リセット!

衝動的に金魚を飼い始めて半年ほど。
噂の黒ヒゲが蔓延しまして、危機一髪な状況に陥りました。

原因はだいたい分かっています。
フィルターを変えてみたのです。

水槽セットにもともと付いていたフィルターは不織布みたいな例のやつが2枚、それと活性炭のフィルター1枚。
それがずいぶん汚れてきまして、そのせいか茶ゴケが目立ってきたのです。
フィルターを洗っても駄目な感じでして、まぁ消耗品ですから買い替えました。

で、不織布みたいな例のやつは1枚捨てて新品と交換。
活性炭は捨てて、セラミックのライフマルチ(?)みたいなのを追加。
(両方ともホムセンで購入しました)

結果、物理濾過が不足気味になり余計にコケが増えました。
もともと生えていた緑、茶に加え黒ヒゲも…

そんな訳で思い切ってリセットです。

こんな感じになりました。

R0012686.jpg

大きく変わったのは底石。
ソイルから大磯砂に変えました。
大磯砂は近所のペットショップで購入。10kgで1,000円位でした。安いですね。
一応洗いましたが、それほど汚れていませんでした。
金魚なので酸処理というのもやらなくて良いかと。

あとエアーシャワーを導入しました。

見た目も良いですし、いずれまたエビも入れたいので…

あと、水草と金魚の共存は諦めました。
いったん酢で黒ヒゲを退治して(100均の食酢を2倍に薄めて漬けました)、いつでも取り出せるようにして水槽に入れて様子見。
暖かくなったらベランダで養生しようと思います。

R0012683.jpg

R0012684.jpg

黒ヒゲが赤くなっていますね。

「ベランダで水草を育てたい」とかみさんに言ったら「ついでなのでメダカでも飼いましょう」ということに。
トントン拍子に話が進み、浮草、メダカ、スイレンも注文しました。

浮草は100均のカゴでガードしつつ金魚水槽へ。

R0012687.jpg

おまかせ3種。
浮草は全然知りませんが、おそらく
アマゾンフロッグピット
サルビニア・ククラータ
ヒグロリーザ・アリスタータ
かと…

こちらも冬の間は金魚水槽に入れておいて、春になったらベランダのバケツに移します。
試しにククラータとおぼしき草をカゴから出したところ、金魚に速攻で根を食われました。
恐るべし。

スイレンとメダカは多分越冬できるだろうということで、10リットルのバケツにお古のソイルを敷いて、姫スイレンを鉢ごと突っ込んでメダカも突っ込んで(いちおう簡単な水合わせはしましたが)ベランダに出してみました。
翌朝チェックすると、メダカの姿が見えません。
寒すぎて死んじゃったのかなぁと思いましたが、死んだら浮くだろう、きっとソイルの中でじっとしているに違いないと思い込んでいます。

