テンカラ用の毛鉤

テンカラ用の毛鉤は買うと高いので自分で作っています。

作り方とかはよく分からないのでネットとかで調べて、まぁこんな感じだろうと…
適当です。

それでも釣れるので良いかな。

■道具

・バイス
4000円くらいのこれ。
キャップス(Caps) クラウンロータリーバイス ぺディスタル
キャップス(Caps) クラウンロータリーバイス ぺディスタル

よく分からんけど普通に使えてます。

・ハックルプライヤー
普通のこういうやつ。数百円。
オフト(OFT) CF ハックルプライヤー イングリッシュ
オフト(OFT) CF ハックルプライヤー イングリッシュ

使い始めたら便利すぎて手放せません。

・ボビンホルダー
ちょっといいやつを買いました。
ティムコ(TIEMCO) セラミック ボビン ストレート
ティムコ(TIEMCO) セラミック ボビン ストレート

まぁ安モンでも良いかも…

・ハサミ
100均。

・ハーフヒッチャー
ボールペンの芯 …を使っていましたが今は手です。

・ヘッドセメント
アロンアルファを使っていましたが、専用品を買いました。
快適です。
ニードル付きが良いです。
キャップス(Caps) ヘッドセメント
キャップス(Caps) ヘッドセメント

■マテリアル

・スレッド
100均の糸。

・ボディ
100均の紐。

・ハックル
コックフェザントとかいうやつ。
なぜか赤(UV)を買いました。
なんか皮にいっぱいくっついてるタイプの、お徳用みたいなやつ。
1300円くらいでした。
たぶん100本分以上はあると思う。

・フック
確かがまかつ。#12です。

■で、巻きます。

バイスにフックを固定。
針先が出てると手に刺さったりして刺激的なので、針先は出ないようにしています。

まずは下巻き。
隙間が開かないように一往復。

R0012396.jpg

次はそう、ボディです。
(とか言ってよく分かっていませんが)

100均で買った手芸用の紐をこのくらい切りまして
(かなり余ったので半分くらいで良かった)

R0012397.jpg

固定します。

R0012398.jpg

余ったところはチョッキンです。

R0012400.jpg

適当にぐるぐる巻きつけて、スレッドで固定。

R0012401.jpg

お次はいよいよ… そう! ハックル!
(書くのが面倒になってきました)

余計なところをむしりまして

R0012404.jpg

こんな感じにします。
(ってネットに書いてあった)

R0012405.jpg

とめる方法はいろいろですが、僕はこうやってます。

R0012408.jpg

ハックルプライヤーで軸を挟みまして、アイ(ハリスを通す穴)の方に向けてぐるぐるぐるぐる…

R0012412.jpg

ちょっとずらしながら、ぐるぐるぐるぐるぐるるるる…(実際は3回くらいです)

R0012413.jpg

軸をスレッドで固定し、余った軸をチョッキン!

R0012415.jpg

あとはスレッドで思う存分ぐるぐるぐるるるー

R0012416.jpg

ハーフヒッチを3回ほど、ヘッドセメントを垂らして完成です。

簡単ですね。

結構釣れます。

養沢までバイク釣行

毎日酷暑続きです…
こんな時は渓流につかってヒンヤリしたいところ。

というわけで養沢に行くことにしました。

前日は会社を休みまして、毛鉤を巻いたりヘルメットを新調したりしました。
(そのために休んだわけではありませんが)

で、8/17の早朝5時半、スーパーカブ110にまたがりまして出発。
長距離&たぶん道が空いていて国道が高速化しているので、ボブルビーを背負っていきました。
脊椎パッド代わりです。

荷物も入って便利(それが本来の使い方)ですが、ちょっとかさばるのが玉に瑕。
普通に脊椎&胸パッドを装着して、荷物は荷台に積めば良いのでは、と今さら思っています。

まぁカッコイイし、いろいろ便利なので良いのですが。

さて、葛飾区から環七、所沢を回って横田基地の横を通り、養沢毛鉤専門釣場に着いたのは7時半くらい。
2時間ちょっとの快適ツーリングでした。
早朝は涼しいし道も空いていました。やはり国道は高速道路化していました…

朝はやっぱり涼しかったです。

P1020483.jpg

バイクで移動しつつ、ちょいちょいと竿を振ります。
水量少なめで結構渋いです。
しかもハチがいたりして… ハチは大の苦手なんです。

午前中は2尾キャッチ、バラシは5くらいか。

P1020484.jpg

お昼は蕎麦を食いました。
ざる蕎麦600円。

P1020486.jpg

美味しかったです。

あと野菜てんぷらも頼みましたが、急いでいたので写真はないです。
500円でボリューム満点。

お昼からはY氏も参戦。

一緒にぼつぼつと釣りました。

どうでも良いですが初めてバイクで二人乗りをしました。
カブ、結構走りますね。

結局ヤマメは釣れず。
午後はニジマス5尾くらいかな。
バラシは多数…

P1020488.jpg

ちょっと攻めすぎたのか、毛鉤を5個以上ロストしました…

次回は沈む毛鉤を用意していこうと思います。
あとハックルの色が赤一色というのも…

あと、やっぱり暑かったです。
ウェーディングシューズとゲートルってのがいいかも知れません。
いわゆるウェットウェーディングってやつですか。

それとベストは便利だけど暑い…

早速ランヤードを作りました。

第八次ウツボ殲滅作戦

「8月は暑いからボートはやめましょう。川にしましょう」
「無論」
「当たり前」
「失礼、言うに及ばぬことでした」

などと言っていたのですが、オオモリボートが水中映像を公開しまして。

葉山・オオモリボート沖ブイ(ハナダイ)

