電車でテンカラ

愛車スーパーカブ110も点検から帰ってきまして、実に快調。
どこまでも走っていけるような気がします。

そういうわけで6/26(水)、突発的に有給休暇を取得して釣りに行くことにしました。

行き先は山。渓流。テンカラです。
竿を振りたくて頭がおかしくなりそうだったのです。

行き先はTOKYOトラウトカントリーに決めて、ルートを確認。
家からだと90kmくらいですね。
だいたい4時間弱と見て、8時過ぎには出発すれば午後から入れます。

…とか甘いことを考えていました。
当日の朝までは。

起きてみると雨です。
わりと本気(マジ)な雨(レイン)です。

うーむ。

息子に朝飯を食わせながら、脳の一部をフル回転させまして計画を立て直します。

まず、バイクは無理。絶対ダメ。マジレインですから。
しかし釣りには行きたい。

そうなると電車ということになります。

できればポンドではなく、本格的な渓流でテンカラロッドを振りたい。
そうなるとTOKYOトラウトカントリーか養沢毛鉤専門釣場、うらたんざわ渓流釣場あたりが候補にあがります。

その中で僕が選んだのは養沢。
行き慣れているというのが一番の理由です。
といっても2回しか行ったことはないですが…

家を出たのは8時半。
武蔵五日市に10時50分くらいに着きまして、11時の上養沢行きバスに乗ります。
事務所についたのは11時25分くらい。

午後券は12時からなのでのんびり支度をして待ちました。
雨脚は強まる一方…

12時になり受付を済ませて上流部を目指します。
バッジは10番でした。

いつもはバイクなので歩くのは初めて。
結構疲れますね…
川を見ると誰もいません。まぁ、雨ですから。

適当なところで川に下りました。西の橋か阪東橋ってポイントかと。

で、一投目でいきなりニジマスをキャッチ!
P1020396.jpg

幸先がよろしいです。

釣り上がってみましたが、その後はしばらくアタリがなく、再び橋のあたりに戻って今度は下流に。
橋の下に魚影がわんさか見えます。

そこに毛鉤を投げてみると追っかけてきます。これはオモロイ。
そのうち何匹かは咥えますが、なかなか針がかりしません。

慎重にタイミングをあわせて数尾ゲット。
全部ニジマス。

飽きたので道路に戻って、おにぎりを食べつつ上流へ。
松葉というポイントに入りました。

ここでついにヤマメゲット!
P1020401.jpg

ニジマスも数尾追加。

さてもう少し上流へ…
しかし本降りです。
P1020404.jpg

近くの早淵というところで下りました。
ここでは何とイワナゲット!
P1020407.jpg
出来すぎです。

最後にニジマスを追加して、16時納竿。
釣っている間は良いですけど、事務所に戻って一息ついたら寒い…

サービスのコーヒーが美味しかったです。
P1020409.jpg

今回は自作の毛鉤をメインで使いました。
P1020395.jpg
このビーズ付きの毛鉤がよく釣れました。
おそらく中層から底に溜まっていたんでしょうね。

このビーズはキス釣り用のガラス玉(Sサイズ)です。
小さいかなと思ったけど重すぎずキャストしやすい。

二つ巻いて二つロストしました。
10個くらい追加しとかないと…

第七次ウツボ殲滅作戦

葉山ではイワシが回ってきたりサバが釣れ出したりしているという情報をオオモリボートのサイトでゲット。

海水温もようやく上がってきたようであります。

そうなると気になるのはウツボの動向。
そろそろウツボも食いっ気が出てきているのでは。

というのも、ウツボの生態を詳しく書いているサイトなどはあまりなく、まして釣り方、釣りどきなんて分からんわけです。
なのでまぁこちらも大体の想像で、イワシが多けりゃウツボも活性上がるだろうと。

そういう訳で2013/06/08、いつものS氏、Y氏とともに葉山オオモリボートで浮かんできました。

今回はずばりウツボ狙い。
竿は二本出しますが、一本はウツボのエサのイワシ、サバなどを狙い、釣れた魚を泳がせてウツボを狙うという二刀流であります。

もちろんウツボ撲殺兵器「いちご」も装備。
これです↓
IMG_0767.jpg

ウツボが釣れたらこれで後頭部を一撃です。
一撃でご臨終なので「いちご」、というわけではありません。

計画は万端、鼻息荒くボートに乗り込み沖ブイまで曳航してもらいます。
P1020383.jpg

ベタ凪です。

釣り始めたのは7時ちょうど。

P1020386.jpg

エサ用の竿はザルツ。リールはソアレBB。
メバリングタックルですね。

ウツボ用はネオランクス船という激安ロッドに、レッドタイガーというリール。
レッドタイガー…
赤虎ですね。
トラウツボが釣れないか心配です。

エサが釣れるまでは、持参したスルメイカでウツボを狙います。

ワイヤーハリスにヒラメ針という仕掛け。
その先にスルメイカ。

葉山でこんな釣りをしているのは僕くらいではないでしょうか…

同行のY氏は早速カワハギを釣った模様。
その後もコンスタントにイワシ、サバ、シロギスなどを釣っていました。

ウィリー仕掛けのS氏も良い方のメジナをゲット。

僕のネオランクスは微動だにしません。

参ったな…
と思って仕掛けを上げてみると、8号のリーダーが切られています。
いつの間に。

そこから手を変え品を変え3時間ほど粘るものの、エサはかじられたりしても食い込まない。
思い切ってワイヤーハリスをやめて8号ハリスにしました。

するといきなり竿に反応が…
竿先がグングンと動きます。
間違いなくウツボ。

息を呑みつつ10秒ほど待って大きく合わせると。

やはり切れました。
そりゃそうです。

しかしこれでやる気がでてきました。
もしかしたら活性が上がってきたのかも知れないので、再びワイヤーハリスに戻して再投入。

すぐにアタリがあります。
一息置いて合わせると、今度はスッポ抜けました。

少し早かったようです。

そこでボートの移動があり、それからは全くアタリ無し…

ちなみにエサの竿は全然釣れませんでした。
感度は良いので魚の反応は分かりますが、毎回アタリはあるものの針がかりせず。

カワハギかフグにでもエサをつつかれていたのかな。

唯一釣れたのはこいつ。

P1020391.jpg

癒されました。

今回はエサや仕掛けを変えて、本腰を入れてウツボを狙いました。
が、なかなか釣れない。

帰宅してから反省しまして、改善点も見えてきました。
次回が楽しみです。