江ノ島で五目釣り

 11月14日、ふらっと江ノ島に行ってきた。
 
 釣りというよりは観光、むしろ猫の観察、のんびりと海でも見てシラス丼食って酒呑んで日頃の鬱憤などを水に流そうと。
 
 で、まぁついでに竿でも出したら愉快だろうと。
 
 竿はザルツ ZAT-T762M、いわゆるメバリングロッド。
 リールは08バイオマスター1000s、ラインは安物フロロ4lb。
 それに1.5号くらいのリーダーを付けて、針は小さいグレ針、3Bから5Bのガン玉を付けてお終いというシンプルな釣り。
 小さい魚でも結構楽しめるので最近はまっている。
 
 
 家を出たのは8時頃、小田急に揺られて片瀬江ノ島には10時前に着いた。
 
 駅前のエサ屋で青イソメをゲット。
 ついでにマックで朝マックゲット。
 
 
 片瀬漁港に伸びる堤防は釣りが公認されている。
 もちろん場所が指定されていて、船の邪魔になるような場所は釣り禁止です。
 
 竿を出すのは2回目。
 前回も今回も、かなりゆるーい釣りカップルから本気の投げ釣師まで、いろんな人たちがいる。
 ただ散歩に来ている人もいる。
 
 
 そういったわけで結構混み合うのだが、僕はヘチ釣りなので混んでいてもあんまり困らない。
 ちょいと失礼しますよ、とスペースに入れてもらい、足下にぽちゃんと仕掛けを落とすだけ。
 
 
 型は望めないが、数は釣れる。
 それに江ノ島あたりは魚種も豊富。
 
 
 まずはフグ。

BUZOAZVWfsfU9jKQtGtQ-72654e1f.jpg

 
 
 それからはヒイラギが入れ食い。
 ぬるぬるです。

ymBmxaVZM5jLYi7fbWNP-ca40beac.jpg

 

 投げ釣師には良い型のヒイラギが掛かっていた。
 食ったら美味いらしいですね。
 
 
 ヒイラギの合間にこんなのが釣れた。

MFO4jSZFPrY77ZYW2fKt-01c48e86.jpg

 

 イソギンポかな。
 初めて釣ったけど、宇宙人みたいです(宇宙人に会った事は無いが)。
 
 
 天気が良くてかなりのんびり。
 朝マックを食い、ぽつぽつとヒイラギを釣り、あくびをしてビールを呑み、昼寝でもしたいなぁと思っていたら強烈なアタリ。
 
 竿がしなり、小物釣り用にゆるゆるだったドラグが鳴りっ放し。
 やべえやべえと糸を巻くが、小さいリールでは巻けども巻けども寄せられず、ドラグを強めにして何とか足下まで寄せたが隣の人の足下に寄ってしまったのでどうにもならず、あれよという間にハリス切れ。
 
 一瞬だけ魚が見えたが、でかい黒鯛でした。40cmほどはあったかな。
 残念だがまぁ仕方ない。
 
 
 何となく満足したので、片瀬漁港を離れて江ノ島に渡った。
 
 ほてほてと歩いて堤防まで行ったが、こちらは小さいアタリが2回あったのみで釣れず。
 
 早々に切り上げて磯に回ってみた。
 これは楽しそうだ。今度グレ狙いで来てみよう。

4LkkegCnOQvM3siHQRoi-5a7667c0.jpg

 

 
 折角なのでイソメを付けて投げてみると、小さなグレが掛かった。
 なかなかの引きだった。

6vvPoLF2KzhaQg6zifLC-ce6e9aa2.jpg

 

 
 猫を観察しつつイソメ追加。

KbeVMf6dghhCUz7kWrGv-18a5695c.jpg

 

 再び片瀬漁港へ移動した。
 
 
 すっかり夕方。
 富士山がきれいに見えた。

b27wWMoAkCWmy4KMJGWG-82618e8d.jpg

 

 
 暗くなると堤防は釣り人がいなくなり、数組のカップルが逢引しているのみ。
 
 何となく居づらい感じがするが、イソメが無くなるまで、と釣り続ける。
 
 セイゴが掛かった。
 これも良い引きをした。

CZ5xFjMGGmJ7ECtCpDZX-69705180.jpg

 
 