あ、ヒメタニシはしばらく動きませんでしたが翌日には元気に這っていました。

R0012682.jpg

そんな感じで、初心者の難関と言われる黒ヒゲを何とか乗り越えようと奮闘中です。

あ、そうそう、フィルターもちゃんと強化しました。
ホムセンで安売りしていた活性炭の小分けフィルタをどっさり追加してやりました。
黒ヒゲが生えませんように…

アナカリスが抜けないように

金魚がアナカリスを抜いてしまうんですね。

葉っぱをかじった勢いで抜けることもあれば、尻尾でソイルを巻きあげてしまうこともあるみたいです。

調べたところ、対策としてはオモリをつけて埋め込むのが良いらしい。
オモリは水草専用のものが何種類か出ていますね。

自作するなら、適当な陶器とかセラミックの何かをくくりつければ良いかと。
鉛のおもりは賛否両論でよく分かりません…

で、僕も最初は市販のオモリを付けて沈めようと思っていたのですが、買いに行くタイミングがない。
考えた末、ステンレスの棒を使うことにしました。

釣りの天びんを自作するときに使う、ステンレスの棒です。
釣具屋さんで売っています。

DSC_7123.jpg

アナカリスをトリミングがてら、タコ糸で3本ずつ束にします。生育することを見越して緩めに。

DSC_7124.jpg

そしてタコ糸にステンレスの棒を通します。

DSC_7126.jpg

棒の部分をソイルに埋め込めば、抜けることはなかろうと(多分)。

肝心の、埋めた後の写真を撮り忘れました。
まぁ、普通に植わっているだけです…

一週間経ちましたが、ソイルが巻き上がられてタコ糸の部分が露出することはあっても抜けはしないです。

あとはモスを何とか共存させたいな…

とりあえず水草避難

エビがどんどん★になっていきます。
まぁ原因は高水温でしょうなぁ。

ということで、近所のアクアリウムショップに水槽用のファンを見に行きました。
通販で買っても良いのですが、近くにショップがあると知りまして、様子見がてらです。

お店はこじんまりとしていて、生体はいろいろいるみたいですが道具類はあまり揃っていないようです。
お店の人に声をかけられたので、かくかくしかじか、エビが★で困ってしかじか、お話をしました。

で薦められたのが、というかその店にある唯一のファンなわけですが、こちらです。

ちょうど新古品みたいなのがあるとかで、たしか1500円でした。
ネットで新品を買ったほうが安かったな…

あとついでに逆サーモも。

何とこちらも新古品があるとか…
たしか1800円でした。こっちはずいぶん安く買えました。

そういう訳で無事にファンと逆サーモを購入。
水槽に付けてみたところ、ちょっとうるさいものの水温はビシッと下がります。
ただし上部フィルターだと隙間が足りないので、ガラスのフタを少しずらして乗せる必要がありました。

さて、数日後。

エビちゃん全滅です…

婉曲に言うとエビが全て★になりました。
エビ・オールスターズですね。

水温が下がりきらなかったのか、酸素が足りなかったのか。
根本的に水質が悪かったのか…

ちょっとよく分かりませんが、初心者なのにいきなりいろいろ飼おうとしたのが間違いだということは分かりました。

エビ用の自作隠れ家も必要なくなったので撤去しました。
グロッソとキューバパールがむきだしになり、早速金魚に抜かれました。
全て。

DSC_7118.jpg

これは想定していたことで、というのも、水草の成長がいまいち良くないのでベランダに出してみようかと。
あえて金魚に抜かせたというわけですね。

生き残ったグロッソ、キューバパールと切り取ったアナカリスの切れ端、あと浮かんでたウィローモスを別水槽に。

DSC_7121.jpg

水槽と言ってもダイソーのプラケースです。
ソイルもダイソーです。

しっかり増えたところでソイルごと金魚水槽に植えてみようと思います。

しかしなぁ、いまさらですが金魚と水草の共生って難しいらしいですね。
まったくの初心者である僕に、果たしてできるのでしょうか…

できなかったら別水槽でメダカでも飼おう…

ライトリフトと苔など

金魚は大変に元気です。
やっぱりコメットみたいなのは丈夫なのでしょうか。
エサを食いまくってフンを細長く出しまくっています。

エビもとりあえず減っていないようです。
食品用のパックをもとに急ごしらえで作ったスケルトンなエビハウスが奏功した模様。

しかしですね、水温が30度前後になっています。
調べたところだいたい28度くらいまでが適温で、まぁ30度とかでも何とかなるかも、という感じらしいです。

これからどんどん暑くなるので30度は確実に超えてくると思います。
家に入れば水温計をチェックして、応急的に保冷剤で冷やしたりもできます。
でも平日は仕事ですから…
ということで対策をすることにしました。
(仕事をやめる、とかではないです)

まずはライトを水面から離すのが基本らしいです。
確かに熱いんですよね…

奮発して高めのライトリフトを買いました。

これを我が家の水槽(ニッソーのNS-106、カラーライト600 2灯)に付けるとこんな感じでばっちりです。

DSC_7113.jpg

ガラス蓋も乗ります。

この土日の水温を見て、それでも水温が上がるようならファンを付けようと思います。

送料を無料にするため、欲しいなぁと思っていたものをこの機会に購入しました。

水草用のピンセット、ウィローモス、カルキ抜きです。

ウィローモスはこんな感じです。
生えますように。

DSC_7112.jpg

水替えに間に合わなかったので、カルキ抜きは100均で買ったやつを使いました。
何か違うんだろうか…

水温が上がったせいか、水が汚れやすいようです。
というか水槽にコケ(藻?)が生えてきました。
エビに食べて欲しいのですが、金魚が怖いのか自作エビハウスからあまり出てきません。

