佐渡釣行(1日目)

2011/10/28

深夜バスは、0時20分に新宿を出発した。

俺の隣にはサンダル履きの下北系兄ちゃん。
路線バスかよ。緊張感が足りないんだよ。
何だか気の抜けるスタートとなった。

バスの中は静かだったし、カーテンはばっちり遮光しているので真っ暗。
どこからか寝息が聞こえてきます。
が、俺はそんなところで眠れるほどの大物ではありません。小物です。
うとうとくらいはしたかもしれないけど。
じっと座っていました。

途中、2回くらい休憩が入ったと思う。
しかしできるだけ体を休めようと、俺はただ、じっと座っていたわけです。
そしたら腰が痛くなりました。

で、新潟駅に着いたのが7時くらい。
みんな降りました。俺を除いて。

俺はその一つ先、フェリー港があるバス停まで行くことに決めていた。
だって、そうすれば移動しなくて済むじゃん。
と思っていたのですが。
浅はかでした。

港でバスを降りると周りには何も無い。
建物はあるのだがこれといって観光地でもなく、しかも朝7時半、放り出された感じとなった。
なるほど、新潟駅で降りれば朝飯を食う場所くらいあっただろう。
だからみんな新潟駅で降りたんだな。

フェリーが出るのは9時25分、つまり2時間近く何もすることが無いわけです。
いつもならば酒でも呑んでいれば時間が潰せるが、朝ですし。
これから島に渡って運転せねばならんし。

とりあえず朝飯。
フェリー港で、新潟名物らしいカレーラーメンを食いました。

これが意外と美味かった。

P1010260.jpg

待合室では数人の老人たちがフェリーを待っていた。
端の方には畳がしかれていて、寝転べるようになっている。
幸い人がいなかったので少しだけ仮眠した。

まぁ、これで良かったのかもな。

さて、いよいよフェリーです。

P1010268.jpg

ジュータン席ってのは、つまりこういうことです。

P1010269.jpg

伊豆大島に行った経験では、イス席なんかよりジュータン席で寝ていた方が後々幸せなのです。

酔い止めも効いてきて、心地良い揺れの中、すっかり寝てしまった。

気付いたら島に着く直前だった。

太宰の「佐渡」に、島の影を他の島と勘違いするというシーンがある。
なるほど、確かに小説に描かれているとおりだった。

すっきりとした気分で上陸。

バイク屋との約束の時間まで少しあったので、両津港の周りを少し散歩。
港で釣りをしている人がいた。カマスか、たくさんの魚の影が見えた。

町はのどか。

P1010274.jpg

P1010275.jpg

港に入っている店でブリ丼を食った。
少々見くびっていたが、実に美味かった。
さすがだ。

P1010276.jpg

レンタルバイク屋に行くと初老のおじさんが一人いた。
メールでやりとりしたのは若い人だと思うので、親父さんだろうか。

名前を告げると「メイトね?」と話が通っているようで安心したが、なぜかシグナス125を出そうとする。
「いや、メイトです。これです」と指差すと「なんだ、カブか」と言っていました。

そうだよな、あの形は大体「カブ」なんだよな。
のっけから力が抜けます。

さて、どうにかバイクを借りた俺は宿に向けて島を横断。
宿は島の西側、七浦海岸の辺りです。

350号線という大きな道路が通っているので、そこをメイト90でのんびり走る。
(しかしメイト90、10万キロ走っているからか全然キビキビ走らないな。。)

海が綺麗です。

P1010277.jpg

件のメイト90。
ミラーが片方しか無くて怖いんですけど。
これ違反じゃないのかな。
ゆっくり走れば良いんだっけ?
レンタルバイク屋を信じて走るしか無いんだが。

P1010282.jpg

一度宿に入り、チェックイン前だがお願いして荷物を置かせてもらった。

近くの港へ。小さな港。
でも魚の気配はプンプンします。

P1010283.jpg

様子見ってことでワームを投げてみる。

ネジワームに掛ったのは、、 何ですかこれは。
アナハゼですかね。

P1010284.jpg

辺りを偵察しつつ、チェックインの時間になったので宿に戻った。

P1010288.jpg

安い割にはいい部屋。十分です。

夕食。

P1010289.jpg

豪華!
美味い!

大満足です。

佐渡に行く人、敷島荘おすすめです。
周りには何も無いけど、金山が近いです。

ビールを呑み、一風呂浴びて再び釣りへ。
歩いて港まで行ける。素敵です。

アジ、メバルが釣れました。

P1010292.jpg

P1010295.jpg

大満足で初日終了です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。