尾釣って時間切れ。

 うーん、どうにもこうにも。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。