城ヶ島でちょっと本気釣り

 9月26日(日)、いよいよ夏休みも最終日。
 城ヶ島に釣りに行った。
 
 
 本当ならば前々日に行く予定だったが台風が来たのだ。
 そう、僕が釣りに行くと異常気象が起きるのだった。油断していた。
 
 
 で、日曜日に何とか天気も回復、S氏の車で城ヶ島へ。
 着いたのは12時頃だったか。
 
 島の餌屋でオキアミ、アミエビ、集魚材を買い、駐車場近くの磯場に釣り座を構えた。

 

 
 足下は根が至る所にあり、潮もよれていて釣り難いが、入れそうで釣れそうな場所はそこしかなかった。
 昼からなので仕方が無い。
 
 撒き餌を撒き仕掛けを溝に沿って流すようにすると、すぐアタリが。
 
 上げてみるとアイゴだった。

U3XAjJt3HZPVSYxTveB3-29b48b8a.jpg

 

 20cmちょっと。
 食ってみようかと思ったが、ヒレを切るハサミがないのでリリースした。
 
 アイゴはまだ食ったことが無い。
 
 
 魚がいることは分かったが、風はあまり無いもののたまに波が足下まで這い上がってくる。
 外洋がまだ荒れているのか
 
 実に磯らしい雰囲気だが、バッカンが流されてはかなわない。
 
 裏側の穏やかな磯に移動。
 
 
 が、小イワシが沸いていて全く釣りにならない。
 
 のんびりとゆで卵を食べたりした。
 
 
 
 荒れていた方の磯が気になり戻ってみると、少し凪いで来たようで、何とか釣りになりそうだった。
 
 急いで撒き餌を撒き、仕掛けを投入。
 根掛かり覚悟で溝の底を流す。
 
 と、オハグロベラが掛かった。

AgUsUDiv9QTycmYkCTaf-0470554c.jpg

 
 タナを少し下げ、もう一度流すとウキがぐんと引き込まれる。
 やっときた。

LP8ANJXu7uimvbCe9GxK-bed27118.jpg

 

 小さいがメジナだ。
 
 
 再び波が上がって来たので撤退。
 
 
 磯場を後にし、岸壁に移動した。
 
 足場も潮通しも良い。
 磯場より釣れるかもしれない。
 
 
 潮目がころころ変わって少し釣りづらいけれども、何とか小メジナ1尾。
 シマダイも何尾か。

4K9kJHyDOtJBzmejUYLM-4fe412ef.jpg

 
 暗くなって来てからはヘチでネンブツダイ祭り。
 
r5bJhxzfkoEHpdz5ck6h-81433f67.jpg

 

 結局ネンブツに癒されて終わった。

片瀬港でまた小物釣り

 9月20日(月)、夏休みも前半終了だ。
 
 昼頃、ふと思い立って江ノ島、片瀬港にのんびり釣行することにした。
 江ノ島は近いのが良い。新宿から1時間ほどだ。
 
 
 江ノ島には以前も釣りに行ったことがある。
 堤防で撒き餌を使って釣ったが、全く釣れなかった。
 
 磯場は釣れるらしいが低いようなのであんまり行く気がしない。
 
 
 調べたところ、片瀬港は釣り場として整備されているらしく、のんびり釣るにはもってこいだ。
 
 
 江ノ島に着いたのが16時過ぎ、海水浴客がまだ少し残っている。
 夕焼けが奇麗だった。

tXdvrpi9zNhcZovZEN7P-e244f9bc.jpg

 

 
 釣り堤防に行くと、連休最後ということもあってか家族客が多く、先端にやっと入ることができた。

hmnQFgzFh9KLjjRjVBha-6a8b5c71.jpg

 
 いつものようにメバリングロッドで浮き釣り。
 エサは青イソメ。
 
 
 一投目から浮きが消し込み、小さなシマダイが釣れた。
 他には10cmほどのメジナ。

Bhbxp2UykMWaGNt6QxYk-fd3d094d.jpg

r7hsS3T7EwpFgQ6wsdoo-3efdcd72.jpg

 

 投入するたびほぼ毎回釣れる。
 小さいが竿が柔らかいので楽しい。

 

 周りでサビキをやっていた人たちは遠投してイワシ、小サバなどが釣れていた模様。
 チヌ師は全くダメみたいだった。
 
 
 暗くなると外灯が点く。
 浮きが見えないのでヘチ釣りに変更。
 
 アタリはあるが、時合が終わったのかほとんど釣れなくなった。
 
 20時頃、外灯も消えた。
 とりあえず置き竿にし、ヘッドライトを点けて片付けを始めると竿ががたりと揺れた。
 
 上げてみると見たことが無い魚。
 ハタとタイを合わせたような魚体だ。

jgGRCvAH2W7K3pDQB6SJ-c911b8a5.jpg

 

 
 帰宅して調べてみるとコショウダイという魚らしい。
 このところ東京湾辺りでよく釣れるとか。
 
 異常気象でしょうか。
 
 
 片瀬港、アクセスも良いし魚影も濃いし、なかなか気に入った。

金谷で小物釣り

 9月17日(金)、連休にぶつけて夏休みを取ったのだ。
 
 で、もちろん釣りに行った訳だが、折角の夏休み。
 のんびり釣りたいのだ。
 
 日々のストレスとか苦悩とか、煩悶とか憂悶とか(どれもあんまり無いけど)、そういったものを一時でも忘れさせてくれるような、弛緩したような釣りをしたい。
 
 がっちりした釣りも良いけれど、疲れちゃうからね。
 
 
 という訳で、ちょっとした電車旅行がてら波止場に寄り、ライトタックルで小物と遊ぼうと計画。
 
 候補は大磯、江ノ島、熱海、伊東など挙がるも、行ったところの無いところが良かろう、折角の夏休みなのだから、と思い立った。
 
 知らない土地で竿を出すというのも良いものだ。
 
 金谷に行くことにした。
 
 電車で久里浜まで行き東京湾フェリーに乗るという、まさに小旅行。

 

