【ファミリーフィッシング】つりぼり金ちゃん

都会のオアシスに行ってきました

「篠崎に釣り堀があるらしい」との情報を得て(ググっただけですが)、しかし名前が「つりぼり金ちゃん」という少々ひょうきんなものだったため迷っていたのですが、息子が行きたいというので連れていきました。連休の真ん中、2/11です。

都営新宿線の篠崎からバスですぐらしいのですが、うちからだと自転車で行ったほうが早そうです。
距離は6kmほど。息子を後ろに載せていくには少し気合のいる距離ですね。これも筋トレの一環と思い込んで家を出たのが14時半ころ。

行徳橋、篠崎水門を越えて篠崎街道に出ると、すぐに見つかりました。

良い佇まいですね。年季を感じます。

常連さんとかいそうでちょっと入りにくいなあと思っていたのですが、恐れを知らぬ子供はぐいぐい行きます。

店員さんは大変親切で、気の良さそうな兄さんでした。一安心。
親子券を買って、一つだけ空いていた席に案内してもらいました。

つまり、店内はほぼ満員です。

独特の雰囲気ですが、居心地は良いです。都会のオアシスが篠崎にありました。都会ってほどでもないですが。

 

釣り開始です

気の良さそうな兄さん(店員さん)に初めてであることを伝え、色々説明してもらいました。
まずエサは2種類。練り餌とハムです。

 

練り餌は指でこねて小さく付けます。あまり硬くしないで、ある程度でバラけるようにすると鯉が寄ってくるそうです。店員さんの言うとおりにやったら早速一匹釣れました。

次はハムの使い方。針先にチョンと付けます。こちらはニオイが少ないので、時おり動かしてアピールします。そうするとこのようにウキが動くので、はい合わせて。と言うのに従うとまた釣れました。

これ、もしかして簡単なのでは。と僕は思いました。たぶん息子も思いました。

 

では頑張ってください、と言い残して店員さんは去っていきます。

僕と息子は、まあ10尾は釣れるだろう、などと余裕で始めましたが、まったく釣れません。
いろいろ工夫してアタリは出るようになったものの、針がかりさせられません。

激ムズい…

 

ようやく一尾

エサを小さくしたり硬さを調節したりして、ようやく一尾かかりました。

 

それほど大きくないのですが、竿が柔らかいので面白いです。あ、そういえば受付をするとき、竿は自分で選びます。硬い、普通、柔らかいの三種類から。我々はなぜか柔らかいのを選んだのでした。

釣った魚はビニール製のタモですくいます。魚を傷つけないようになっているのだと思います。

これですくって、針を外したら後ろのバケツに。

ここに入れるのですが、気を付けないと鯉が脱走します。というか、しました。隣の人に教えてもらって気づきました。危うく踏んづけるところでした。

 

その後ふたたび釣れない状況が続きます。でもアタリはあるので飽きません。
息子はエサの工夫にはまり出し、ハムに練り餌をまぶしてみたりして。そしたら釣れました。

結構な大物。
偶然だったとは思いますが、息子は自分がエサを工夫したから釣れたのだと思って喜んでいました。

試行錯誤して釣れた一尾は格別です。息子にも釣りの喜びが少し分かってもらえたかもしれません。しかしなんというか、これを機に釣りにはまったりされるとそれはそれで心配というか…

 

お菓子と交換です

結局1時間やって、店員さんのアシストで釣れた2尾と僕が釣った2尾、計4尾でした。

バケツを持って行くと5ポイントとの判定。どういう計算かよく分かりませんが、ポイント分のお菓子などと交換できます。

 

かなり難しい釣りでしたが、上達する楽しみもありそうです。
また息子を連れて行きたいです。

 

【今回の釣果】
コイ 2尾

【今年の釣果】
コイ 4尾
金魚 13尾
フグ 2尾
ベラ 3尾

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。