勝浦釣りツーリング

9月18日、外房は勝浦までバイク釣行に行ってきた。

というのも、前回の今井浜スナック釣行に向けてオキアミを買ったのだが、台風の予報で釣りは出来ぬと判断し(結局やったけど)、冷凍庫に仕舞ったままだったのだ。

我が家の冷凍庫は子供(1歳)のご飯用の野菜ストックなどでいっぱい。
俺のオキアミなど本来ならば見つけしだい生ゴミとされてもおかしくないのだが、少し頭を下げて置かせてもらっているのだ。

あと「堤防マキエ」というお手軽な撒き餌も買ってあり、こちらは物置部屋にて怪しい存在感を放ち続けている。

とにかくエサを消費したい。
その一念で海釣りに行くことにした。半ば強迫観念である。

さて、ガルプスティックとソアレBB30、それにちょっとした仕掛けとエサをカブに積み、出発したのは9時半ころだった。
(息子を保育園に送ってからなので遅い)

14号を行くのが最短距離だがいつも混んでいる。
今回は渋滞を避けるべく、16号を行ってみることにした。
上側をぐるっと回って渋滞を回避しようという魂胆。

これが見事に失敗で、勝浦に着いたのは13時過ぎ。
3時間半もかかったのだ。

まぁしょうがない。

サンデーでアオイソメを購入した。

海は穏やか。
天気も良くて実にのんびりしている。

P1020556.jpg

まずは浮き釣りから。
堤防マキエを素手で撒くと小魚がわんさか集まってくる。
が、エサのオキアミには食ってこない。
食ってきてもアタリは取れない。

こりゃだめだ、と撒き餌を適当に撒いて浮き釣りは終了。

続いていわゆるブッコミ釣り開始。
ガルプスティックの8ftには5号くらいのオモリが良いみたいです。個人的には。
エサはアオイソメ。

早速ぶるぶるとアタリがあり、小さなカワハギが釣れた。

P1020558.jpg

小さい。実に小さい。
このサイズは沢山釣れた。
最大は15cmくらいで、そうなるとヒキも楽しめた。

他にはチャリコ(マダイの稚魚)、ササノハベラ(?)、キタマクラ、カイワリ。

P1020560.jpg

P1020563.jpg

P1020565.jpg

P1020566.jpg

チャリコはさすがにマダイの子、小さいくせによくひいた。

P1020568.jpg

18時ころまで粘ったがアジは釣れなかった。(実はアジ狙いでした)

ネコも暇そうだった。

周りで投げサビキをやっている人たちは、夕まづめに小サバ大量、たまにアジという感じで楽しんでいました。

帰りは真っ暗。
周りの車はビュンビュン飛ばすし、寒いし、ほうほうの体で帰宅した。

今井浜釣り旅行

9月15、16日と、東伊豆の今井浜という場所に旅行してきた。

大田区にあるスナックの店員と常連による毎年恒例の旅行に、なぜか葛飾区在住の俺(もちろん常連じゃない)が呼ばれたのだった。

去年の御宿旅行、その前の熱海旅行も呼ばれていて、いったいどういう訳だろうと思っていたのだが、どうやらこの旅行は「釣り旅行」という名目らしく、であれば釣りの分かるアドバイザーが必要だろうと俺にお声がかかったようだ。
ということが今回判明した。

さて、旅行の部分は釣りとは関係ないので省略する。(といっても釣りはほんの少ししかしていない)

15日の昼すぎに宿に到着。
今井浜の「見高港」という小さな港の近く。
宿でひと休みし、15時ころ歩いて見高港に行った。

あ、同行者はS氏、スナックのマスター、客2名。

天気は晴れでもなく雨でもなく、ずばり「台風」である。

P1020525.jpg

P1020526.jpg

港内は大丈夫かと思ったが、小さい港なので波を防ぎきれておらず、ここでの釣りは断念。

速やかにインターネットで検索しまして(便利だな)、となりの稲取港に車で移動した。
10分ほどで新堤防に到着。

こちらは大きな港なので、港内は台風など微塵も感じさせない穏やかさ。

P1020531.jpg

防波堤ってすごいですねー

ではここで釣りましょう、という事になり近くの釣り餌屋でオキアミを購入。
アオイソメは売っていなかった。

実のことをいうと俺は釣具を一切持って行かなかった。
だって台風だもん、釣りなんかできるとは思わないですよ。

なのでS氏にトラギアを借りました。
適当なヘチ釣り仕掛けを作って釣り開始。

早速釣れたのはこいつ。

P1020536.jpg

キタマクラ(大)。

他にはスズメダイ

P1020537.jpg

キタマクラ(小)

P1020538.jpg

シマダイ(ですかね。模様がちょっと微妙ですが…)

P1020539.jpg

写真は取っていないけどネンブツダイも釣れた。

アタリは毎回あるものの、オキアミだと針がかりしない。

17時ころ、いよいよ天気が悪くなってきたので撤収。

まさか釣りができるとは思わなかったので楽しめただけ良しとします。