 エサが無くなったのでラーメンを食って20時ころ帰路についた。
 
 のんびりのつもりが結構がっつり釣ってしまった。
 江ノ島は魚が多いので楽しい。
 

テンヤ天国、船酔い地獄

 船釣りというものをしたことが無かったのだ。
 
 どうもあの、地に足がつかないと言うか、自分の自由につれない感じ、船の人の言うままに釣るようなところに魅力を感じず、しかも船代が結構高い。
 
 だがしかし、今はやりのひとつテンヤってのには惹かれた。
 
 ライトタックルにテンヤひとつ、エビを付けて海へ投入。
 軽いテンヤ、細い糸から伝わる微弱な情報を頼りに着底を感知し、大きくしゃくる。
 
 そしてまた、仕掛けを張らず弛まず、微妙なテンションを保ったまま送り込む。
 そこで魚がエビを食う。
 細いPEを伝ってダイレクトにアタリをとり、鬼合わせで掛ける。
 
 掛かったら決してポンピングせず、一定のテンションで巻き上げる。
 すると桃色の魚体がゆっくりと…
 
 釣り番組によると、そいうことらしい。
 
 
 うーむ、これは面白そうだ。
 何より、ぼーっとしていては釣れないというのが良い。
 しかもどことなく一本釣りっぽく、漁って感じがする。
 
 
 そういうわけで10/30、ひとつテンヤで有名な大原は新幸丸さんに予約したら台風が来た。
 ぎゃふん。
 
 
 気を取り直して11/6、再度予約。
 今回もS氏、Y氏と3人での釣行。
 
 
 新幸丸の朝船は5時に出航する(10月までは4時半)。
 千葉の船は他より早いらしいが、他を知らないからまぁ早いけどそんなもんかなぁという気がする。
 
 金曜日の23時頃にS氏の車で東京を脱出。
 深夜に大原に着き、船酔い予防のためにも少しは睡眠を取った方が良かろうということで、車の中で仮眠。
 僕はわくわくして眠れなかった。
 
 
 4時半、おおいに迷いつつ新幸丸の船宿に到着。
 常連さんみたいな方々が集まっており、宿の中でお茶などを飲まれていた。

EgfgRWEgdfeumNvSXOir-d05170fd.jpg

 

 一見のんびりとした朝のティータイムだが、みんなこれから漁に出るとあって、どこか鋭くぎらぎらしたものを秘めている。
 
 さて、港まで宿の車で送ってもらい、いざ乗船。
 かっこいい船だった。

8jif3xmnxyCAsujH8zCO-9c1ec15e.jpg

 
 出船して大体30分くらい走っただろうか、最初のポイントに着いた。
 船は結構揺れ、その時点で僕はもうグロッキーである。
 酔い止めを飲んだのだがまだ効き始めていないようだ。
 寝不足だし。
 
 僕らは初心者なので、船長の息子さんに基本的な釣り方を教えてもらった。
 
 さて、実釣。
 
 テレビで見た通り、そして船長の息子に教わった通りに釣り始めるが、やはり底を取るのが難しい。
 潮が速いのだ。
 
 そんな中、S氏がまず真鯛を上げる。
 続けてY氏も。
 塩焼きにちょうど良いサイズだ。
 
 そのとき僕は極度の船酔い状態であり「早く帰りたいなぁ」と思っていたのだが、そんなことを言ったら楽しい釣りが台無しである。
 小さく「おぇぇおぇぇ」とえずきながらも、何とか釣りを続行。
 
 ほどなく僕にも真鯛が釣れた。
 25cmほどか、塩焼き、鯛飯なんかに良さそうだ。
 
 とりあえず3人とも釣れたということで、まずは一安心。
 
 安心しても船酔いは治らない。
 酔い止めをもう一つのみ、キャビンで一休み。
 
 キャビンに入るとおっさんがダウンしていた。
 何だよ、俺が横になれないじゃないか、と思ったが、よく見てみると僕の隣で釣っていたおっさんであり、なるほど、道理で釣り座が広かったわけだ。
 
