小物釣り

赤フナ

新型コロナの感染拡大防止ということで息子の小学校が休校になりました。

学校から「できるだけ人と会わぬように」との御触れが出ましたが、アウトドアならOKだろうと広場で子どもとキャッチボールなどして日々を過ごし、結果的には肩を痛めました。投げ込みすぎです。
肩に少量の砂利でも入っているような違和感があるのですが、これが四十肩ってやつでしょうか。いや、そういう考えがダメなのですね。病は気からというやつです。
この違和感は、ただ肩に少量の砂利が入っただけだと思い込むようにします。

さてそういったわけで、たまにはキャッチボール以外の娯楽を、と考えまして、いろいろ調べると足立に釣り堀とバッティングセンターが併設している施設があるとのこと。
そこなら息子も僕も満足できそうです。
が、休日は大変混みあうとか…。そもそも人混みは嫌いな上にコロナの件もあり、足立はやめにして結局いつもの市ヶ谷へ行きました。

8割程度の混み具合でした。息子は一人でなんとかできそうなので、僕も竿を借りて釣り開始。

ここの金魚釣り、去年はあんまり釣れなかったのですが、みさと公園のクチボソ師匠に1年間の猛特訓を受けたおかげか今回は結構釣れます。まあ単に暖かくて魚の活性が高かっただけかもしれません。
あとこれ金魚釣りだと思うと脱力しますが、「赤フナ釣り」だと思えばそれなりに燃えます。

エサを見てくわえた瞬間に合わせる、という方法も良いですが、敢えてビールケースに座って低い場所からウキだけを見て、微妙なアタリをとって釣る、というのが楽しいです。変態ですね。

結局僕は1時間ほどやって20尾くらい。息子も前回よりは釣れたようで満足した模様。

色の綺麗な金魚を3匹だけ持って帰りました。

なぜか池を作ることに

室内には30cmキューブ水槽がありますが、エビを飼っているので金魚は入れられません。小さすぎるし。
外には睡蓮鉢がありますが、こちらはメダカが入っているのでやはりダメです。

というわけで、今回の金魚3尾は余っていたプラ舟で飼うことにしました。

しかしこれだと殺風景ですし、真夏は水温が上がりすぎて赤フナの煮付けになってしまいます。

いろいろ調べると土に埋めれば良いらしいです。なるほど…って簡単に言いますが、土木工事ですね、もはや。

とりあえず芝生をベリベリはがして土を少し掘りました。
どうなることやら…。

【今回の釣果】
金魚 20尾くらい

【今年の釣果】
金魚 20尾くらい
クチボソ 2尾
ニゴイ 1尾

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。