アジが行方不明です

 前回。
 
 アジを釣りたい一心で勝浦まで遠征し、夜を徹したにもかかわらず釣れたアジは小アジ、いや豆アジ、一尾は意地で刺身にしたもののわずか2口。
 きわめて貧果であった。
 
 後日、同行のS氏が釣具屋で聞いたところ、あの日は外房はダメ、行くなら相模湾や三浦であったとのこと。
 
 そういうことは行く前に教えてほしいところであるが、後の祭りというやつなのだ。
 
 
 ならば、と22日の日曜日、家庭の事情など諸般の諸々を顧みず、向かった先は大磯である。
 
 潮回りはどうにも悪い。
 
 だが、どうだろう。
 潮回りが悪い日にはアジは釣れないのだろうか。
 僕らはアジの何を知っているというのだろう。
 
 意外と釣れたりして。
 
 ふんふん鼻息を荒らしながら電車に乗り込み、大磯に着いたのは16時であった。
 
 海水浴客は帰り始めていたが、釣り客はまさにこれからが勝負。
 堤防は混んでいた。

ZBddxcyD26mowcCsy6Bs-5752d741.jpg

 

 僕が釣り座を構えたのは堤防の根元、小さな場所である。
 
 ここは前回も入ったことがあり、大物は出なかったもののメジナ、アイナメの子ども、フグ、ネンブツ等々、小魚の魚影はかなり濃かった。
 
 そのとき、夕方からきた地元の兄ちゃんがルアー釣りでアジっぽい魚をぽんぽんと簡単に釣っていたことも、ここを選んだ理由だ。
 
 ここは間違いなくアジの通り道だ、みんなそれを知らないのだ、穴場という奴なのだ、ふんふん、と息巻いて竿を出した。
 
 満潮直前。
 
 メバリングロッドに、まずは小さいウキ、小さい針。
 エサはアミエビ。
 
 魚の活性は高かく、エサはとられる。
 しかし向かい風が強い。
 
 なるほど、周りの場所は混み合っているがここだけは空いていたはずだ。
 釣りにならぬほどの風。
 
 アタリが取れない。
 
 
 仕方ないのでヘチを探ることにした。
 5Bほどのガン玉を付け、エサはアオイソ。
 
 するとすぐに釣れた。

h8CGvprKo9fJGxZMSgWa-c604c9c1.jpg

 
 
 カゴカキダイ、というらしい。
 
 いかにも不味そうだが食ったら美味いとか。
 まぁ、食う気にはならないなぁ。
 
 
 その後も小さなアタリが続くが、なかなか乗らない。
 
 手を替え品を替えやっと釣り上げたのはこれ。
 

AuZRUFRFH4OC3v3dVwcj-6adc2ee5.jpg

 

 
 カワハギ(だと思う)。
 
 これは間違いなく美味い。
 が、あまりに小さいのでリリース。
 
 
 さて、暗くなっていよいよアジタイムに突入である。
 
 で、結果から言うとやはり釣れなかった。

 まぁな、潮が悪いことは分かっていたし、釣れないとは思っていた。

 特に下げの潮がダメっぽかった。分かっていたんだよ。うん。

 

 そう思い、泣きながらひたすら投げる。
 
 ワーム、ミノー、メタルジグ、スプーン。
 最後に文字通りサジを投げて、絶望。
 
 再びエサ釣りに戻すが涙で穂先が見えない。
 
 もう終わろう。
 帰ってお風呂に入って酒飲んで寝よう。
 
 片付けをして、置いておいた竿を上げてみると引く。
 おい、まじですか。魚ですか。
 
 しかもなかなかの引き。
 
 どっこいしょと抜いてみるとカサゴだった。

dKePXE8Kw7OooN79LsfV-65b33d8b.jpg

 

 20cmは超えていたのでキープさせてもらった。
 
 帰って煮付けで美味しくいただきました。
 
 
 しかし、ダメな釣りが続いているなぁ。。

「アジが行方不明です」への2件の返信

  1. 外房は残念な、釣りでしたかぁ。

    勝浦漁港!は、夕暮れになると、どこからともなく鯵釣りの人が湧いてきませんでしたか?

    あれには、驚きです。漁港の奥の赤灯行けた堤防の幅狭いスロープ、昼間に場所取りしてましたよ!クーラーボックスで!長いノベ竿に浮きつけて、オキアミで釣りしてたのを覚えてます。定員4~5名程度の。
    シーバス釣れないので、餌でリフレッシュしたいですわーい(嬉しい顔)

  2. 勝浦は確かに釣り人が集まってきましたね(笑
    朝マヅメにも。。

    とりあえず、数をこなして腕を磨きます。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。