グロッソとキューバパールはちょっと厳しい状況…
根付かないかなぁ。

DSC_7111.jpg

金魚対策

昨晩、底の水草をいっぽんいっぽん地道に植えたのでした。
田植えのようでした(やったことないけど)。

DSC_7102.jpg

まだまばらですが、根を張るようになると横に広がって生えていき、やがて底は緑のじゅうたんになるのです。
そのはずなのです。

で、仕事もそこそこに帰宅しまして、さて緑のじゅうたんはどれほど広がったかしら、いやいやまだでしょ、一日も経っていないんだから(笑)とひとりでニヤけつつ水槽を見て、おや?おや?と二回首をかしげました。

DSC_7104.jpg

無い。
何も無い。

昨晩、田植えのようにいっぽんいっぽん丹精を込めて植えた草が、無い。

おっかしいなぁ、夢だったのかなぁと水面に目をやると

DSC_7106.jpg

わっさり。
何でしょうか。わっさりと浮かんでいますが。
ラピュタ的な何かでしょうか。
いいえ水草。
昨晩、田植えのように丹誠込めて植えた水草は、あっと言う間に抜けてしまったのでした。

かみさん曰く、数時間前に帰宅したときにはまだ少し残っていましたが金魚がものすごい勢いでつついて、いや咥えて抜いていました、とのこと。

ううむ…

我が家にやってきて4日ほどしか経っていないのに、もうすっかり水槽に慣れたばかりか、少々乱暴を働き始めました。
参りましたね、これは。

同じように植えたらまた抜かれるのは目に見えています。

なにか網のようなものをかぶせて、金魚に抜かれないようにしないといけません。
しかし光が届かないと伸びないでしょうし、コケ対策にエビは出入りできるようにしたい。

そこで作成したのがこちら。

DSC_7108.jpg

スーパーのお寿司のパック。
そのフタの部分です。

まず水道水で十分に洗います。
なんせ寿司ですから。
酢飯が付いていたら大変です。

洗い終わったら、水とエビが十分に行き来できるようスリットを開けました。
もちろん金魚は入れない幅です。

このフタが覆えるだいたいの範囲を確認し、水草を植え直しました。
これが結構大変でした。

植えたそばから抜かれていく…
僕の手にはもうすっかり慣れてしまいまして、追い払ってもすぐにやってきて抜いてしまうのです。

こうなったらスピード勝負。
寄ってくる金魚を手で払いのけつつ、素早く植えていきます。
植え終わったらサッとフタを乗せます。

DSC_7110.jpg

真ん中にはオモリをぶら下げました。
その辺に落ちていた石です。
息子が拾ってきて玄関に転がっていたのを拝借しました。

一応ビニール袋に入れて変なモノが溶け出さないようにしてあります。

しばらく見ていたらエビが入ってきました。
金魚はくやしそうにフタの周りをつついていました。

さて、これで様子見です。

エビの隠れ家追加、水替えとレイアウト変更

エビは到着した時点で一尾死んでいて、水槽に入れてすぐに一尾が★になってしまいました。
(あ、アクアリウム界では生体が死ぬことを「★になる」というらしいです)

まぁエビは水合わせせずにドバドバ入れてしまったのでそのせいかもしれません。
何となくエビなんて死なないと思ってたんですが、意外とデリケートみたいです。

購入時は23尾のはずなので、エビ21尾とコメット6尾でとりあえず開始という感じです。

さて、コメットさんとエビちゃんを同居させて一晩経過。

仲良くやっているかしら、と覗いてみると阿鼻叫喚。
金魚がエビをつつきまくったようで、エビが一匹ひっくりかえって転がっていました…
怯えたエビは石の隙間とか木の影とかに隠れて震えています(多分)。

なぜか脱皮しているエビもいて、その殻を金魚が食いまくっていたりして、もう何がなんだか分かりません。
(どうやらエビは環境が変わると脱皮するらしい)

