第五次ウツボ殲滅作戦

ニュースによると、相模湾の漁獲量が例年の1/3ほどであり、漁師さんが悲鳴をあげているらしい。

ソースはこちら

で、記事には「原因は黒潮の蛇行」とか書いてあります。
嘘ですこれ。
ちょっと考えれば分かりますが。
原因はウツボです。
増えすぎたウツボが原因です。

ということは、解決する方法はひとつ。
ウツボを殲滅するほかありません。

とか息巻いて電車に乗ったのはGW前半、4/26の夜でした。

電車ということで荷物はいつもより少なめ。

P1020286.jpg

安物のクーラーボックス(8リットル)が良い感じです。
安物だけあって軽い。
サイズはバイクの前かごにぴったりです。電車でも恐縮しないコンパクトさ。
保冷性はイマイチですが、まぁ今のところ保冷剤で問題なしです(釣れてない)。

23時過ぎにはS氏宅の近くに到着。
ラーメン屋で腹を作り、ビールも入って気炎を吐きつつY氏と合流。
その晩はS氏宅に泊めてもらい、翌朝5時起床。

ボールモーリアを聴きながらぶいっと葉山へ。

オオモリボートに着いたのは6時半頃でした。

快晴!

P1020288.jpg

富士山が見えます。

P1020289.jpg

が、沖の方は少し波が…

準備をしていたら、先に出ていたボートが引き返して来ました。

どうも波が高く、様子見とか…

7時半ころまで待ち、結局中止になりました…

うーむ。
最近こんなことが多いですな…

天気予報を見た限り完璧に大丈夫だと思っていた我々は途方に暮れました。
結局、たまたま僕が持っていた雑誌にのっていた堤防に行くことにしました。

一路三崎口へ。

農道に迷いこんだりして右往左往しつつ9時少し前、三戸海水浴場ちかくの「初声漁港」(はっせぎょこう)という小さな港に到着。

P1020292.jpg

内側は水深が浅すぎて先端以外は釣りになりそうにありません。
先端は釣人がいて入れないので、2mくらいの堤防をよじ登って外側に。
大きいテトラが入っているので釣り座は限られますが、潮が当たり水草が茂り、いかにもチヌが釣れそう…

適当にイソメを投げてみると、小魚につつかれるものの針がかりはせず、ただ穏やかな時間が過ぎるのみです。

近くでフカセをやっていた人は良い型のチヌ、木っ端グレを上げていました。
魚はいるみたいですね。

どうやっても釣れないので、潮が上がってきたタイミングで内側に移動。

粘りに粘ってようやくシロギスを一尾あげました。

P1020294.jpg

25cmくらいかな。

針を飲まれたのでキープしましたが、結局ネコにあげました。

釣果はこの一尾のみ…

実にのんびりした一日でした。

ウツボへの道は遠い…

悪夢の平日釣行

すっかり春ですね。
(中略)
会社を休んで釣りに行くことにしました。

もちろんテンカラ。
新ロッド「渓峰テンカラ」を買って数ヶ月、そろそろ使いたくなりまして。

場所はどこにしようかと、さんざん悩みました(5分くらい)。

うちは0メートル地帯でおなじみの葛飾区。
実は0メートルではなくてマイナスメートルですが。

とにかく東側です。

テンカラができる釣り場はもちろん山ですから、都心をブブッと走り抜けまして、西側にいかねばならない。
遠いんですね。

より大きな地図で テンカラができる管理釣り場 を表示

距離とやる気の兼ね合いで、FF中津川に行くことにしました。
養沢がベストですがウェーディングするほどやる気もないし、しかしポンドではなく流れが欲しい。
うらたんはちょっと遠い。
リバスポはウェブサイトによると大雨の影響でコンディションが悪いとか。

そんな理由で選びました。FF中津川。
初めて行きます。

さて家からFF中津川までは80kmほどありますので余裕をもって4時間、昼に着くとして8時に出れば良いのです。
良いのですが、そう計画通りに行くわけもなく家を出たのは9時すぎ。
ま、3時間券というのがありますから。何時に着いても良いのです。

スーパーカブ110に荷物を搭載。
テンカラは身軽ですね。

7リットルのクーラーボックスは前かごにぴったり入りました。
竿は二本、ガルプのケースに入れて荷台にくくりつけました。
小物類はボブルビーに入れて背負います。脊椎パッド代わりです。

P1020267.jpg

1.jpg

環七をブブッと疾走。

246に入る予定がやはり通り過ぎ、1号まで行って間違いに気付きました。(想定内)
大幅に時間をロスしつつ246まで引き返し、ひたすらブブッと。
順調に走ってFF中津川に着いたのは12時半。(ちょっと遅いけど想定内)
さてと、入り口は… 臨時休業。

臨時休業。

想定外。

まじですか…

90km走ってこの仕打ち。

ショックすぎて写真を撮り忘れました。

うむむ。

まぁ唸っていてもしょうがない。

うらたんに行くか、それとも…

そうだ。
王禅寺に行こう。

ほら、新竿の試し振りが目的なんだから。
王禅寺で良いじゃん。全然OKじゃん。

ぶつぶつと呟きながらひたすら246を戻りまして、王禅寺に着いたのは14時半。

P1020271.jpg

僕らの王禅寺は今日も穏やかです。

東電からタックルベリーが買い取ったみたいですね。
受付とか、ちょっと変わっていました。
が、いつもの王禅寺です。

まぁいろいろありましたが、おにぎりを食って釣り開始。

新竿は始め使いにくかったものの、慣れるにつれて良くなってきました。
なるほど、高いだけはある。
コツをつかんだら実に振り込みやすいです。

あと、魚が掛かってからのやりとりがしやすい。
すっと浮いてきます。

釣果自体は、まぁ王禅寺ですから。
棚さえ合えば釣れます。

ただ、1号ハリスではあんまり釣れませんでした。
それより細いハリスは0.6号しかなく、そうするとちょっと大物がかかっただけで毛鉤のアイの部分から切れてしまいます。
おかげで毛鉤を4つほどロストしました。
まぁほとんど自作毛鉤、しかも初期に作ったイマイチな毛鉤なので構いませんが。
(魚には良くないか…)

ニジマス多数。楽しめました。

P1020272.jpg

この日は結局200kmも走りました。

カブに乗り始めてちょうど5,000km。
そろそろ点検かな。

来月はうらたんか養沢に行くつもりです。