釣れちゃって困る

 贔屓目に言って、僕は釣りが上手い。

 悶絶釣行記なのにすみません、釣れました。
 まぁ本気を出せば、もとの腕が良いのだから、これは釣れるに決まっている。

 4月17日、会社の先輩Y氏とロマンスカーに乗って伊東へ行った。
 11時半頃に着いた。

 調べてあった釣具屋に寄り、餌を買った。
 店のおっちゃんに「クロダイ釣れますかい?」と聞くと、おっちゃんの眼光が一瞬鋭くなり、一呼吸置いてこう呟いた。
「…いい場所、ありますぜ」

 おっちゃんの手書きの地図を見ると、何やら釣れるような場所とは思えない、公園みたいなところ。
「ほんまに釣れまっしゃろな?」
 疑わしくて関西弁みたいな感じになる。

「ほんまでんがな。タナは3m、ハリスは2号がよろしゅうおま」
 店のおっちゃんはそう言い、僕らは本当かなぁ、と思いつつその場所に向かった。

 着いてみると、なるほどなかなか良い場所。
 おっちゃんは「伊東港? あきまへんあきまへん! 釣れまへんで!」と言っていたが、どうなんだろう、伊東港の方が足場も良いし水深もありそうだし、うーん、行ったこと無いから分からんなぁ、とゆで卵をモグモグ食いながら準備をした。

 釣り始めたのは13時過ぎ。
 撒き餌を撒いても特に餌取りは見えない。
 付け餌は残ってくる。

 ほんの少しずつタナを深くしていくと、何となく生体反応が出てきた。
 餌がかじられ、もぞもぞというアタリがある。

 根気よく撒き餌を撒き、餌を同調させていくと、ゆっくりウキが沈んだ。
 上州屋で買った200円のウキである(どうでも良いけど)

 合わせると、ずしっとした重み。
 足元のテトラに入られたら終わりなので(だから2号って言ってたのですね)強引に引き上げる。
 が上がらない。。

 魚は首を振りながら、横っ走り。
 まずい、もぐられる。
 浜島XTの力を信じ思い切って上げて見ると、水面には巨チヌの姿が。

 同行のY氏とともに、うわぁ、と変な声を上げてしまった。
 50cmはある。

 Y氏にタモ入れをお願いすることにした。
 しかしY氏は初心者なのだ。
 一度網に入った巨チヌは、再び海へと帰っていった……

 ま、しょうがないですね。

 気を取り直して釣り始めると、しばらくしてまた大きなアタリ。
 今度は慎重にタモ入れをしてもらい、無事ゲット。

pM4W4OgGBdZvod5XVPKG-5dcdbcbc.jpg

 自己新の50cm。腹パン。
 大きすぎて持って帰れません。
 写真を撮ってリリース。

 Y氏も40cmを釣った。初心者なのに。

 その後は何度かアタリがあるものの、釣るには至らなかった。
 というかもう満足してしまった。

 夜は熱海に移り、S氏とその飲み仲間達と合流。
 寿司を食いつつ花火を見た。

 素泊まり3,000円の宿に戻り、そこでも宴会。

 1時頃寝た。

 翌日は皆が寝ているうちに起き、熱海港の海釣り施設へ。
 7時頃に釣り始めた。

 オキアミが溶けるまで、とイソメを投げたら24cmくらいの良型ウミタナゴが釣れた。
 小気味良い引きで面白い。

 その後はウミタナゴを3尾、23cmのメジナを1尾。
 9時頃からはぱったりと釣れなくなった。

 その辺りでS氏とその飲み仲間達がやってきた。

 彼らは残念な結果。

 熱海港は釣れる時間が短いなぁ。

 あ、このバッグを使ってみたけどなかなか良い。
 作りは安っぽいが、収納力も抜群。何より安いのが良い。


コーモラン(CORMORAN) ライトゲームバック

 

