釣り場探し

2020/06/08 Mon 3-minute read

近所で魚を釣りたいです

市川市の自宅から、できれば県境をまたがずに行ける釣り場はないだろうかとGoogle Mapを眺めたところ、船橋とか白井あたりに小さい川がいくつかあるのを発見。

小物釣りを始めるまでは気にも留めなかったような川ですが、意外と魚がいるかもなあと思い、一度考え始めると「もしかして意外すぎて誰も知らない超穴場だったりして」と妄想は広がる一方。こうしてはおれん、とバイクにまたがって調査に行ってきました。

6/7(日)の9時半頃に家を出て、まず向かったのは新京成「滝不動」駅の東を流れる川。

木戸川

到着して見たら「木戸川」と書いてありました。ですが浅すぎてダメ。

地図を見つつ、アンデルセン公園の南あたりまで遡ってみました。

周りは田んぼ、小高い山もあり実にのどかな風景。

どうにか釣りになるかと思い竿を出しましたが、やはり流れが早すぎてダメ。

すると見かねた地元のおじさんが「良いところあるよ」と耳元で囁きます。なんか怪しいです。怪しすぎて面白そうなので着いていきました。

川を少し遡り、草むらを分け入って現れたポイントはなるほど良さそうです。そこだけ深くなっているようで流れがゆるんでいます。

「ここ、魚がいっぱいいるから」とおじさん。

確かに魚が溜まっていそうだな思ったら

「ここでコイが20匹くらい泳いでるの見たから」

ずこーっ。コイですか…。

「ハリスは?1号?2号」と聞かれたので、小さい声で「…0.3号です」と答え、ついでに「すみません」となぜか謝ってしまいました。

おじさんもがっかりした様子で「…あぁ。0.3号かあ。まあ頑張って」と言い残して去っていきました。

コイは怖いですが、足元の少し浅くなっているところなら大丈夫だろうとエサを投入。良い感じのゆるい流れ、しかししばらくやってもアタリはないので次の場所へ。

ここは次回じっくりやってみようと思います。

二重川、大津川

お次は県立白井高の南を流れる「二重川」に行って見ました。

こちらは川自体は良い雰囲気でしたが、道から川に降りられる場所が見つからず断念。

続いて「六実駅」近くの「大津川」に向かいます。

ちょっと水が臭うのでいまいち…。

地図を見ながら遡っていくと良さそうな場所を発見しました。

足場がとても良いです。でもここまで来るなら手賀沼で良いかも…。

ここでは少し竿を出しました。竿教室があるのでほんの少しだけ。雰囲気は良かったです。

結局…

竿教室の後に柳原水閘付近〜坂川親水公園で竿を出しました。

で、以前目をつけていた溜池でマブナ爆釣。自転車で行ける距離でした。

池もいいですが、できれば小川みたいな場所で釣りたいなあ。

【今回の釣果】
マブナ 20尾

【今年の釣果】
金魚 20尾くらい
クチボソ 34尾
テナガエビ 21尾
ニゴイ 1尾
ヌマチチブ 15尾
ブルーギル 28尾
マブナ 28尾
ミシシッピアカミミガメ 2尾