江の島でカップ麺食った

■以前書いたように、僕のスーパーカブは随分といかした風貌となったのだ。

 風防を付けたからなのだ。

P1000901.jpg

■で、実際走ってみると風防の効果は絶大。

 風が体にほとんど当らない。
 寒くてもへっちゃらなのだ。

 どんだけへっちゃらなのか、自分でも把握しきれていないのでちょっと遠出してみた。
 江の島へ。

■距離にして約55km。
 環七から246へ。
 467に入って爆走すればそこはもうシラスの島、江の島。

 の予定だったが、大渋滞。

 11時に颯爽と家を出て、着いたのは14時半。
 3時間半もかかってしまった。

 途中に柴犬研究会があった。

P1000911.jpg

■一応釣り道具も持って行ったけれども。

 帰りも3時間半かかるとしたら、家に着くのは夜になってしまう。

 直ちに引き返しても18時。
 釣りなんかしてたら21時を過ぎてしまうだろう。

 風防が驚異の防風性能を有しているとはいえ、夜は寒い。
 これは風云々ではなく、気温が下がるのだから仕方が無い。

 できるだけ速やかに帰った方が良さそうだ。

 とりあえずラーメン食って帰ることにした。

P1000915.jpg

 海で食うカップ麺は美味い。

■今回分かったのは、風防が予想以上に高性能だったこと。

 スピードを出しても体の前面に風を受けることは無かった。
 風による寒さは、体に関しては完全に防いでいると思う。

 ハンドルの部分も、前掛けがあるので風はあまり当らない。
 少し当る気もするが、まぁグローブをしているから手が冷たくなるようなことはなかった。

 足は、もちろん寒い。風防の効果が及ばない場所なのでどうしようもない。
 内股にすればレッグシールドに隠れて随分ましになるが。

 頭部は、だいたいアゴの辺りまでシールドがあるのでさほど風は感じない。
 風切り音は気になるがそれはしょうがないだろう。

 とにかく、効果絶大だった。

 風を感じないどころか、むしろ巻いた風が背中を押すように感じ、何となく加速を促されているような気がするというか実際加速しているんじゃないかと思われる。

 スピードを出せば出すほど加速度が増す。

 さすがカブ。恐れ入った。

 ただの勘違いだけど。

■途中、シールドの角度を手で微調整していたらナットが緩み、ミラーが取れそうになってびびった。

カブと虫

■日本が世界に誇るHONDAが世界に誇るスーパーカブに乗っている、日本が世界に誇る僕なのだが、寒さにはめっぽう弱い。

 こんなに寒くてはカブに乗る気が起きない。

 カブも乗らねばただの置物というか、置物にしては幾分大きいので「ただの置物」とも言い切れない訳だが、しかも置いてあるだけで何となく満足もするので別に無理して乗らなくても良いんだけれど、簡単に言うと、理由、大義名分として「ただの置物」理論を持ち出したのだ。

