テンカラ竿を買いました

仕事上のストレスでしょうか、物欲が止まりません。

これ以上我慢すると物欲が物質化して鼻とかから出てきそうなので、いったん解消することにしました。

物欲を解消する方法は二つしかありません。

モノを買うか。
首をくくるか。

買うか死ぬかの二択です。

僕には愛嬌だけが取り柄の妻と、ようやくよちよち歩き始めた息子がおります。
いま死ぬわけにはいかんのです。
そうなると、買わざるをえない。何かを。何を?うーん、竿かなぁ。

とか何とか呟きながら嫌々仕事をし、昼休み、どうしても我慢できずに電車に飛び乗りました。

揺られること15分くらい。

上州屋渋谷店の4階で、ふむふむと竿を吟味しました。

まぁ下調べは散々してあります。
目星を付けていた「渓峰テンカラ LLS36」がありましたので、振りもせず即買です。
(たぶん振っても分からないので…)

P1020175.jpg

ちょっとピンぼけですね。高速で震えているわけではありません。

さて、この竿を選んだ理由ですが。

決め手はまず長さ。渓流で使うので33〜36です。
次に値段。2本目ということで15,000円〜20,000円
次に仕舞寸法。リュックに入る長さ、〜50cmくらいが必須です。

この段階でシマノの渓峰テンカラかダイワの燕翔ということになります。
(まぁシマノ、ダイワ、がまかつしか調べていませんが)

もともと僕は、竿はシマノ派。
ネットのレビューを見てもどちらかというとシマノの渓峰の方が好みにあっていそうです。

という訳です。はい。

しかし、さすが上州屋渋谷店、めぼしいテンカラ竿はだいたい置いてありました。

シマノの新しい竿「渓流テンカラ」もありました。
仕舞寸法が長いので候補からは外れましたが、ズーム、EVAグリップなど魅力的なスペックです。

せめて50cmに収まればなぁ…

さて、新ロッドの入魂は4月あたりか、桜が咲いたら振りに行こうと思います。

それまでに毛鉤も巻かねば…

釣り初め!

1月2日、2013年の釣り初めに行ってきました。

場所は朝霞ガーデン。
今年はテンカラでスタートです。

もちろんスーパーカブ110に乗って。

昨年末、ボーナスで購入したものの使いどころがなくてオブジェになりかけていた
ボブルビーのエアロ
というカッコイイリュックサックを背負っていきました。
脊椎も保護してくれるという優れものです。

が、形が独特なので荷物はあまり入りません…
特に長い物、渓流竿とかは無理です。

荷物はカブのカゴと荷台にいくらでも積めるので、ボブルビーにはタオルとか小物を詰めて行きました。

さて、我が家から距離にして35kmくらい、ルートとしては外環の下をひたすら走るというつまらないコースでありますが、久々のバイクはそれでも気持ちが良いもんです。

12時過ぎに朝霞ガーデン到着。
2時間くらいかかったかな。

P1020100.jpg

…寒い。
…風も強い。
…混んでる。

正月早々、みなさん頑張りますねー

初めて来たのですが、水は綺麗で魚もたくさん泳いでしました。

P1020102.jpg

しかしこちらはテンカラ。
強風なので立ち位置が限られます。

どうにか端っこを確保し、となりのルアーマンに迷惑をかけぬようひっそりと開始。

…釣れませんね。

そりゃそうです。
強風と混雑で満足にキャストできない。

それでも粘りに粘って、自作の毛鉤を使って2匹釣りました。

P1020105.jpg

3時間券を買ったのですが、寒すぎて2時間で納竿。
お土産は2尾で十分です。

近くの山田うどんで十分体を温め、同じ道を帰宅しました。

しかしポンドタイプの管釣りでテンカラというのは、いまいち面白みがありませんね。
キャストの練習、毛鉤のテストにはむしろいいかも知れないけど。

伊東で釣り納め

毎年恒例、伊東で釣り納めをしてきた。

今年の宿は「ニューますや」というビジネスホテル。
予約が遅かったので例年より少しだけ高い。
と言っても素泊まり一泊6,000円です。

さて、釣り納めとは言え僕らの目的は酒なので、釣具は最小限にとどめたい。

そんな時はパックロッド。
ガルプスティックの出番です。

その他、釣具やガスコンロ、防寒具などをリュックに詰め込み、こんな感じになりました。

P1020062.jpg

overboardというところの防水リュック。
ガルプの竿ケースを靴紐でくくりつけてある。

こいつを背負って、がらがらの電車に乗りS氏の最寄り駅で合流。
そこから車で伊東までびゅーんと音を立てて連れていってもらいました。

釣り場はなぎさ公園の横の小さな堤防。
松原堤防というらしい。
宿から近いし、ネット情報だと魚影は濃いとか。

そこで電車で来ていたY氏と合流。
3人で釣り開始です。

大荒れの予報で、釣りができるか心配だったが着いてみたら大丈夫そう。

P1020065.jpg

まずは浮き釣り。
針にオキアミを付けて先端内向きを探ります。

「堤防マキエ」という手で握って投げるタイプのコマセを使ってみた。
コマセを手で握るというだけで胃がせり上がるほどの嘔吐感ですが、そんなに強烈な臭いでもないし、3回くらい投げると慣れるものです、ヒトっていうのは。

で、しばらくやってみたがアタリがない。
気付いたらマキエを一袋使い切っていた。
普段と同じペースで撒いてはいけないみたい…

場所を移動しつつ堤防のキワを探ると、木っ端メジナがかかった。

P1020068.jpg

15cmくらいか。

場所を変え棚を変え、いろいろ試してみると、堤防の外側に(木っ端)メジナポイントがあることが判明。

一投一釣のグレ祭りとなりました。

が、木っ端など100匹釣っても意味はない。
(楽しいけど)

少し沖気味を狙ったり棚を変えたりしていたら、大物が食ってきた。
メジナとは違う、グリングリンという引き。

上がってきたのはメバル。25cmほどでした。

P1020069.jpg

浮き釣りは満足したので、今度はチョイ投げ。

二本バリに青イソメとサバの切り身を付けまして、あわよくばウツボでも釣れないかと。

えいやっと沖のテトラ付近に投げ込んだ。

竿は置き竿、待っているあいだ暇なので、ガスコンロでシシャモを焼き、ハマグリを焼き、日本酒を飲み、シシャモを食い、などなどしていたら大きなベラが釣れました。

P1020072.jpg

30cm近くあったと思うが、ベラなので測っていない。

気を取りなおして再投入。

日本酒も回った頃、もたれるような微妙なアタリ。
合わせると一瞬強く引いたが、その後はモソーッと上がってくる。
時折思い出したようにググっと引くが、またモソーッと上がる。

これは…

ウツボ先生では…

期待に胸がドキリと高鳴り、ハマグリがパカリと開き、緩めのドラグがジリリと無意味に泣きながら上がってきたのはこいつでした。

P1020075.jpg

カサゴ。28cm。
サバの切り身をひと飲み。

何だよカサゴかよ!
ウツボじゃないのかよ!

とか言いつつ笑みがこぼれます。

そんなところで釣りはお開き。

P1020084.jpg

ハマグリを食べてカップ麺をすすり、コーヒーでしめてホテルへ。

夜は居酒屋で酒。

金目の煮付け
P1020090.jpg

刺身盛り合わせ(アカヤガラってのもありました)
IMG_0798.jpg

ひゃくひろ(一般的には鯨の腸。伊東ではマンボウの腸のことらしい)
IMG_0799.jpg

その後、スナック等を巡って今年もめでたく納竿となりました。

IMG_0801.jpg