 ともかくそれから2時間近く、キャビンで休んだりたまに竿を出したり。
 
 
 そうこうしているうちに、突然気分が良くなった。
 ようやく酔い止めが効いてきたらしい。
 
 
 そこからはやけに上機嫌で竿を出し、集中力も復活したので底も取れるようになったし、細かいアタリも取れる。
 従って魚が釣れる。
 
 終わってみれば真鯛7尾にウマヅラ1尾。
 最大は37cmほどの真鯛。800gくらいだろうか。

PYuFFdAKZhwzrL4WOzrD-c52d44cb.jpg

 
 Y氏に真鯛1尾とウマヅラ1尾をもらったので、お土産は真鯛8尾、ウマヅラ2尾。

RBek93RDeaVmEYcToMQB-2c472b76.jpg

 

 さてどうやって食おうか。
 
 
 結局、真鯛は塩焼き、鯛飯、鯛しゃぶ、干物、味噌漬け、刺身。
 ウマヅラは鍋、バター焼きにした。
 
 鯛のあらで出汁をとり、それで作った煮麺がかなり美味かった。
 
 
 なかなか楽しい釣りだった。
 各季節に1回ずつくらいなら乗っても良いかなぁ。

テンカラ天国、再び。

 前回、テンカラで痛い目にあったわけだが、生粋のテンカラ師(違うけど)としてはこのまま終わるわけにはいかない。
 
 
 前回何がいけなかったのかじっくり考えてみると、なに、たいしたことではない。
 
「日が暮れて暗かった」
 
 その一点に尽きる。
 というか、それ以外の理由が思い付かない。
 
 とすると今回はどうすべきか。
 考えるまでもない。
 
「明るいうちに釣り始める」
 
 簡単だ。
 家を早く出れば良い。
 
 前回は渋滞に巻き込まれて、釣り始めはすでに薄暗かった。
 今回は十分な余裕を持って家を出れば良い。
 
 それだけで爆釣必至。
 
 
 ついでに自作の毛鉤も試してみよう、という訳で、100円ショップのミシン糸と毛糸と刺繍糸を針に巻き、でき上がった毛鉤は虫の姿とは程遠く、どうみても「針に毛糸を巻いたもの」にしか見えず、まぁ明るいうちならそれでも釣れるだろう、と楽観。
 
 もう、明るければ何をやっても釣れる気になっている。

 明るければ針だけでも釣れるんじゃなかろうか。

 いや、糸だけでも何とか釣れるかもしれぬ。
 網を出しとけば勝手に入ってくるかもしれない。

 なんてったって明るいうちだ。魚が釣れちゃって困るのだ。

 

 うししし、と笑いを噛み殺し、原付にまたがり、王禅寺を目指したのが11月3日の昼。
 
 到着したのは14時半頃か。
 
 
 早速竿を出し、振り込みの練習。
 すると、もう釣れる。
 おいおい、まだ練習ですぜ、うしししし、と笑いを噛み殺す。
 
 それから1時間ほど、3投に一度はアタリがある。
 合わせのタイミングがまだつかめずあまり針には掛けられないものの、これは面白い。
 
 やっぱり明るいうちは釣れるのだ。
 自作テンカラでも1尾だけ釣れた。

xeuQT3FFvPOk45rF6bPt-f6eb88d6.jpg

 
 1時間で5尾ほどキープ。
 
 疲れたのでゆで卵を食っていると、釣り仲間のS氏が到着。
 華麗にキャストし、いきなりヒット。
 
 上がってきたのは良いサイズのイワナだった。
 おかず用に頂いた。
 
 
 16時を過ぎると日が傾き、テンカラは釣れなくなってくる。
 そこで敢えて毛鉤を沈める作戦に出ると、結構釣れる。
 なるほど、沈めちゃえば暗くても釣りになる訳だな。当たり前だな。
 
 
 というわけで、やはりテンカラは面白い。
 集中力と腕力が要るけれども、釣れたときの快感は他の釣りではなかなか味わえないと思う。
 
 今度はもう少し虫っぽい毛鉤を巻きたいなぁ。