初釣り(本番)

この前まで義母が泊まりに来ておりまして、それが一泊や二泊ではありませんでした。
(まぁ三泊なのですが)

息子の面倒をみてもらえるので楽な面もありますが、少々息が詰まる。
で、仕事がちょっと楽になったこの隙をついて、息抜きに釣りに行くことにしました。
平日釣行です。平日なので一人釣行です。

どこに行こうか何を釣ろうかと考えた末、テンカラに行くことにしました。
天気も良いしバイクでうらたん方面へ。

朝は保育園業務がありますので、どうしても9時ころの出発になります。
(そのかわり帰りは少々遅くなっても良いのです。義母がおりますので)

とりあえずバイクを走らせて、渋滞などで時間がかかってしまったら早戸川、中津川と近くに変更することも可能です。

そういうわけで1/23、9時に家を出ました。
寒すぎたのかスパーカブ110は若干の異音を出しましたが、しばらくして順調に。
オイルが冷えすぎたのでしょうか。

14号、六本木通り、246と走ります。
やはり渋谷付近が混んでいて、多摩川を超えたのは11時過ぎだったと思います。

12時から釣ろうと思ったら最寄りのFF中津川しかありません。
とりあえず向かってみました。

で、12時ころには着いたのですが…
あそこってほぼポンドなのですね。もっとストリームかと思っていましたが。

ここまで遠出してポンドはなぁ…

ということで、1時間プラスしてリヴァスポット早戸に行くことにしました。
大英断です。

山道をグングンと走ります。

途中、民家と小川のあいだの細い道を通りますが、そのあたりから所々道が凍結していました。
何とか通れましたが。

リヴァスポット早戸に着いたのは13時少し前。

P1020680.jpg

日が当たっているところは結構暖かいのですが、日陰は真冬です。

P1020684.jpg

釣り人はちらほら。
空いていて快適です。

ホットカフェオレを飲み、のんびり準備して13時過ぎに釣り始めました。

ロッドはシマノの渓峰テンカラ。LLS36です。
長くて柔らかいやつです。

道糸4号(サンスイのやつ)にハリスは0.8号。
毛鉤は自作のビーズヘッドです。
渋そうなのでウェイト入りにしました。

思ったとおりベタ底に張り付いていて、毛鉤を沈めてゆっくり流すとどうにか釣れました。

P1020686.jpg

今年もニジマスで幕開けです。

その後、場所を移動しつつポツポツと飽きない程度に釣りました。
それにしても渋い。
道糸が少し引かれる程度の微妙なアタリです。
それをビシッと合わせるのも気持良いのですが、表層で魚が反転する姿も見たくなります。

基本的にはゆるい流れなのですが、場所によっては結構速く流れています。
そこに毛鉤を流してみると、流れの終わりでアタリがあります。

重点的に狙うと、毛鉤が着水直後、ヒラリと魚が反転。
反射的に竿を立てるとがっちり掛かりました。

これですよ。これ。
テンカラってこれが良いんですよね。

その場所は、場所が良いのか時合だったのか、投げれば釣れる大爆釣でした。
毛鉤のハックルが半分ほど取れてもお構いなし。
ビーズヘッドが良かったのでしょうか、ばんばんアタリました。

気持ち良いですね。

40cm近い大物をあげたところで、16時になりましたので撤収です。
(暗くなると凍結した山道が怖いので)

大変よい初釣りとなりました。

しかし渓峰テンカラ、いい竿ですね。
振り込みやすいし、少々大きな魚が掛かっても余裕です。

でもちょっと長いんだよな…
養沢用に3.0mの金剛が欲しくなってきました。

初釣りのリハーサル

2014年の釣果を占う初釣りは、オオモリボートの真鯛釣りに決めました。

1/12(祝)、3連休の真ん中を狙いまして、いつものS氏Y氏と葉山に向かいます。
いつもと違うのは意気込みばかりではありません。

仕掛けが違う。
前回書きましたところの、手釣りの道具を持参いたしました。

手でマダイ。
思えば遠くに来たもんです。

俺はなぜこんな釣りをやっているのだ、という疑問は30年後にじっくり考えるとして、今はとにかく手でマダイです。

ところが当日の朝、どうも風の具合が良くない。
ボート屋に電話で問い合せてみると、出ることは出るが、早上がりだろうと。

うーむとひとしきり唸りまして、今回はボートには乗らないことに。
残念ですがしょうがない。
自然相手ですから。

で、どこに行こうかと考えた末、お手軽に海釣り公園に行こうという事になりました。

本牧海釣り施設へ。

P1020676.jpg

開場前に着いたのに結構並んでいました…

ぞろぞろと釣り場へ。

P1020677.jpg

とりあえずチョイ投げしてみます。

P1020679.jpg

が、全く釣れず…

かなり混んでいましたが、周りもほとんど釣れていませんでした。

柔らかい蕎麦を食って12時ころにおしまい。

ファミレスで大量のパスタを食って帰りました…

これはちょっと初釣りには入れられません。
リハーサルということにしました。

よーし、初釣りがんばるぞー

明けましておめでとうございます

■全国のうつぼファンの皆さま、明けましておめでとうございます。
(遅いですね)

