佐渡釣行(2日目)

2011/10/29

さて、二日目。

朝食も美味い。

P1010299.jpg

優雅に朝風呂を。
風呂からは海が見える。

P1010302.jpg

最高です。

風呂を出て、湯気の出るうちにバイクへまたがり、釣り場を探す。

前日、近くに釣具屋があるのを確認してあったので、そこまで疾走。
宿から10分くらい、いやもう少しかかったか。

そこでアオイソメを購入し、店のおっちゃんに近くで釣りのできる場所がないか聞いてみた。
人の良さそうなおっちゃん、二見港という港を教えてくれた。

釣具屋と宿の間にあるので場所は分かっている
というか良さそうな港だな、と目を付けていたのだ。

P1010304.jpg

そこで釣り開始。

ガルプスティックにソアレBB30、軽めの天秤。

しばらくすると釣れ出した。

P1010306.jpg

P1010308.jpg

P1010309.jpg

P1010310.jpg

サイズはいまいちだったが、魚種が豊富。
どの魚もサイズの割にはよく引いた。

さて、昼すぎには竿を納めて観光へ。
せっかくだから観光もしないと。

宿にあった全島のロードマップを見ながら、スカイラインという山越えの道を走って金山に行くことにした。
小さい島なので思いつきでどこへでも行ける。

で、早速迷う。
国道に入るべきところ、通りすぎて南下してしまったようだ。

ロードマップを頼りにリカバリを試みると、途中に博物館があった。

P1010311.jpg

休憩がてら入ってみた。
まぁ、いわゆる博物館。

客は誰もいなかったのでじっくり見られて良かった。

気をとりなおして(いや、博物館は良かったけどね)畑の間を疾走。
いざスカイラインへ。

P1010316.jpg

山道をぐんぐんと登ると、スキー場があった。
入口まで行ってみたけれどどこがスキー場なのかよく分からなかった。

俺はスキーはやらないが、実際どんなスキー場かちょっと見てみたい。。

P1010317.jpg

さらに登って山頂。
少し曇っていたがなかなかの景色。

P1010325.jpg

バイクが非力すぎて勢い良く登れなかった。
しかしそれもまた旅情緒。
のんびりとして気持ちが良かった。

山を降り切る直前、金山がある。
バスが何台も止まっていてシルバーたちがワイワイガヤガヤと賑やかだった。

ので、金山は断念。。

腹が減ったし少し寒かったので、金山近くの食堂に入った。

P1010327.jpg

全く期待していなかったが、天ぷらそばが美味かった。

さて、そのまま帰るのではもったいない。
せっかく走ってきたのだから、次の観光スポット、クルージングに行くことにした。

尖閣湾という、安寿と厨子王の舞台となった名所。

P1010329.jpg

普通の船に乗ってあたりを巡るコースと、船の底がガラス張りになっていて海中が見られるコースがある。
海中が見られる方が200円高い。

まぁ200円くらいなら払って、海の中の魚などをみたら面白かろうと。
しかし受付の人が言うには、海中船はもう終わってしまったらしい。

仕方ないので普通のコースのチケットを買い、船着場で船を待つ。

すると先程の受付嬢(おばさん)が来て、いや実は海中船が急遽出ることになった、つきましては希望される方、おりますか。
そう聞くので俺はもちろん手を上げ、他の客たちも全員挙手。

受付嬢はさもありなんとうなづき、差額の200円は不要、サービスしますと言う。
得した。

そういう訳で海中船に乗り込んだ。

P1010337.jpg

廻りはシルバーばかりである。

P1010340.jpg

ガラス張りの船底から、クロダイやメジナ、その他色とりどりの小魚が見える。
クロダイはなかなかのサイズもいて楽しめた。

さて、夕暮れの海沿いを気持よく走り、途中で不思議なものを見たりして宿へ。

P1010344.jpg

夕食はまたも最高。
ビールを飲んだ。

P1010346.jpg

食後はほろ酔いのまま、歩いて港へ。

メバリングなどをしてみた。

P1010347.jpg

あんまり釣れなかったが、それでもポツポツと釣れたので良しとする。

佐渡釣行(1日目)

2011/10/28

深夜バスは、0時20分に新宿を出発した。

俺の隣にはサンダル履きの下北系兄ちゃん。
路線バスかよ。緊張感が足りないんだよ。
何だか気の抜けるスタートとなった。

バスの中は静かだったし、カーテンはばっちり遮光しているので真っ暗。
どこからか寝息が聞こえてきます。
が、俺はそんなところで眠れるほどの大物ではありません。小物です。
うとうとくらいはしたかもしれないけど。
じっと座っていました。

途中、2回くらい休憩が入ったと思う。
しかしできるだけ体を休めようと、俺はただ、じっと座っていたわけです。
そしたら腰が痛くなりました。

で、新潟駅に着いたのが7時くらい。
みんな降りました。俺を除いて。

俺はその一つ先、フェリー港があるバス停まで行くことに決めていた。
だって、そうすれば移動しなくて済むじゃん。
と思っていたのですが。
浅はかでした。

港でバスを降りると周りには何も無い。
建物はあるのだがこれといって観光地でもなく、しかも朝7時半、放り出された感じとなった。
なるほど、新潟駅で降りれば朝飯を食う場所くらいあっただろう。
だからみんな新潟駅で降りたんだな。

フェリーが出るのは9時25分、つまり2時間近く何もすることが無いわけです。
いつもならば酒でも呑んでいれば時間が潰せるが、朝ですし。
これから島に渡って運転せねばならんし。

