振るだけだ

 新しく買った竿は、やはり新しく買った竿ケースに落ち着いたまま日の目を見ず、一度も使われぬ状態で部屋の一部になってしまった。

 引っ越したときからそこにそうやって在ったかのように、部屋に備え付けの竿ケース、みたいな当たり前さで、微動だにせず放置されている。

 駄目ですねこれは。
 竿は振らないと。

 というわけで、新竿を持って釣りに行った。

 竿の存在意義って言うのは振られることにある。
 言ってしまえば「魚がかかって取り込む」っていうのは竿にとっては副次的な意義であって、つまり、ただ振られる。
 そのためだけに竿はある。
 そう言い切って良いと思う。

 と、僕がこう書くのには訳があって、結果からいうと釣れなかったのだ。新しい竿で。
 その上、これから先も釣れるような気がしない。微塵もしない。

 ひとしきり絶望した後に開き直った僕は、前述のごとく、竿の価値観を転換することで何とか元気を取り戻したのだ。

 竿は、振るためにある。
 魚を釣るためにあるのではない。
 竿を振っていたら、たまたま釣れることもある。もちろん釣れないのが普通だ。
 僕は振るために竿を買った。

 さて、釣りに行った話。

 買った竿はメバル用のルアーロッド。
 なのでもちろん、メバルがいるところに行くことになる。

 だけど僕には車が無い。君に聞かせる腕も無い。心はいつでも半開き。

 ってことでいろいろ調べた結果、鶴見川の河口あたり、「ふれーゆ」っていう施設の裏に行くことにした。
 電車で行けるので。

 品川の辺りも良いかと思ったが、何となく遠くに行きたかったので…

 で、電車を乗り継いで海へ。

 なかなか良い感じです。
Rve4CF4j3hgJVQZexjZ6-a5fc99c2.jpg


aURL2HftfhZtkUJG7bPu-c9999072.jpg


 ヒトデも交尾中です(嘘)
 干からびていた。

 そこでブルンブルンと、振りたいだけ竿を振り、もちろん魚など釣れず、泣きたいだけ泣き、腹が減ったのでゆで卵を食い、寒くなってきたので「ふれーゆ」の中に避難した。
 レストランとかお風呂とかあって良い感じの建物だった。

 小さな熱帯植物園があり、ふらっと入ると魚がいた。
 ワームで釣ってやろうかと思った。

NtaShaz5ynfOnEyKgVNu-ed39fdc4.jpg

 

金属片と干物

 釣行記と言いつつ、釣行の記を書いていなかった。
 というか、釣りに行っていなかった。
 ルアーを作ったり竿を買ったり、釣り番組を観たり寝たり起きたり落ち込んだりしてばかりで、肝心の釣りをしていなかったのだ。

 もう魚がどんな感じだったのか曖昧な感じで、確か眼はつぶらで鼻はツンとしていてエラが張った顔をしていたなぁ、肌はぬるっとしていたなぁ、という程度の曖昧さなので、これは釣り師っていうかアングラーとして駄目なんじゃないかと。

 とりあえず管理釣り場に行ってきた。王禅寺。

 家の者にその旨を伝えると、ねぇあんた、釣った魚は持ってきとくれよ、と言う。
 あんた、払うものは払ってるんだから、ちゃんと元は取っておくれよ、と。

 確かにそうだ。
 ゲームフィッシングとはいえ規定匹数内であればキープは認められているし、代金にはその分ももちろん含まれている。

 良かろう。おかずくらいは持って帰ってこよう。
 家の者にはそう伝え、電車で釣り場に向かった。

 3時間で10匹程度。
 まずまず楽しめた。
 魚のひきも思い出した。
 魚の顔を見て、ああそうそう、こんな顔だった、と思った。

vj4QyMYnQnisFAgdGwzf-0dc875e5.jpg


 しかし、持っているルアーの種類が少ないので、どうも数が伸びない。

 2時間延長するついでに、その日の当たりっぽいスプーンを二つ買った。
 やはり釣れる。

 しかしなぁ。あの金属片に300円や400円も払うってのがなぁ。
 結局、財力がものをいうってことか。

 っていうか、あんな金属片くらい作れるんじゃないだろうか。

 そうだ。作ればいいのだ。
 絶望の淵に希望。

 スプーンを自作して爆釣! の妄想。

 あ、結局6匹キープして、2尾は干物にした。
 ニジマスの干物って意外と美味いんだよな。

 

騙されろ魚ども

 竿買ったんすよ。
 って前回書いたのだが。

 しかし、また雨。
 週末は雨。
 僕が釣りに行こうとウキウキすると、外は雨。



 仕方が無いのでルアー作りを進めた。
 ルアーというのは日本語で言うと疑似餌なのであり、擬似的な餌、マガイ物のこと。


 僕が今作っているのはミノーっていうやつで、これはミノムシを模した疑似餌だからミノ、なのではなく、なんでミノーっていうのか知らないけれど、ともかく魚の形を模している。

