北枕の親分

 6月26日、何となく海が呼んでいるような気がしたので竿を持って電車に乗った。

 12時頃、大磯着。

 駅から海に出るまでの道が分からないが、耳をすませば海の声が聞こえるので心配要らない。

 曇天、湿度は高く、Tシャツ一枚でも汗が止まらない。

 ふらふらと歩いていると「すずき釣具店」の看板を発見した。

 店に入ると猫がいる。
 猫がいるけど人がいない。

 釣具屋はこうじゃないといけないな。

 そう思って店の奥に声をかけようとしたところ、お婆さんがいた。
 猫だけではなく、しっかりお婆さんがいたのだ。
 気配が無さ過ぎて気付かなかった。

 ともかく、青イソメを購入。

 買ったばかりの餌ケースに入れてもらった。

 海に向かって適当に歩くと、港の中に定食屋ののぼりが見えた。

 大磯を選んだ理由は、この店で飯を食いたかったからだ。
「めしや 大磯港」って店。

 5人くらい並んでいた。

 港定食と瓶ビールを頼んだ。
 飯は、まあまあ美味かった。

 13時すぎに釣り開始。
 タックルは7.6ftのメバリングロッドに1000番のリール。
 ラインは4lbフロロ。

 ラインの先に小さい針と適当なガン玉を打って、イソメを付けるだけ。
 簡単なものです。

 まずは堤防の先まで行き、偵察しつつ釣り始めた。
 周りではサビキでアジか、イワシか、そういった魚をぽつぽつ釣っていた。

 しかし風が強い。
 早々に退散。

 港内でヘチを釣ってみた。
 着底してから少しずつ誘いながら巻く。
 コツコツというアタリ。
 メバルロッドは穂先が軟らかいので楽しい。

 誘い方を変えてみたりしていると、グッと引き込まれ、メジナが釣れた。
 サイズは15cmも無い。
 が、ライトタックルだと楽しめる。

8jsbREZWxxDbKrzsHVrF-bcdcd964.jpg

 同じ場所で4匹くらいメジナを釣った。
 あとキタマクラも。

i5Wv5oVXUwB3RWweSoTs-665f71e3.jpg

 港の反対側で知り合いの釣り師S氏が釣っているということで、そちらに移動することにした。

 移動がてらヘチを探ると、アイナメの子どもが連れた。
 小さい。。

F9MPXFDQOgBDvedxiwnP-024b328b.jpg

 S氏と合流して様子を聞いて見ると、スズメダイがいるという。
 相模湾は魚種が豊富。

 近くで釣りを再開し、すぐに重いアタリ。
 竿を立ててみるとノソーっとした感触。
 何だこりゃ、と上げて見るとナマコであった。

 惜しくも空中リリース。
 釣り上げたかったな。

 工事用の船が近くに着岸したので、場所を移動した。
 この辺りから雨脚が強くなってきた。

 移動した先ではネンブツダイ、トラギスの仲間(だと思う)キヌバリが釣れた。

3rkVDNe3kkKLN3CJkA6L-9b5e08e1.jpg

 アタリが遠のいたので、最初にメジナを釣った場所に戻った。
 こちらの方が魚影が濃い。

 しばらくしてハオコゼを釣った。
 いかにも毒々しい背びれ。

4h95bpzM5ONjxy2yuNes-539bbafe.jpg

 一際大きなアタリがあり、思いっきり合わせるとなかなかの引き。

 で上がってきたのは気持ちが悪い魚。

zHhUrk4b4zPCg5CiObnm-221c80a1.jpg

 何だこれは。

 調べたところ、キタマクラの成体らしい。
 初めて釣った。。

 雨と風が強く、18時過ぎに寒くて納竿。
 Tシャツは無謀だった。

 相模湾は本当に魚種が豊富で面白い。
 メジナ、キタマクラ、アイナメ、ネンブツダイ、キヌバリ、ハオコゼ。
 6目達成。

 ナマコを上げてればなぁ。。

 軟らかい竿で小物釣り、はまりそうだ。

 

ドザエモン・トラウトにうんざり

 6/20、何となく管理釣り場に行った。

 気持ちが滅入っちゃってしょうがなく、どうしようか、死のうか、それとも釣ろうか。
 そんなめんどくさい状態にあり、簡単に言えば夏バテなのだが、ともかく釣りに行くことにした。

 お魚ならば僕のこころを幾らか癒してくれるかも知れぬ。

 そう思ったのだった。

 管理釣り場の準備は簡単だ。

 振り出しのトラウトロッド、1000番のリール、スプーンをいくつか。
 あと、今回はスカリ、フォーセップを用意した。

 10分もあれば準備は整う。

 家を出るとき、おかずを釣ってきて頂戴よ、と家の者が言った。
 気持ちが滅入っている僕は、背中を丸め、何も言わずに出かけた。

 13時半頃釣り場に着くと、どうしたことか空いている。
 休日は大抵混んでいてその点は少々我慢するつもりで来たのだが、がらがらなのだ。

 それもそのはず。
 池には魚の死体がぷかぷか浮いていた。

 初めは、誰かが釣った魚を捨てたのかと思ったが。
 そうではなく、急に水温が上がったためニジマスが死んでしまったらしい。

 単に水温が高いから、ではなく、急に上がったのが良くないとか。

 そんな状況なので全く釣れない。
 まわりの上手い人は少し釣れていたが、僕は上手くも無いし集中力も欠けていた。

 ルアーを二つもロストしてしまった。。

 16時を過ぎるとポツポツと釣れ始めた。
 水温が下がったためか。

 とりあえず2尾釣って時間切れ。

 うーん、どうにもこうにも。

 