とりあえず朝飯。
フェリー港で、新潟名物らしいカレーラーメンを食いました。

これが意外と美味かった。

P1010260.jpg

待合室では数人の老人たちがフェリーを待っていた。
端の方には畳がしかれていて、寝転べるようになっている。
幸い人がいなかったので少しだけ仮眠した。

まぁ、これで良かったのかもな。

さて、いよいよフェリーです。

P1010268.jpg

ジュータン席ってのは、つまりこういうことです。

P1010269.jpg

伊豆大島に行った経験では、イス席なんかよりジュータン席で寝ていた方が後々幸せなのです。

酔い止めも効いてきて、心地良い揺れの中、すっかり寝てしまった。

気付いたら島に着く直前だった。

太宰の「佐渡」に、島の影を他の島と勘違いするというシーンがある。
なるほど、確かに小説に描かれているとおりだった。

すっきりとした気分で上陸。

バイク屋との約束の時間まで少しあったので、両津港の周りを少し散歩。
港で釣りをしている人がいた。カマスか、たくさんの魚の影が見えた。

町はのどか。

P1010274.jpg

P1010275.jpg

港に入っている店でブリ丼を食った。
少々見くびっていたが、実に美味かった。
さすがだ。

P1010276.jpg

レンタルバイク屋に行くと初老のおじさんが一人いた。
メールでやりとりしたのは若い人だと思うので、親父さんだろうか。

名前を告げると「メイトね?」と話が通っているようで安心したが、なぜかシグナス125を出そうとする。
「いや、メイトです。これです」と指差すと「なんだ、カブか」と言っていました。

そうだよな、あの形は大体「カブ」なんだよな。
のっけから力が抜けます。

さて、どうにかバイクを借りた俺は宿に向けて島を横断。
宿は島の西側、七浦海岸の辺りです。

350号線という大きな道路が通っているので、そこをメイト90でのんびり走る。
(しかしメイト90、10万キロ走っているからか全然キビキビ走らないな。。)

海が綺麗です。

P1010277.jpg

件のメイト90。
ミラーが片方しか無くて怖いんですけど。
これ違反じゃないのかな。
ゆっくり走れば良いんだっけ?
レンタルバイク屋を信じて走るしか無いんだが。

P1010282.jpg

一度宿に入り、チェックイン前だがお願いして荷物を置かせてもらった。

近くの港へ。小さな港。
でも魚の気配はプンプンします。

P1010283.jpg

様子見ってことでワームを投げてみる。

ネジワームに掛ったのは、、 何ですかこれは。
アナハゼですかね。

P1010284.jpg

辺りを偵察しつつ、チェックインの時間になったので宿に戻った。

P1010288.jpg

安い割にはいい部屋。十分です。

夕食。

P1010289.jpg

豪華!
美味い!

大満足です。

佐渡に行く人、敷島荘おすすめです。
周りには何も無いけど、金山が近いです。

ビールを呑み、一風呂浴びて再び釣りへ。
歩いて港まで行ける。素敵です。

アジ、メバルが釣れました。

P1010292.jpg

P1010295.jpg

大満足で初日終了です。

佐渡旅行(前日)

ようやく夏休みがとれた。もう晩秋ですけども。

順調に行けば数カ月後には子どもが産まれるので、しばらくのんびり旅になど出られなくなるかもしれない。
ってことで、一人旅に行くことにした。

行き先は佐渡ヶ島。

一応今年の目標の一つに「島で釣る」ってのがあったので、どうせなら前から行きたかった佐渡に行こうと。

思い立ったのは数日前。。

新幹線は高いので深夜バスを使うことにした。
深夜バスも乗ってみたかったので。

WILLERってとこで深夜バスと宿のセットがあり、結構安かったので即決。

3泊することにした。
フェリーの予約もビシッとした。

島での交通手段はどうしようかとレンタカー屋を調べたら、なんと小型バイクも貸していた。
もちろんヤマハメイト90を予約。
ローズ・レンタルってお店です。

宿、フェリー、バイクの予約、すべてネット上で完結しました。
すごい時代だなぁ。便利です。

ちなみに帰りのチケットは取らず。
片道切符。

ここまでで、気になるお値段は
深夜バス(行き)+宿2食付き3泊 27,200円
フェリー(1等ジュウタン) 3,480円
レンタルバイク(3日)+メット 11,800円

ざっと45,000円。
旅行中の昼飯、お土産、観光代、帰りの交通費も考えて、8万円もあれば良いでしょうか。
島に3泊だと考えれば、これは安い。

バスと宿のセットが安いんだな。きっと。

2011/10/27、というわけで出発。

荷物はバックパック一つに竿ケースをくくりつけて。

竿はガルプスティック8ft、リールはソアレBB30 2500HGS。
仕掛けはキス用天秤、エギ、メタルジグ、ワーム、ちょっとした浮き釣り仕掛け。
ウェストバッグに収まる程度です。

他は着替え程度なので、大した荷物にはならない。

P1010253.jpg

バスは西新宿から出ます。
都庁の近く。

深夜バスってのはもっと暗いイメージがあったけど、チェックインとか待合室とかまるで空港みたいだった。
明るくて綺麗。受付の女性も笑顔で素敵でした。

P1010257.jpg

しかし客は変わった人が多かった。

少し肌寒いのにサンダル履きとか。
でタワレコかなんかの袋を持って、ちょっと下北まで、みたいな格好の兄ちゃんがいましたね。
どこに行くんだそんな格好で、と思ったら僕の隣に座って、新潟で降りていきました。

そんな感じで旅が始まりました。