絶望の花火

 メバリング用の竿を買ったは良いが、一度素振りに使っただけで、まだ魚を釣っていない。
 いわゆる「入魂」が済んでいないのだ。

 というわけで4月10日、京浜運河に行ってみた。
 負け惜しみではないが、魚を釣るつもりで行ったわけではない。

 京浜運河で魚を釣ろうと思ったら、これはもう夜釣りが圧倒的に有利なのだ。多分。

 そのための下見で、明るいうちに道だとか運河の様子、トイレットの有無、コンビニエンスの場所などを確認しておこうという、そういう魂胆なのだ。

 でお昼頃、品川駅から散歩がてら京浜運河まで歩いた。
 もちろん迷った。

 トラックの運転手さんに道を聞いてみたが、遠いところから来たようであまりこの辺りの道は詳しくないらしい。
 ご苦労様です。

 何とか京浜運河に着き、遊歩道みたいなところを歩くと餌つりのおっちゃん達がいた。
 ルアーマンはいなかった。

 程よい欄干を見つけ、地形を把握するためにも投げるか、と竿を出そうとしたら知り合いのS氏から入電。
 天王洲アイルに着いたとの事。
 合流することにした。

 天王洲公園の辺りの様子を2人で偵察することにしたが、お花見日和であり、お祭りみたいなことをやっていた。
 僕らは花見をしに来たわけではない、と固い意志で竿を振ろうと思ったが、まぁ釣りは夕方でも良かろう、今は祭りの時合いだ、そういう結論に至り、屋台の塩焼きそばを食い、ビールを呑み、枝豆、豚串、またビール。

 良い塩梅でした。

 夕方になってルアーを投げると、子どもたちが寄ってきたりして危なくてしょうがない。

 それでも何とか投げ続け、しばらくすると小魚の大群が。
 おお、ベイトがいる。
 ボラの子どもか。

 よし、と気合が入ったところで「花火始まるからどいてちょうだい」とお祭り運営委員会みたいな人に言われた。

pHyydXyutc8PcEtwmQtL-ce39e9eb.jpg

 魚は釣れなかったが良さそうな場所。
 暖かくなったら夜釣りに行ってみようと思う。

 

塩っ気

 そういえば今年に入って、まだしょっぱい魚を釣っていない。
 塩っ気が足りんのです。
 鯛… とまでは言わんまでも、アジ、イワシ、もう何でもいいから釣りたいんです。塩っぽいのを。

 そんな話を釣り仲間であるところのS氏に、嗚咽交じりに訴えたところ、ならば行こう、すぐ行こう、今週末行こう、とトントン拍子。

 3/20土曜日の1時、S氏宅の最寄り駅に僕とY氏が集まった。

 みんな眼がギラリとしている。
 釣る、絶対釣る。しょっぱいやつ、絶対釣る。
 眼がそう語っている。

 僕は前日、干物用の網を購入していた。
 あんまり釣れちゃって食べ切れない場合、干しておけば保存がきくのだ。
 先人たちの大いなる知恵なのだ。

 S氏は天然塩などの調味料を用意済みだという。

 Y氏は多分、眠気を我慢しているのだろう。

 三者三様、それぞれの事情で眼を血走らせ、熱い思いを胸に車に乗り込んだ。

 深夜の道は恐ろしいほどに空いている。
 わずか2時間半、あっという間に油壺の釣具屋に着いた。

フィッシングスクール グラント

↑ここで餌を調達し、城ヶ島に渡る予定だ。

 だんごでお馴染みであるが、僕はふつうにコマセ用のオキアミを買った。
 S氏はだんごを買った。
 Y氏はなぜか青イソメを買った。

 釣具屋のおっちゃんに聞くと、今日は風が強いから城ヶ島では釣りにならんぞ、油壺マリンパークの脇から磯に降りられっから、そこで釣りたまえよ、とのこと。

 地元のおっちゃんが言うなら間違いなかろう。
 地図を描いてもらい、予定変更、マリンパークの脇から降りてみた。

 後に調べたところ、「導寸墓下」ってとこらしい。

 時刻は丑三つ時。泣く子も寝ている3時くらい。

 真っ暗です。

 が、こいつのお陰で足元も安全。
 すげーの買っちまった。。

 
GENTOS(ジェントス) ヘッドウォーズ プロ HW-767H

 で、昼頃まで釣って、釣果は1匹/人。

 僕はフカセで20cm弱の海タナゴ、Y氏は磯で寝つつ20cmのフグをイソメで、そしてS氏はおっちゃん一押しのだんごで20cmほどのメジナ。

 型は小さいとはいえ、メジナ。
 良いなぁ。

 帰りに三崎でマグロを食い、家に着いたのは16時頃。

 貧果と疲労で気絶寸前の僕は、ふらふらと飲み屋に出かけて痛飲した。
 やけっぱちだ。

 今年最初の天然魚が海タナゴなんて……

 S氏は翌日、メジナを干物にしたらしい。

 良いなぁ。