↓こういうの。


ダイワ(Daiwa) S・ハンター3 13F





 むかし川原でシーバス用のミノー(7cmくらい)を一つ拾い、いやぁ良く出来ているなぁ、まったく本物の小魚のようだなぁ、と思っていた。


 最近管理釣り場に行くようになり、ミノーで釣ったら爽快感も幾分変わってくるだろうと、そう思って釣具屋に行くと、目が飛び出るくらい高価であった。

 千円以上だ。

 高い。
 牛丼だったら3杯くらいは食える。

 でも牛丼では魚は釣れない(と思う)。


 しばらく悩んだが。

 もうどうにでもなれ、貧乏したって良いじゃないか。

 千円。
 確かに痛手だ。

 牛丼3杯、つまり3日間は喰うに困らない額である。
 でも、いいんだ。
 金なんて、持っていても碌な事にはならない。

 使っちまえ。
 貧乏、結構じゃないか。


 僕は清々しいような、清冽な心持になってレジに向かった。
 なけなしの千円。

 5cmのミノーとなった。


 実際、管理釣り場で使ったら大きな魚が釣れた。


 しかしこれ、根掛りでもしてなくしたら事である。
 3日分の食費を、文字通り水の泡にしてしまう、そんな恐ろしいことになったら、僕はルアーと共に生きる気力さえ失いかねない。

 これは、大事にとっておこう。
 千円のミノーは使わないことにした。


 その代わりに、自分でミノーを作ってしまおう、と。
 だってあれ、要は木を削って塗装すりゃ良いんでしょ?
 原価も安そうだし。


 ってことで数百円でバルサと針金を買い、カッターナイフで削ったり紙やすりでこすったりして、それっぽい形にしてみた。
 で、針金とオモリを仕込んで接着。



5kNiyRxo5uCQer2PZrs4-92136bd3.jpg






k4iWUbRWNHy8vshj2EQp-c4ac97ac.jpg





 大小合わせて5個作ることにした。
 購入したら5千円以上だと思うと自然に頬が緩む。


 塗装用の箱も段ボール箱と針金ハンガーで自作した。


ysikvve9hzruijziUmvo-b4cccf6b.jpg





 雨が止んだら塗装に取り掛かろうと思う。


 しかし、止むことはあるんだろうか。この雨。

竿を買ったら津波

 春を告げる魚と書いてメバル。
 随分と浮かれた名前じゃないか。

 僕なんて一年中、真冬ですよ。吹雪。氷の世界。

 ちくしょう。魚の分際で。
 浮かれやがって。


 こうなったら釣り尽くしてやる。
 あったまに来たのだ。
 怒髪天を突くってやつなのだ。

 ってことで、竿を買ったのだ。


メジャークラフト Zaltz(ザルツ) ZAT-T762M





 一万円を超えるのだから、これは思い切った。
 こいつで東京都のメバルは全て釣り尽くすぜ。うひひ。
 ついでに神奈川と千葉のメバルと、あとアジとかも釣るぜー

 大漁の夢をみつつ寝たわけだが。
 起きたら大変なことになっていた。
 津波がやってくるというのだ。

 ああ絶望。

 僕が釣りに行こうと思うと天変地異が起こる。
 せっかく竿を買ったのに。

 沈鬱。

釣り師からアングラーへ

 もともと防波堤でフカセ釣りをしていたのは、魚を釣る楽しみもあるが、人ごみから離れて堤防でひとり、揺れる水面を眺めつつ酒を呑み、時間よ早目に過ぎてくれ、という思いからだった。

 一日が24時間だとしたら18時間は絶望的な気分だから、もうとにかく、早く過ぎてくれ時間、という思いである。
 もう飛び込んじゃおっかな海に、など朦朧としながら、酒が回ってくるといくらか気分も晴れ、まぁ良いか、何でも良いか、明るい絶望、そんな風に何となく元気になり、また再び人ごみに帰るのである。

 で、まぁそれはそれで良いけれども、都内に引っ越してからというものなかなか釣りに行けない。
 都内の堤防ではのんびりフカセ釣り、なんてできないのだ。
 どこに行っても混んでいるし、そのくせ魚はいない。
 餌代を払うのが虚しくなる。

 魚のいない海に餌を撒くという行為の末、絶望は更に深まり、もう嫌、ほんとに飛び込んじゃうからな、と駄目な気持ちになる。

 困ったなぁと思っていたところ、どうやら都内ではルアー釣りが盛んらしいと言う噂を小耳に挟んだ。

 ルアー釣り。

 けっ、あんなのは茶髪でロン毛の兄ちゃんがちゃらちゃらとやるような子供騙しで、つまりアングラーとかいう横文字な奴らがちゃらちゃらとやるやつで、僕みたいな男気のある釣り師は、骨太な釣り師はだよ、餌で釣るのだ。

 って思ってたんだけれども、背に腹は代えられない。
 ここはいっちょ、僕もアングラーとやらになるか。
 茶髪でロン毛で、ちゃらりちゃらりと疑似餌を引くか。

 で、リールを買った。

 
シマノ(SHIMANO) 08 バイオマスター 1000S

 でもって管理釣り場でルアー釣りをやってみた。
 ちくしょう、楽しいぜ。

 何だか、僕は駄目になったような気持ちがした。
 骨太な釣り師から、茶髪(じゃないけど)のアングラーへ。

 というか、僕はもともと骨太な釣り師だっただろうか。