ひとつテンヤ@大原 富士丸

このところ毎年、春になるとひとつテンヤマダイに行っています。今年もそろそろかなぁということで、いつもの皆さんをお誘いして行ってまいりました。

 

確か初回は秋に大原の新幸丸へ行き、辛く厳しい釣りながらそこそこの釣果を挙げ、妙な充実感を得たのでした。2回目と3回目は春、銚子の梅花丸の午後船に乗りました。こちらは辛くも厳しくもないものの(船酔いは辛かったけど…)釣果はいまいちでした。

 

協議の結果、今回は大原で午後船に乗ろうと。いろいろ調べて富士丸をチョイスしました。結果的には良い選択だったと思います。

さて釣行は4/8、富士丸には11時までに集合とのことなので10時13分着の特急に乗りました。Y氏も同じ特急。S氏は車なので駅で合流して船宿へ。田舎のばあちゃんちみたいな家が船宿でした。我々が一番乗り。

大原の船宿は何となくどこも厳しいイメージでしたが、富士丸のおかみさんはとても気さくで優しそうな方で一安心です。名簿の記入、支払いを済ませ、オマケのテンヤ(正確にはカブラ)12号を貰いました。2個入りです。追加購入は800円。こちらも2個入りなのでお得だと思います。

 

車で港近くまで移動し、しばらく待機。

 

 

前日まで強風で大シケでした。この日も風邪は強め、雨もパラパラ降っていました。

 

11時半ころ船に乗り込みました。

きれいな船です。

船長さんは無口でビビりましたが、後に単に無口なだけだと判明。優しかったです。

 

エサはふつうのエビ。

 

レンタルタックルはリールが少しヘタっていました。普通に使えたのでOKですが。

 

12時ちょうどに出発。僕はそうそうにキャビンで横になります。酔い止めを飲んでいますが波が高いので念のためです。

 

30分ほど走って釣り開始。はい、バッチリ船酔いです。がんばってどうにか釣りができるくらいの、中程度の船酔いです。こりゃ釣れないかな、と思っていたら微妙なアタリ。ゴリゴリ巻くと全く引きません。

 

でかいウマヅラでした。とりあえずキープ。

水深は35mほど。テンヤはいちおう持っていった5号を使いました。持っていって良かった…

 

立て続けにもう1尾ウマヅラを追加。釣り上げた途端、くさーい糞を撒き散らされました。馬糞ですよマジで。ああいったツラの生き物からはああいったフンが出てくると決まっているんでしょうか。即リリース。

 

その後はエサを取られるばかり。

そう言えばこの翌日、友人宅でホームパーティの予定があり、そこに持っていくタイを釣るというミッションもあるのでした。ホームパーティにウマヅラってわけにはいかないので気合を入れ直します。

 

S氏はウマヅラに続いてマハタをゲット。良いなぁ…

移動後は水深60mほど。この日は波が高く潮も動いていて底が取れません。オマツリもするようになり、船酔いは酷くなる一方…

 

移動中にキャビンで寝て、船が止まったのでもぞもぞ起きだしたらY氏の竿が曲がっています。上がってきたのはこちら。

ホウボウ。良いですなぁ。

 

結局僕はウマヅラ2尾で終了。周りではワラサも結構釣れていました。

 

 

帰宅してウマヅラを捌き、エノキとバターで炒めました。

なんか、臭かったです。

 

【今回の釣果】

ウマヅラハギ2尾

 

【今年の釣果】

クサフグ1尾

チャリコ1尾

イシモチ10尾

ハゼ1尾

ヤマメ2尾

ニジマス8尾

ウマヅラハギ2尾

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。