城ヶ島で小物釣り

 2011/10/8、城ヶ島まで電車釣行。
 正確には電車とバス釣行。

 朝8時半ころのんびりと家を出た。
 電車に乗るので極力荷物は少なくした。
 が、浮き釣りをしたかったので普段よりは少し多めかもしれない。

P1010233.jpg

 ソフトクーラーの中には水汲みバケツ二つ、余っていた集魚剤、リールなど。
 トートバックには仕掛けなどの小物。
 竿ケースには磯竿一本、柄杓。

 これ以上は減らせないんじゃないかなぁ。

 三崎口の駅についたのは10時半を過ぎていた。

P1010234.jpg

 城ヶ島まではそこからさらにバスで30分ほど。

 島についてからオキアミを買い、結局12時近くになって釣り始めた。

 釣り場は城ヶ島のバス停近くの護岸。結構混んでいた。
 カゴ釣り、ルアー釣りをしている人が多かった。

P1010235.jpg

 釣り始めると、潮が速すぎてどうにもならない。
 近くの際を狙うといつものこいつがかかった。
 ネンブツダイ。ではなくてクロホシイシモチですか。

P1010238.jpg

 13時半ころにS氏が車でやってきた。
 並んで竿を出すが特に際立った釣果はない。
 周りではカゴを遠投してアジかなんかを上げていた。

 こちらも負けるものかと鼻息荒く際を狙い続けると、高級魚であるところのメバルが。

P1010239.jpg

 幼児だけど。

 15時半ころ、護岸に見切りをつけて一人で磯場に行った。
 学生がBBQをやったりするゆるい磯。
 端っこはこんな感じ。この溝が海中も続いているので、根がかりに気をつけながらその溝を狙う。

P1010242.jpg

 といきなり大物。

P1010243.jpg

 ウミタナゴでした。20cmくらいか。
 小魚ばかり相手しているとやけに大物に感じる。

 近くで釣っていたおっさんが「お、メジナだ! メジナがいるぞ!」と色めきだっていた。
 よっぽどメジナに飢えていたんだろうな。
 何だか悪いのですぐリリースした。

 続いて妖怪人間。ベラ。

P1010244.jpg

 10cmちょっとかな。

 あとはネンブツダイの嵐。

 餌が無くなったので護岸に戻る。
 やはり釣れていないみたい。

 S氏のイソメがたっぷり余っているが、僕は竿をたたんでしまった。
 ということで手釣り。

P1010246.jpg

 人生初の手釣り。
 当たりがダイレクトに伝わって意外と面白い。

 ネンブツダイ(こちらはほんとにネンブツダイ)がいくらでも釣れる。

P1010245.jpg

 後ろにネコが待機しているので、ネンブツダイを放ったらバリバリと音を立てて食った。
 すごい。豪快。

P1010250.jpg

 続いて、やはりお馴染みのハオコゼ。
 毒があるのでそっとリリース。

P1010248.jpg

 イソメも尽きてきたのでそこでお開き。
 なかなかの釣りだった。のんびりした。