■さて、早速ですが今年の目標をここに書いて自らを追い込もうと思います。

今年の目標はズバリ、鯛を釣る!です。
鯛と言ってもネンブツダイとかじゃなくてですね、マダイです。
マダイの50cmくらいのやつを釣り上げてやろうと。

ボート釣りもかれこれ3年くらいやっていますので、そろそろ勝手が分かってきました。
そこでいよいよマダイを狙おうと思ったわけです。

あ、うつぼ釣りはもうやめました。
(いや、多分気晴らしにやると思いますが)

■で、釣りというのは「何を釣るか」と同じくらい、いやそれ以上に「どうやって釣るか」が大事なわけです。
というかそれこそが釣りの面白みでして、大げさに言うと「自分はどうなりたいのか」ということですね。
そこを想像して、妄想して、理想に近づくというのが面白いところだと考えています。

■そういうわけで、僕が思う対マダイ装備を釣具屋で購入および自作しました。

■まずはこれ

P1020663.jpg

うむ。
凧上げではありません。
手釣り用の糸巻きです。

竿でもマダイを釣ったことが無いのに、手で釣ろうというのです。
もはや狂気ですね。

釣りに限らず、僕はミニマムでシンプルな道具立てを好みますので、竿が要らないのではないかと思えば手で釣るのは当然の帰結であります。

■これに巻く道糸は

P1020672.jpg

手釣り用の道糸。
よつあみのスーパートップ1・5・10という、テトロン製の糸です。
(と書いていても何のことかよく分かっていませんが…)

いろいろ調べたらテトロン製が良かろうとのことで、マーカーが一番小刻みなやつを選びました。
太さは12号。これは勘です。
これ以上細いと多分絡んだり扱いにくそうで、太いと潮の影響を受けそう、という考えです。
が、手釣りなどやったことないしテトロンのラインは見たこともないので、本当にただの勘です。はい。

先ほどの枠に糸を巻くとこうなります。

IMG_1324.jpg

巻くのは一苦労でした…

道糸の先にはリーダーとして8号のフロロを2mくらい付けました。

■その先には自作の天びん。

買うと高い天びんは自作です。

太さは1mm、長さ50cmのステンレス棒を釣具屋で購入しまして、100均で買ったワイヤー用のペンチでグリグリと曲げたり巻いたりしました。

IMG_1328.jpg

道糸側。
ワイヤーを折り曲げてタコ糸でグルグルと固定。解けないように接着剤(は無かったので毛鉤用のヘッドセメント)で固めました。
IMG_1330.jpg

見た目はイマイチですが強度は大丈夫そうです。
数をこなせば綺麗にできるのではないかと。

オモリ付けるところはプラスドライバーに巻きつけてグリグリとうまいことやりました。
IMG_1329.jpg

ハリス側。
IMG_1331.jpg

サルカンとか含めて1本40円くらいでできます。

よく分からないながらもこだわったのは、A4サイズに収めることです。
クリアファイルとかに挟めれば都合が良かろうと。

■カゴはサニーカゴスリムを採用。
何となくスリムなところがかっこ良いと思いまして。

IMG_1327.jpg

これにオモリ30号をくっつけて、ハリスは4号と2.5号をテーパーにして、針はグレ針7号くらいかな。
全部あれです、勘です。

■あと忘れてはならないのが指サック。
手釣りなんて、想像しただけで手が痛くなります。

釣具屋で釣り用の指サック購入。
P1020668.jpg

サイズは大です。

なぜ「大」かと言うと、軍手をするからですね。
指サックだけでは心配なので、対切創の軍手を着用しまして、その上から指サックをしようということです。

軍手はこちら。

P1020659.jpg

キョウリョキング、ではありません。
ゴウリキングです。

P1020660.jpg

見た目は普通の軍手ですが、繊維がすごいらしいです。

ひととおり付けるとこんな感じになりました。

P1020670.jpg

■以上の仕掛けで、今年は真鯛ゲットです。

あ、念のためリールにもマーカー付きのPEを巻きました…
激安ライン。

P1020666.jpg

あとは釣るばかりですね。

わくわくです。