 せっかくカブを買ったのに外が寒いから乗らないなんて、ちょっともったいないよね。

 というのは大義名分なのだ。

 僕は純粋に、何の他意も無く、ただこうしたかったということをしたのみだ。

■結果、こうなった。

P1000901.jpg

 風防を付けたのだ。

 寒いから、ではない。
 何度も書くが、それは大義名分、ただの言い訳、本当のところは「だた、あのダサい風防を付けてみたかった」その一点に尽きる。

 カブといえばあれなのだ。あのダサい風防、というか前掛け。

■しかし、こうして見ると結構ダサい。
 このダサさはいったいどこから湧き出てくるのだ、とじっくり見ていたところ、ふとひらめいた。

 ちょっとノッペリしすぎなのだ。

 あの風防、と前掛け、いわば兜みたいなものなのに、どうもノッペリしすぎている。

 兜ならば角の一つも生えていないと様にならない。

 角、付けてみようかな。
 カブトムシ。

釣り初め

■2011年の釣り初めに行ってきた。

 2011年1月10日。
 行ったのは、釣り雑誌で紹介されていた根府川、江之浦港。

 ゴロタで意外にメジナが釣れるとか、ゴロタから江之浦港辺りでアオリが釣れるとか。

 今回は取りあえず下見。
 今年はショアジギをやりたいので、青物が回ってきそうか、ヒラメは居そうか、あとは堤防で小物釣りはどうか。

 そんな点をチェックすべく、朝10時ころ電車に乗った。

■根府川の駅に着いたのは12時頃。

 持って行ったのはメバリング用のライトタックル、ワームと小さいジグ、後はヘチ釣り用にグレ針とガン玉、ハリス。
 荷物が少ないので電車でも楽だった。

P1000846.jpg

 意気揚々と電車を降り、淋しげな改札を出て、そこで呆然とする。

 どうやったら海に出られるんだろう。。

■僕もいろんな場所に電車釣行したが、大抵の駅は海の方に向かう出口がある。

 人が住んでいるのはどちらかというと海沿いで、干物屋が並んでいたりする。
 夏には海水浴客も望めるし、海産物目当ての観光客もいるだろう。

 だが、根府川は違った。
 山の方にしか出口が無い。
 さらに、駅を出たところにある案内看板を見てみたところで、大ざっぱな案内しか無く、具体的にどうやれば海に出られるのか分からない。