 
 メバルロッドと浮き釣りの仕掛けだけ持って家を出たのは12時頃か。
 ちょっと出遅れたが、まぁ何とかなるだろう。
 
 
 久里浜までは京急に揺られる。
 ウトウトしていればあっという間だ。

OAVFea9rzeRnseauaUVz-045e309b.jpg

 

 
 久里浜からフェリー港まではバスが出ている。
 しかしかなり待たされる(フェリーの時間に合わせてあると思う)ので、歩いて港まで行くことにした。
 
 
 意外と遠かった。
 20分くらい歩いた。
 荷物が少ないとはいえ汗だくだ。
 
 
 フェリー港に着いたのは14半時頃。
 
 15時ころのフェリーに乗ることにした。
 ぶらり釣り旅行なので切符は片道、にしようとしたところ、往復で買うと150円くらい安くなると言う。
 
 誰が言ったかというと切符売りの女性なのであり、アニメ声なのである。
 
 アニメ声で言われたら買うしかなかろう。
 往復のチケットを買った。
 
 そうなると終フェリーで帰ってこなければならない。
 金谷発の終フェリーは19時半ころだ。
 
 あまり釣る時間は無いけれど、どうせ暗くもなるだろうし、ちょうど良いかもしれない。
 
 
 
 久里浜を出たフェリーは東京湾を疾走、途中でイワシのボイルに遭遇したりなどしつつ40分ほどで金谷フェリー港に着いた。
 
 
 フェリー港から金谷漁港までテクテクと歩く。
 漁港前のエサ屋でイソメを購入。
 店の人は良い感じのおばちゃんであった。

 

 
 釣り場に着くと釣り人は二組しかいない。ほぼ貸し切りだ。
 
 団子でチヌを狙う地元のおっちゃん。
 フカセでグレ狙いか、大学生三人組。
 
 おっちゃんはすぐに帰った。
 学生たちは小さなグレとシマダイ、ネンブツダイをぽつぽつ釣っている。
 
 
 僕も準備を始め、まずは浮き釣り。
 
 すぐにカゴカキダイがかかった。
 
aNthCjNQPSTk8undA5Ok-9f28eb62.jpg

 

 日が暮れてきてからはヘチを探った。
 
 ネンブツダイは房総でも遊んでくれる。
 外房ではあんまり釣れなかったが、内房では釣れるんだなぁ。
 
4Cw6yLioU4Vphp7Wc6sB-06f8bd6c.jpg

(直すのめんどくさいから逆のまま。。)
 

 飽きない程度にカゴカキダイ、ネンブツダイが釣れ、18時頃、そろそろ納竿かと思うとメバルが釣れた。

c6ETtwJ4hOET42oFiifL-fdefeb82.jpg

 20cmに満たない。

 
 
 終フェリーに遅れては困る。
 大急ぎで片付けをしてフェリー港へ向かった。
 
 ちょっと時間があったのでビールを呑んだ。
 
 
 実に美味かった。

たまには多摩川

 9月4日、残暑があんまり残りすぎているので海釣りはうんざり、しかり釣りには行きたいのが釣り師のダメなところだ。
 ダメと言っても釣りに行きたいのだから仕方が無い。
 
 そんなときは山だ。
 渓流だ。
 清流で心を洗うのだ。
 
 
 電車に揺られ、奥多摩フィッシングセンターまで行った。
 早朝の青梅線は空いているかと思いきや、登山目当てのシルバーたちで混み合っていた。
 
 シルバーが密集すると何だか独特の臭いがするが、まぁそれはそれとして、9時ちょうどに御嶽駅到着。
 空気がヒンヤリして気持ちが良い。
 
 
 そこから釣り場までは川沿いに歩くこと15分くらい。
 ルアーの一日券を購入して意気揚々、鼻息荒く実釣開始である。

LzRbZb3bGnHYAiXmZbvg-ca2c3274.jpg

 

 途中、いつものS氏(後の電車に乗ったのにタクシーで僕を抜き先に釣っていた)、Y氏(後の電車に乗り1時間ほど遅刻)と合流。
 
 
 王禅寺の様な管理釣り場とは違い、流れのある場所はルアーのコントロールが難しい。
 苦戦しつつ14時半まで釣った。
 
 僕は4尾。S氏、Y氏もだいたい同じような釣果であった。
 Y氏はヤマメを釣っていた。うらやましい。

eVyocTf9zo7THJttmVKe-2fd6ffbd.jpg

 

 
 釣った後は食う。
 
 ざっと捌いて串に刺し、適当に塩をふって適当に炭火で焼いた。
 ビールを呑みつつ待つことしばし。

wDuMJNEjQer9XDSB9YGX-4b182761.jpg

 

 なかなか美味かった。
 
 
 盛夏は川釣りが良いですね。
 
 これからもたまには行こうと思う。多摩川だけに。