デッドエギングでスミイカ@伝寿丸

今度こそオオモリボートに乗るぞ、と一週間前に予約の電話を入れたところ残り3人乗り一艘のみ…
大人3人で3人乗りは厳しいです。

というわけで、乗れなかった場合に候補に上げておいたスミイカのデッドエギングへ。
初めての挑戦です。

船宿をいろいろ調べたところ、浦安吉久と千住入船が有名らしいですね。うちからだとバイクで20分くらい。近いです。
ただ丸一日乗るのも大変だし、同様予定のSY両氏の家からは遠いです。
金沢八景に半日船がいくつかあります。他には羽田の伝寿丸がショート。
で、結局伝寿丸にしました。

前に午後メバルで行った船宿です。雰囲気は良いけど釣れないという印象しかなく若干不安でしたが、結果から言うと想像とおり、雰囲気はいいけど釣れませんでした。

さて、当日4時半に目覚ましをかけて、なぜか4時に鳴り、次に起きたら5時だったりして大慌て。
チャリで爆走して何とか予定の電車に乗れました。
穴守稲荷に6時24分着、コンビニに寄って歩いて川まで。7時前に余裕の到着です。

p1030292

この雰囲気は嫌いではないのですが。

p1030293

p1030295

乗船票を見たら僕が一番乗りでした。なぜだか不安です。

中オモリを貸してくれるとサイトに書いてあったので貸してほしいと言ったら「買ってもらうことになります」とのこと。まぁ良いけど、不安は募る一方です。オモリは後で若い人が持ってくるそうで、どういう仕組みかいまいち分かりません。

7時ちょうどくらいにS氏、Y氏が車で到着。準備を整えて、修理から帰ってきたばかりという大きめの船に乗り込みます。

p1030296

乗り込んだのは我々3人と他二人。広々です。

出船間際まで「オモリを持ってくる若い人」が来ません。船長さんにオモリを貸してほしいと言ったら、なんか変な形のオモリを貸してくれました。

p1030300

で、中オモリはこれ一つしか無いみたいで、S氏はレンタルロッドにスッテ仕掛け、Y氏はキス天秤を使ってくれとのこと。
どうなってんだろう。「若い人」はどうしたのか…

そんなこんなで7時40分ころ出船。
8時半位に開始の合図です。曇っていて寒かったです。

僕のタックルは

リバティクラブ ライトパック 10ー210にダイナスター150早技

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ダイワ】リバティクラブ ライトパック 10-210
価格:4980円(税込、送料別) (2016/10/23時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ダイワ(Daiwa) ダイナスター 150早技 00610020
価格:9920円(税込、送料別) (2016/10/23時点)

道糸はPE1.5号、リーダー4号。
借りたオモリは15号で、その先に道糸3号1.5m。

エギはうちに転がっていたやつを適当に。まずは2号を付けました。

p1030298

p1030301

初めてだと伝えてあったのに全く何のレクチャーもないまま釣り開始。

何が何だか分からないまま寒さに耐えて釣り続けましたが、僕とS氏は丸坊主…
Y氏が良い型のシリヤケ+小型のシリヤケをゲット。柔らかい竿が良かったのでしょうか。

13時過ぎに納竿。
おみやげにスミイカを3杯もらいました。

うーん… 厳しい釣りでした…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。