水温が上がってきたせいか、海の中は賑やかです。
これを見たらウズウズと…

我慢できずに8/10、ボート釣りに行くことにしました。

そしたら記録的な酷暑です。
まぁあれです、異常気象を呼ぶ釣り師ですから、それくらい想定内です。

それより緊急地震速報が日本の半分位で鳴り響いたのには焦りました。
誤報で良かった…

そんなこんなで、前日深夜にS氏邸に集合。あ、同行者はS氏とY氏です。
寝酒のハイボールを頂いて1時過ぎに就寝です。

当日は5時前に起きまして、若干寝不足ながら気合を入れて葉山へ。

6時過ぎには到着しました。
ベタ凪。

P1020471.jpg

6時半には沖に曳かれて行きました。

P1020474.jpg

僕は今回もウツボ狙い。
海の中が賑やかなので、今回こそ釣れるはず。

タックルは

■ウツボタックル
竿:ネオランクス船 50-180
 タックルベリーで2,000円でした。
リール:レッドタイガー 100
 キャスティングで4,000円。
 PE1.5号が巻いてあってお得です。
リーダー:フロロ4号
キス用天びんにオモリ12号
その先に細めのワイヤーハリス
針は環付のヒラメ針
エサはスーパーで買ったイワシ(6尾98円)。

P1020477.jpg

もう一本は…

■キスタックル
竿:ザルツT762M
リール:ソアレBB30 2000HGS
リーダー:フロロ4号
完全にメバリングタックルですね。
リーダーに中通しオモリ5号を通し、サルカンを挟んでハリス1.7号、キス針。
エサはアオイソメです。

チョイ投げでキスなどを狙いつつウツボを待つ作戦です。

さて7時ころ釣り始めて、キス用に早速アタリ。
感度が良いのでプルプルと楽しいです。

P1020482.jpg

20cm弱のキュウセン。
活性高そうです。期待大。

とか言っていたらいきなりウツボタックルにアタリが…!

グングンと竿先が引きこまれます。
大きくアワセて、ゴリ巻き。

現れたのはウツボ!
…ですが、スレでした。というか尻尾に針がかり。

焦って写真は取れませんでした。
どうすんのどうすんの、とアタフタしていたら外れました。

ほっと胸を撫で下ろしましたが、うねるウツボを見ていたら何だか気持ち悪く…
まぁ船酔いですね。

薬は飲みましたが効きが遅いのか弱いのか、とにかく気持ちが悪い。
薬をもう一つ追加で飲んで、しばらく寝釣り…

横になるといくらかムカつきも落ち着き、穏やかな揺れが眠気を誘います。
寝不足です故。

で、ついうとうととしてしまい、なぜか息子と遊ぶ夢を見ていたら「ガタッ!」と変な音。
見るとロッドキーパーが外れかけ、ウツボ竿が海中に引き込まれそうになっています!

いざ鎌倉! 葉山だけど!
胸のムカつきはどこへやら、一気に戦闘態勢です。
そう、今は作戦中。ウツボ殲滅作戦の真っ最中でした。

とにかく竿を握り、力任せに巻き上げます。
根に入られたら終わりです。

ワイヤーハリスなのでかなり強引に、ドラグはきつきつです。

何度か突っ込まれ、おや?ウツボってこんなに走るかなぁ、と訝しがりつつ必死で巻き上げ。
…が、もう少しのところでフッと軽くなりました。

見ると天びんから先がありません。
4号ハリスと天びんの結束部から切れていました。
一番弱いところですね…
確かにここが弱いかなぁと思っていたのですが。
ウツボは重いだけでそんなに走らないから良いかと思っていたのでした。

不安は解消して臨まないとダメですね。
ウツボ以外が掛かるかもしれないんだし。

ワイヤーハリスは無くなったので8号ハリスにしました。

さて、大勝負に完敗したところで再び寝釣りです。
そろそろ昼かなぁと思ったらまだ9時でした。

うつらうつらと、大変のんびりします。
二つ目の酔い止めも効いてきたようです。

イワシエサが尽きたので、S氏にサバを釣ってもらいました。
ウィリーでいくらでも釣れるらしいです。
もらったサバをぶつ切りにして使いました。

なんか、そんなやりとりも含めて平和だなぁ。
と思っていたら竿がぐんぐんと。

合わせるといかにもウツボ、しかも小さいウツボの引きです。
で、釣れました。

P1020479.jpg

結ばっていますが、れっきとしたウツボです。
でも小さいですね。

こんなサイズが2尾ほど釣れました。
キープしようかどうしようか、迷っているうちに逃げていきました。

途中、潮が川のように流れ始め、そうなるとウツボは釣れません。
キス狙いの方も底が取れずイマイチ。

潮が緩んできてから、再びポツポツと釣れ始めました。

北枕。

P1020480.jpg

トラギス。

P1020478.jpg

あ、あとメタルジグでシイラを釣りました。

そんな感じで14時に納竿。

今回学んだのは
・ウツボタックルは過剰なほど太仕掛けで。
・掛ったら糸を出さない。
・エサを現場で調達できると可。
・ランディング時は針を外そうとしない。ハリスごと切る。
 あとネットが必要…
・酔い止めは早め多めに。

S氏はウィリーなどでキアジ、サバ、ウツボ、カワハギなど多数。
Y氏はシイラ、カワハギ、巨大クサフグ、オオモンハタ(?)など。

暑くて疲れましたが、釣れたので良かったです。
実は9月のほうが水温が高いらしいので、まだまだ期待できます。