うらたんバイク釣行2014

拙ブログによりますと、うらたんに初めて行ったのはちょうど2年前らしいです。

その時もバイクでしたが、たしか大雨に降られたのでした。
増水して大変だった記憶があります。
その時は仲間と3人でした。

さて、今回はオオモリボートがシケで出られないということで、急遽僕一人でうらたんに行ってきました。
もちろんバイク釣行です。

天気予報は、基本的には晴れ。たまに雨。みたいな感じでした。
まぁ雨は覚悟の上です。

この時期のバイク釣行できついのは渋滞と暑さです。
その二つを避けるため早朝に出ることにしました。

早朝と言っても5時ころになりましたが…

IMG_1594.jpg

やはり涼しいし、道も空いています。

iPhoneでYahooのカーナビを使いました。
なんかよく分からない道を案内されましたが、確かに早かった気が。
8時過ぎに着。

90kmくらいの道を3時間強で着きました。

IMG_1595.jpg

釣り人はちらほら。

今回は新しい道糸と毛鉤を試しました。

道糸はグリーンを使っていたのですが、周りに緑が多いと少し見にくかったのです。
それだけ魚に警戒心を与えないということだと思いますが、試しに蛍光イエローのラインを買ってみました。
(買ったのは4号です)

毛鉤はボディにピーコックハールを巻いてみただけです。
何となく虫っぽくなりました(写真は撮り忘れました)。

さっそく釣り始めますが、結構渋いです。
というか勝手を忘れていて、食う流れを読みきれません。
溜まっている所に打ってもあんまり意味ないんですよね…

流れに乗せてみるとヒット。
元気なニジです。

P1020819.jpg

その後ポツポツとニジマスを釣り、上流に行ってみることにしました。

が、全く釣れず…

しかも川を渡れず早々に断念です。
ヒップウェーダーだとダメなんでしょうか。それとも下手なだけかな…
ウェーダーに水が入ってしまったのでスニーカーに履き替え、中流でのんびり遊ぶことを決意。

昼頃、やけに釣れる流れを見つけて爆釣しました。
どうしたのかなぁと毛鉤を見てみると、ボディがほつれていい具合になっていました。

P1020821.jpg

ピーコックハールがほどけて虫の足みたいですね。
これが良かったのかな…

毛鉤ロストと共に爆釣タイムは終わり、その後はまたポツポツという具合。

Uターンラッシュで混みそうなので15時前に納竿です。

ニジマスだけでしたが、30くらいだったと思います。
楽しめました。

帰りはやはり雨に降られましたが、むしろ涼しくて快適でした。

IMG_1595.jpg

アナカリスが抜けないように

金魚がアナカリスを抜いてしまうんですね。

葉っぱをかじった勢いで抜けることもあれば、尻尾でソイルを巻きあげてしまうこともあるみたいです。

調べたところ、対策としてはオモリをつけて埋め込むのが良いらしい。
オモリは水草専用のものが何種類か出ていますね。

自作するなら、適当な陶器とかセラミックの何かをくくりつければ良いかと。
鉛のおもりは賛否両論でよく分かりません…

で、僕も最初は市販のオモリを付けて沈めようと思っていたのですが、買いに行くタイミングがない。
考えた末、ステンレスの棒を使うことにしました。

釣りの天びんを自作するときに使う、ステンレスの棒です。
釣具屋さんで売っています。

DSC_7123.jpg

アナカリスをトリミングがてら、タコ糸で3本ずつ束にします。生育することを見越して緩めに。

DSC_7124.jpg

そしてタコ糸にステンレスの棒を通します。

DSC_7126.jpg

棒の部分をソイルに埋め込めば、抜けることはなかろうと(多分)。

肝心の、埋めた後の写真を撮り忘れました。
まぁ、普通に植わっているだけです…

一週間経ちましたが、ソイルが巻き上がられてタコ糸の部分が露出することはあっても抜けはしないです。

あとはモスを何とか共存させたいな…