新婚釣行

 小笠原に行ったのだ。

 船で25時間半もかかる上に船は毎日出ているわけではないので、行くとなったら5泊6日は確実。

 一応新婚旅行という名目で会社もがっつり休み、釣具もしっかり整え、大物がかかって竿が折れたらどうしよう、まぁそのときはしょうがないか、新婚旅行なんだから細かいことは気にしちゃいけねぇ、と心構えも万端で臨んだのだった。

6/8(火) 10時に竹芝発。
翌11時半、父島二見港着。

■1日目
 天気はあまり良くないが、小雨がたまに降る程度で釣りには問題ない。

 ホテルは港から少し離れた、扇浦という綺麗な砂浜の近く。
 だが、綺麗な砂浜には全く興味が無い。

 岩、磯、堤防。
 潮流。
 巨大魚はそういうところに潜んでいるのだ。

 着いたその日に竿をしょって、砂浜を横目に近くの岩場に行った。
 少しルアーを投げたがノーバイト。

 海水の透明度が高いので小さい魚がたくさん見える。
 なるほど、魚はいるようだ。

 そこは水深もあまりないし、まぁ様子見ということで竿をしまった。

 夜、スコールのような強い雨が降った。

■2日目

 原付をレンタルし島内を一周した。

 天気は曇り。
 たまに晴れる。
 山の天気は変わりやすい。

 島の北側、釣浜という魅力的な名前の浜に行った。
 道路から浜に降りるために少し急な山道を歩くのだが、前日の雨のため、足元がぬかるんで滑りやすい。
 それがどうした。釣りには関係ないのだ。
 大変だったけど。

 で、釣浜。
 いわゆるゴロタ場になっていて、浜の中ほどは水深があまりない。
 左側からちょっとした岬のような場所に通じていて、その先端あたりは水深がありそうだった。

 浜の正面は兄島。
 浜と兄島の間が潮通しもよく、魚がたくさん釣れるらしい。
 だから釣浜。

 岬から遠投するか船で少し出れば大物が望めそうだ。

 僕はルアー竿、しかもメバル用のかなりライトなタックルしか持っていなかったので、とりあえずジグヘッドにワームを付けて投げてみた。

 しばらくして20cm強の魚が釣れた。
 気持ちが悪い模様であったが、形は根魚っぽい。

4Z5grsX8NOdAWGvyODkH-5395d6aa.jpg

 その竿、ザルツの7.6ftで釣った初めての魚だったので喜びもひとしおだった。
 まさか小笠原で入魂とは。

 後に調べたら「カンモンハタ」という魚らしいが、とりあえず僕は「茶カルピス」と名付けたのだった。

 その後、茶カルピスを2尾追釣。

2vwESZ9urg4zJnoChypd-4b82af2e.jpg


DWrtdGHVWOvK4FPRSGn8-074a601d.jpg

 30分で3尾と、まずまず楽しい釣りができた。

 その後、二見港の青堤防で餌釣りをした。
 餌は近くの釣具屋で買ったパックのオキアミ(生イキ君、という生意気な名前)、ムロアジを使った。

 足元は8mくらいか。
 少し投げると20m以上の水深がある。

 そのときの僕の仕掛けはいわゆるフカセ用で、竿は磯竿1.5号5.3m、リールはシマノ3000番。
 道糸3号にハリスは1.7号から2.5号。
 小笠原にしては細いと思う。

 まぁ無理っぽかったら釣具屋で仕掛けを買うか、近くで釣具のレンタルをたくさんやっていたから、それを借りても良いだろうと。

 とりあえずオキアミを付けて足元から。
 …餌取りの猛攻。

 こりゃ駄目だ、と少し遠投。
 撒き餌が無いので、遠投すると全く釣れる気がしない。

 が、いきなり竿を持っていかれるようなアタリ!
 完全に竿をのされ、やべ、と竿を立てたら道糸が高切れした。

 うーん、、 きっと道糸に傷でも付いていたんだろう。

 それからはアタリも無く。

 嫁にはメバリング用の仕掛け(ザルツにバイオマスター1000S、ナイロン3lb)を持たせた。
 一番小さいグレ針を付け、2Bのガン玉を打って落とし込みの要領で遊ばせた。

 そしたら結構釣る。
 15cmほどのスズメダイなどだが。

pSL5bFgWE3zHhgpcutSP-059f5f17.jpg


cWkGTgDvLk7PrX5uEBzs-91cf3068.jpg

 面白そうだけど、そんな小魚を釣りに小笠原に来たのではない。

■3日目

 シュノーケリングをした。
 釣りたいけども、新婚旅行だから仕方が無いのだ。

 海の中には魚がいっぱい。
 60cmほどのブダイが悠々と泳いでいる。

Kcbj5JXzwWdJjwRsJtnR-38d2976f.jpg

 釣れてくれよ。と思った。

■4日目

 最終日。

 昼頃に1時間ほど青堤防で釣りをした。

 向かい風が強くて釣り難い。
 そして全く釣れない。

 こうなったら意地を張っている場合ではない。
 仕掛けをどんどん小さくしていき、最後に1尾、20cmちょっとのスズメダイを釣った。

VhZAH5PKGuj6NVBrOUB7-d4e7d252.jpg

 何とかボウズを逃れたということで。

 14時に出航。

 翌15時半に竹芝着。

 あんまり釣れなかったなぁ。