分かるのは、このままではエビがかわいそうだということ。
この状態でさらに死ぬかどうかは分かりませんが、隠れ家が無いので金魚にいじめられるのは目に見えています。

DSC_7087.jpg

↑こんな感じでいじめられるんです。

慌てて空き瓶を沈めてみましたが、透明なのでエビは全く入りません。
というか瓶の口が大きすぎて、金魚が入って遊んだりしているのでエビの隠れ家にはなりませんでした。

というわけでエビの隠れ家を買いに行きました。

(近所のショップで買いましたが楽天でも売っていました)

とりいそぎ適当に沈めました。

DSC_7085.jpg

これは効果があったようで、さっそくエビが入りました。
が、小さすぎて2尾くらいしか入りませんでした。

写真でも分かるように水草が金魚につつかれて浮かんでしまっています。
流木は良い感じに沈んでいます。
水も汚れてきたことだし、思い切って水替え&レイアウト変更を行うことにしました。

目的は水替え1/3、フィルター掃除、流木と石でエビの隠れ家を作る、草をちゃんと植えること。

やり方は本やネットで調べまして、妻子が寝静まった0時ころ、粛々と作業を行いました。
こんな感じになりました。

DSC_7090.jpg

当初、底の草は大ざっぱに置いて釣りのオモリを乗っけていたのですが、それではすぐに浮いてしまう。
あと鉛がエビにあんまり良くないとか…(関係ないと思いますが)
頑張って草を細かく分け、ちまちまと植えまくりました。

DSC_7093.jpg

上からみるとこんな感じ。

DSC_7102.jpg

流木は石に乗っけて隙間を多く作り、エビの隠れ家を確保です。
早速、木の裏にエビが。

DSC_7097.jpg

タコツボはこんな感じ。

DSC_7092.jpg

アナカリスもしっかり植え直しました。
涼しげです。

DSC_7101.jpg

金魚は元気すぎるので問題ないと思います。
エビが全滅しないと良いのですが…

抱卵したエビがいた気がするので、うまくすると繁殖するかもしれません。
増え過ぎたら釣りのエサにでもしようかな。

しかし金魚とミナミヌマエビの混泳は難しいらしいので、まずは草を増やして隠れ家を作らないといけないですね。

金魚を飼うつもりが、なぜかエビに夢中です。

金魚とエビ

前回のブログでは金魚を飼い始めるところまで書いていませんでした。

5本の水草が侘びしく揺れる水槽を3日ほど眺めまして、これはこれでOKかも、エアー金魚ですな、息子には「大人になったら見えるんだよー」と誤魔化してですな、と持ち前の面倒力が本領を発揮して困ります。

とりあえず初心者向けの本を一冊買いました。
こういうのはネットで調べるよりは、体系がしっかりしている書籍で学んだほうが良いですね。

この手の本は大量に出ています。どの本も最低限の内容は書いてあると思うので、あとはお好みで…
この本は水草のことも少し書いてあったので選びました。

かみさんと本を読みまして、だいたいどのタイプを買うか決定。気が変わらぬうちに即購入しました。
やはりネットで購入です。すごい世の中ですね。

購入したお店は、前回お世話になっていきなり全幅の信頼を寄せている「チャーム」さんです。
品揃えとか良い感じです。

購入したのは

(国産金魚)コメットミックス(6匹)

(国産金魚)コメットミックス(6匹)
価格:1,193円(税込、送料別)

かみさんと相談の末、コメットが良かろうと。
色のバリエーションがあった方が良いのと、あとはお値段で選びました。
正直なところ初めてなのでよく分かりません…

コケ対策にエビが良いらしい、というかエビ飼ってみたいので。

何となくあった方がそれっぽいかと。

エビ安心!極溶岩石 900g 関東当日便

エビ安心!極溶岩石 900g 関東当日便
価格:1,728円(税込、送料別)

