久々のボート釣り

3/22、今年初のオオモリボートに乗ってきました。

前日に予約していたのですが、シケで出られないとのこと。
その日はフィッシングショーに行くことにして、翌日に予定変更しました。

臨機応変というやつです。

同行者はS氏とY氏。
例のごとくS氏のお宅に泊めてもらい、朝5時半ころに出発です。

長者ヶ崎に着いたのは7時少し前。

富士山がきれいに見えていました。

P1020738.jpg

まだ風が残っているらしく、少しうねりがありました。

P1020739.jpg

沖ブイまでブイッと曳航してもらいます。

P1020742.jpg

今回はマダイ狙い。

竿はネオランクス船
リールはレッドタイガー
ここまではウツボ釣りと変わりません。

今回はレッドタイガーにマーカー付きのPE(激安)を巻きまして、そこに8号のリーダー、自作天びん。
サニーカゴスリムに25号のオモリ。
ハリスは4号3m+2.5号3m。
針はグレ針7号くらい。

そんな感じで、ネットで調べて自分なりにマダイ仕掛けを作ってみました。

まぁコマセカゴとハリス、針が的外れでなければ、竿とかリールとかは何でも良いと思うんですけどね。
要はコマセが付け餌と同調し、魚の目の前にあれば良いわけです。多分。

しかしそれだけでは飽きそうなので、五目釣り用の仕掛けも用意しました。

いつものザルツ+ソアレBBです。
このタックル、実に応用が効いて良いです。

釣り始めると、マダイ仕掛けの方は底付近ではエサ取りの猛攻。
棚を上げるとエサはかじられたり残ったり。

タイがいるのかどうなのかよく分かりません。
しかしまずはセオリーどおり、エサの残るタナを探り続けます。

五目タックルはキス用仕掛けで広範囲を探り、8時半ころベラが釣れました。

P1020744.jpg

その後もベラを一尾追加。

10時半ころ、ズシッとしたアタリがあり、ゴリゴリ巻き上げるとカサゴでした。

P1020746.jpg

26cmほど。

その後はアタリも遠のき、なぜか船酔いしたりして。

13時半、波が出てきたので少し早上がりとなりました。

この日の釣り、始めは波が高くて釣りづらかったのですが、やがておさまりベタ凪になりました。
そのあと再び波が高くなり早上がり。
ギリギリ釣りができたという感じで、釣果はいまいちでしたが釣りができただけでも良かったです。
(とかヌルイこと言ってるから上手くならないんだよな…)

カサゴはキープして美味しくいただきました。
が、卵を持っていました。逃してやれば良かった…

慣れたら手釣りもやるつもりです。
アタリが取りやすのではないかと思っています。
やったことないから分かりませんが。

テンカラロッドでフグ釣り

カブにiPhoneホルダーを付けたので、ちょっと遠出したくなりました。

海釣りは荷物が多くて気合が必要なので、できればテンカラが良い。
ですが、奥多摩やうらたん方面はまだ雪が残っているらしいです。

いろいろと調べたところ、千葉のダム湖でブルーギルがテンカラで釣れるらしいという真偽不明の情報を得ました。

嘘か本当か分かりませんが、まぁツーリングがメインなので釣れなくても良いかと。

息子を保育園に預けまして、10時すぎに家を出ました。
快晴で暑いくらいです。

USB電源は壊れて外したので、モバイルバッテリーを繋ぎました。

P1020726.jpg

60km強、2時間半かけて高滝湖に到着。
例のごとく船橋付近が渋滞していました。

P1020723.jpg

テンカラ竿を振ってみましたが、まったく魚の気配がない。
鳥はいますが…

20分くらいで見切りをつけ、海まで出ることにしました。

場所は行きなれた興津。

1時間弱で到着しました。
こういうときナビって便利ですね。

P1020727.jpg

釣具屋で針、ガン玉、玉浮き、浮き止め、オキアミを購入。
テンカラ竿で浮き釣りです。

一投目から浮きが沈みます。

P1020729.jpg

クサフグたん。

海で釣った今年初のお魚はフグでした。

その後もフグが面白いように釣れますが、まぁあんまり面白くありません。
飽きます。

で、手を変え品を変え釣れたのがメゴチです。

P1020730.jpg

その後はフグ多数、メゴチ一尾。

17時過ぎに納竿です。

まずまず楽しめました。

帰りは異常に寒かったです。

カブにiPhoneとUSB電源を付けました

大島に行こうとしたら記録的な大雪が降ったりして、宿もフェリーもキャンセル…

仕方ないので釣り用バイクであるスーパーカブ110(JA07です)にiPhoneホルダーを付けました。
釣りに行くたびに道を間違えるので、ナビとして使おうというわけです。

さらにUSB電源を付けました。
防水性が心配でしたが、まぁ雨降ったら使わなければ良いかと。

iPhoneホルダーですが、カブはバーハンドルではないので工夫する必要があります。
ショートバーをミラーと共締めしてそこにスマホホルダーを付けるのが定番ですね。

ですが、僕のカブはウィンドウシールド(いわゆる風防)がついていますのでその方法では多分うまく行きません。

なんか良いパーツ無いかなぁとバイク屋に行ってみると、ありました。

アーム方式です。

振動でブレるんじゃないかと心配でしたが衝動買い。

早速付けてみました。

P1020711.jpg

風防のステーに共締めしてみました。

まぁ何とか使えそうです。

軽く走ったところ、低速ではかなりぶれますが走りだすと気になりません。
そもそも走っているときは一瞬しか見ないので、ブレとかあんまり関係ないかも…

スマホには良くなさそうですけどね。
あと落下が心配なので、ストラップをステーにくぐらせて引っ掛けるようにしました。

さて、お次はUSB電源です。

こちらも何種類か方法があります。

まず電源自体は「電源くん」という、小林製薬かウシジマくんみたいなネーミングのものを購入しました。

中身はこんな感じです。

P1020693.jpg

本体、両面テープ、電源分岐用のクリップ、USBのケーブル。

クリップを使うと簡単ですが、配線にキズをつけることになるので何か嫌です。
なのでバッテリー付近のアクセサリ電源からとることにしました。

そのためにはカブラーが必要です。
HM090型の4極ってやつらしいです。
たぶんオスだけで良いはずですが、バイク屋には単品では売っていませんでした。
セットだと800円くらい。ちょっと高いです…
単品だと300円くらいらしいです。

P1020697.jpg

さて、取り付けです。

カブのカバーをバキバキと外します。

P1020698.jpg

シート下のカバーを外すとバッテリーがお目見えします。

P1020699.jpg

真ん中の赤いカプラーが何にも使われていないアクセサリ電源。

黒青がプラスです。

P1020701.jpg

配線の位置を確認し、カプラーに「電源くん」のプラスを差し込みまして合体です。

P1020702.jpg

ギボシを付けるのに手間取りました… 慣れていないもので。

マイナスはバッテリー直結です。

P1020705.jpg

コードをまとめて

P1020708.jpg

ここから出しました。

P1020710.jpg

あ、カブのカバーを付ける前に通電の確認をしました。

キーONでiPhoneに充電されまして、ばっちりOKです。

でカバーを取り付けて、試しに近くのマックまでダブルチーズバーガーを食べに行きました。

そしたら、壊れました。

はい。

充電されなくなりました。

そういうわけで、アマゾンに返品です…

がっかり。