 そうか、この辺りは砂浜ではないのだから海水浴客も来ないだろう。
 漁港までも距離があるし、名所旧跡もそれほど無さそうだ。

 さらに、手前には小田原、もう少し行けば真鶴、熱海、伊東と観光目当てなら他に行くだろう。

 だからこそ釣り場としてはいまいち知られていないし、ちょっとした穴場なのだろう。

■ってことを考えたところで海にはたどり着けない。

 困ったなぁ、と辺りを歩いてみると交番があった。
 入ってみるがお巡りさんはいない。呼んでも返事は無い。

 万事休す。
 小田原でカマボコを買って帰ろうか。

 眉毛をハの字にして振り返ると、交番の中に地図を発見した。
 A4のコピーが箱に入って置いてあるのだった。

 お巡りさんが手書きしたものだろう、海までの道が書いてある。
 助かった。これで海に行ける。一枚頂いた。

1.png

■根府川駅から海、江之浦港まではこんな感じだ。

 行き方は2種類ある。
 駅を出たところにある道路を、右に行くか左に行くか。

 地図を見ると、距離的には右に行く方が近そうだ。
 坂を下って行くことになる。

P1000853.jpg

 しばらく行くと海が見える。
 道路は狭く歩道は無い。
 車が結構多い。側溝の上を歩く。

P1000859.jpg

 しばらく歩くと真鶴道路との合流点にあたる。

 地図によるとここから真鶴道路に入ることになっているのだが。。
 横断歩道などある訳も無く、交通量が多いのでとても渡る勇気が出ない。

P1000861.jpg

■駅まで戻って、もう一つのルートで行くことにした。

 駅前の道を左に進む。
 少し上り坂になっている。

P1000863.jpg

 しばらくすると右側に神社の鳥居が見える。

P1000865.jpg

 道路の反対側に、下へ降りる階段がある。
 「釈迦堂入口」とあった。

P1000866.jpg

 地図に従ってぐんぐん下る。
 途中、お墓の脇を通る。暗くなったら怖いだろうな、と思った。

P1000868.jpg

 線路の下をくぐって

P1000870.jpg

 真鶴道路に出る。
 釣侍の目前。
 駐車スペースもあった。

P1000871.jpg

 ここから階段でゴロタ場に出られる。

P1000872.jpg

P1000874.jpg

P1000875.jpg

■江之浦港に向かった。

 釣侍で青イソメを購入し、真鶴道路を先に進んだ。
 山側を歩けば歩道があったのだが、海側を歩いてしまったので車が怖かった。

P1000877.jpg

 しばらく歩けばローソンがある。
 ここで御神酒(ワンカップ)とおにぎり、ゆで卵を買った。

 磯料理の店を海側に降りると、こじんまりとした港が目に入る。
 穏やかで良い感じだ。

P1000880.jpg

 堤防の先は結構混み合っていた。
 テトラは大きくて乗りにくいが、それでも乗れないことはない。
 何人かはテトラの上で釣りをしていた。

P1000882.jpg

■やっと釣り開始。

 ワンカップを開け、まずは海に。
 今年も無事に釣りができますように。
 あと、できれば大きくて美味しい魚がたくさん釣れますように。

 13時半、ようやく糸を垂れた。

 海を見ると小さなイワシが大量に涌いている。
 まぁ、イソメでヘチ釣りすれば何かしら釣れるだろう、と。

 で、釣れました。
 今年最初の一匹。

P1000883.jpg

 キヌバリ、かな。
 模様が薄いけど。

 こんなのがぽつぽつ釣れて飽きない。

 しばらくするとイワシの姿が消え、いよいよ大物が回ってきたかとワクワクしていたらこんなのが。

P1000889.jpg

 キタマクラ。
 今年もよろしく、ひとつお手柔らかにお願いします。

 日が傾き始めると途端に寒くなる。
 16時頃に納竿。

■帰りはドライブインで蕎麦を食った。

 温かいかき揚げ蕎麦。
 美味かった。

 小田原の辺りは北風が吹いても釣りになるようだ。

 ゴロタも面白そう。
 イワシが大量にいたので、港脇のゴロタでヒラメも狙えるかもしれない。

 電車で行くと海までのアクセスが少し大変だが。
 まぁ無理ってこともない。

釣り納め

■2010年釣り納め、ってことで12月25日に伊東へ行った。
 僕とY氏は電車で、S氏は車で向かった。

■電車では新宿から小田急線、小田原で東海道線に乗り換え、熱海で伊東線に乗る。

 伊東線は本数が少なく、熱海で乗り換えに遅れて20分ほど待つことになってしまった。
 まぁ荷物も多いし、急ぐ旅でもないのでのんびりとお茶を飲んで待った。

 その間にS氏は先に伊東に到着。
 暴風との報告を受ける。

 この日はもの凄い低気圧が直撃しており、風が強いのは覚悟の上。
 それにしても、僕が釣りに行くと大抵は天変地異が起きる。

■10時半頃、伊東駅に着。
 確かに暴風。
 でもまぁ、追い風なので何とかなるかなぁと。

 オーシャン釣具店でオキアミ、青イソメを調達。
 コンビニで食料と酒を購入。

 オーシャン釣具店から海に向かった辺りにある堤防に釣り座を構えた。
 ここは春に大型クロダイを釣ったところだ。
 11時半頃、釣り開始。

P1000758.jpg

P1000760.jpg

■エサをまくと木っ端メジナが涌いてくる。
 棚を合わせればいくらでも釣れる。

 サイズは20cmから25cm。
 5枚キープして、14時半ころに一旦納竿した。

 砂浜に移動し、もう一つの目的「現場食い」の準備を始めた。

P1000766.jpg

■小さなBBQコンロに木炭を敷き、イワタニのガスバーナーで着火。
 あっという間に火が起きた。便利。

P1000764.jpg

 メジナを塩焼きにした。ついでにコンビニおにぎりも焼いてみた。
 美味い。

P1000769.jpg

 その間にイワタニの小さいコンロで湯を沸かし、味噌汁を作った。
 ネギとメジナと味噌のみ。
 冷えた体に染みる美味さ。

P1000771.jpg

 さらに熱燗も。
 最高です。

P1000770.jpg

 エサが余っていたので、食べ終わってからも竿を出した。
 風が更に強まり釣りにはならなかったが気持ち良かった。

P1000775.jpg

 そんなところで2010年の釣りはお開き。

■夜は伊東ステーションホテルに泊まった。
 素泊まり5000円。
 少し高いが、駅にも釣り場にも近く部屋はきれい。
 かなり良い宿だった。風呂のお湯は温泉とか。

P1000776.jpg

■一休みして19時頃から伊東の歓楽街を散策し、酒を呑んでラーメンを食って0時頃に戻った。

 楽しかった。