エビの隠れ家になりそうなので。

底を芝生みたいにしたくなりました。

深夜に注文して2日後に到着しました。
試行錯誤の末、こうなりました。

DSC_7072.jpg

木と石があるだけで何となくそれっぽいですね。

石はともかく、木がちょっとおかしいのに気が付きましたでしょうか。
不自然な感じで縦に配置されております。
これ、単に浮いているだけです。しばらくしたら沈むらしいのでそれまで放置です。

エビがしがみついております。

DSC_7075.jpg

金魚はしっかりした綺麗な金魚がやってきました。

DSC_7063.jpg

こちらは以前侘びしく植えられていた水草。
こうやってまとめて植えると良い感じですね。
エビの棲家になっています。

DSC_7078.jpg

追加で購入した、底を這うタイプの水草。

DSC_7077.jpg

おや、釣りのオモリが見えますね。
いよいよ釣りブログっぽくなってきました。
これはですね、僕の根がかり人生を端的に表現しているわけではなく、ただの重しです。
本来ならばもっと細かくほぐして植えつけるらしいのですが、面倒なのでオモリを乗っけて沈めました。
こうやっておけば根がはるだろうと。
僕は自然の力を信じています。はい。

そんな感じで総額19,304円です。
これ以上は大きな買い物は無いと思います。
だいたい2万円くらいかなぁと思っていたのでぴったりでした。

と思っていたら、エビと金魚の仁義無き戦いが勃発…
エビの隠れ家を購入しました。

写真が無いのでまた次回。

金魚を飼い始めました

「月に一度は釣りに行く」というのが今年の目標でした。

釣果とか技術の向上とか、そういった活発な目標ではなく単に「行く」というのが目標でして、これ小学校だったら先生にダメ出しされるタイプの目標なのですが、それすら達成できませんでした。

実に2ヶ月ほど釣りに行っていません…
まぁ家庭を持つというのはこういうことですね。しょうがないです。

とはいえ、やはりお魚さんに会いたい。
会いたくて会えなくて震えが止まらず、たまらず酒を呑んだりしても震えは止まるどころか増す一方。

悶々としていたある日、2歳になる息子が保育園に登園中に「金魚飼いたい、早く買ってよー」と絶叫。
突然のことに混乱しましたが、こちらも魚に会えぬ寂しさを金魚で紛らわすことも可能かもしれぬという魂胆で、その晩インターネットを駆使してアクアリウムの一式を注文したのでした。

買ったのは水槽セットと底に敷く砂、それだけでは寂しかろうと思いちょっとした水草。
それらを、実績のあるらしいショップの通販でぼんやりと購入。

数日後に届いた大きな荷物にひるみつつ、とりあえず開封して設置してみました。

あらかじめ言い訳しておくと、僕はアクアリウムのことなど微塵も知りませんしむしろ興味もありません。
さらに言うと絵心もありません。
そんな僕が深夜3時に思い立って水槽を立ち上げるとこうなります。

R0012637.jpg

これは酷い。
素人目にも酷さが分かります。

底の砂(ソイルって言います)は、手前を低く奥は高くすると良いとか。
水草の配置は、手前を広く奥を狭くすると奥行きが出て良いとか。
そういうにわか知識を駆使してみたものの、何と言っても水草5本ですから。
侘しさを増すばかりです。
「侘び寂び」とかいうと高尚な感じですが、その「侘び」とはまた違う、残念な方の侘びです。

しかしまぁ、まだ生体は買っていませんので。
まずは水質の安定が目標です。
石や流木も入れたいので配置はどうでも良いんです。

といったところまでが1日目です。

ちなみに水槽等を購入したのは「チャーム」というお店。
楽天に出ていたのでそこで買いました。

60cm水槽、上部フィルター、ヒーター、水温計、照明、ガラス蓋のセットです。
ちょっとしたエサと中和剤も入っています。
金魚なのでヒーターは使っていません。

よく分からないので適当です。

バクテリア… あると良いとか。

育てやすいらしいので。あと、安いです。

あ、あと水槽台も買いました。
60cmだと80kgくらいになるらしく、専用の台が良さそうです。

これ、組み立てがとても大変でした。
足がはまらない。夜中に組み立てていたので、近くの公園まで行って地面に打ちつけてはめ込みました。

そんな感じで、水草しか生えていませんが総額12,799円です。