【初釣り】第十次ウツボ殲滅作戦@葉山

明けましておめでとうございます。
…今年も4分の1が終わろうとしています。

年明け早々、体調を崩したり息子の歯が折れたりと災難が続いてなかなか釣りにも行けませんでしたが、よく考えたところ、釣りに行かないから災難が続いたのです。
海の神様にご挨拶を忘れていました。天罰ですね。

というわけで、葉山のオオモリボートで初釣りの儀をとり行いました。

3/20(金)、午前中は家を買い午後から出社。
…そうです。家を買いました。右から左へと大金が移動し、新築後建てとローンとゲットしました。
呆然としつつ仕事をし、ぼーっと帰宅。
多額の借金を背負うと、人ってボンヤリするんですね。

さて、それはともかく21時ころに家を出て、23時ころS氏の最寄り駅に到着しました。
Y氏と合流しS氏宅へ移動。
その晩はカップ麺と梅酒で英気を養い、1時ころ就寝。

翌朝5時半起床。
7時過ぎに葉山オオモリボートに到着しました。
雨がぱらついて天気はいまいちですが、風は無さそうなので出船可です。

P1020880.jpg

7時半に出船、沖ブイまで曳航してもらいます。

P1020882.jpg

このところ水温が上昇気味でマダイの気配があるそうです。
いつもは身餌でウツボを狙ったり虫エサでキスなどと遊ぶところですが、初釣りでもありますし、まじめに鯛を狙うことにしました。まぁメジナとかサバでも嬉しいんですけどね。

竿は2本。
ネオランクス船にレッドタイガー。こちらはコマセ釣りです。
もう一本はバスロッドにソアレBB30。胴突やイワシが回ってきた時のサビキ用です。

そんな感じで8時過ぎに釣り開始。
30分ほどで胴突に今年初のアタリ。

P1020884.jpg

キタマクラでした。大変おめでたいですね…

そこから先はエサがたまに取られる程度で、ほぼ反応なし。
こういう、エサ取りの少ない時が狙いらしいのですが、マダイ釣りの素人にとっては苦行です。
雨だし。寒いし。
背中にホッカイロを仕込んでおいて本当に良かったと思いました。

コマセも時間も無くなってきたので、こうなったらいつものアレだ、ウツボ釣りだ、と開き直りまして、Y氏が持ってきた豆アジを少し分けてもらいました。
バスロッドの方をウツボ仕掛けに変更して投入。
が、何だかいまいち反応が鈍いです。ううむ…

そんな停滞気分のなか、13時ころ隣のボートで釣っていたS氏がなんとマダイを上げました。
驚きです。驚きすぎて写真を撮り忘れました。

我々3人、葉山に通い始めて4年目にして初めての真鯛です。いるんだなぁ…

時間もあまり無いですが、少しやる気が出てきました。
ウツボ仕掛けを見直しまして(ハリスの長さとか餌の付け方とか。関係ないかもしれないけど)、再投入。
するとすぐに反応があります。時間は残り15分。間に合うでしょうか。間に合いますね。

ゴリゴリとリールを巻くと、重い。ひたすら重い。
と思うと、突然トルクフルな引きっぷり。そして急におとなしくなる。と思ったらトルクフル。
これは間違いないです。ウツボです。

P1020887.jpg

じゃじゃーん。結構良いサイズです。

水面でグネグネと身を捩り、結ばります。

P1020889.jpg

プライヤーで針を外そうと試みますが、サイズが良すぎて思うように寄って来ません。
というか怖いです。
ハリス切れないかなぁと淡い期待を抱くものの、8号ハリスはなかなか切れません。

しばらく綱引きをしていたらようやく切れました。
ウツボ、興奮しますね。
でかいと怖いですけど。

そんな感じで初釣りはフグとウツボ。
次回は鱗がある魚を釣りたいです。

S氏はカサゴとマダイ。
Y氏はボウズだったようです。

周りではマダイが何枚か上がったようなので、やはり状況は悪くなかったみたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。