柳瀬川でオイカワ&某ポイントでタナゴ

2021/05/18 Tue 3-minute read

柳瀬川へ

5/15、以前からやりたいと思っていたオイカワのフライフィッシングを試しました。
釣行先は多摩川と迷って、結局「柳瀬川」に決定。単に近い(高速代が安い)からです。多摩川の方が魚影が濃いみたいですが今回はお試しということで。

9時少し前に家を出て、バイクで外環を疾走。コンビニに寄ったりして10時過ぎに到着です。金山緑地公園の少し上流。

小魚が跳ねていて期待大です。

このために自作したフライロッドに超小型フライリール(1,000円くらい)を装着。ラインは1番です。

フライは自作の#18。小さすぎてうまく巻けず、かなり適当です。

早速釣り始めますが、まったく釣れず…。
少し下流まで歩いて探りましたが2回だけつつかれたのみ。どうも大きな魚はいないようです。

お昼頃まで釣って金山緑地公園に移動。

ここでも反応なく、少し上流の空堀川に行ってみました。が、こちらは工事中で水がありません…。
せっかくなので辺りを偵察して今回のオイカワ釣りは断念しました。
だいたいのポイントは分かったので梅雨明けに再チャレンジしてみます。
その前に多摩川にも行ってみたいです。

某川へ

さて、オイカワはどうせ釣れないだろうと思いフナ釣りの道具も用意してありました。
某川で小鮒にでも慰めてもらうことにします。

少し混み気味な外環を走って、到着したのは16時半。

向かっている途中に気づいていたのですが暴風です。
でもまあクチボソくらいは釣れるだろうと、エサをコネコネして五尺で釣り開始。

下流にかなり流れていますが風は逆に上流方向に暴風。釣りにくいです。エサは無くなりますが食われているのか流れてしまったのか分かりません。というか水面が波打っていてアタリが取れません。

それでも意地で釣りつづけ、50分近く経ってようやくウキが沈みます。

で、釣れたのはタナゴ。

クチボソで良いかと思っていたのですっかり上機嫌です。
写真をよく見ると口に掛かっていませんが、そんなことには気づかないほど上機嫌でした。

釣れたタナゴに「仲間の居場所を教えたら命だけは助けてやる」とタナ語で凄んでみたところ「もう少し下流側にいるでやんす…」とやはりタナ語で答えたので、言う通り下流に流したら2尾追加。(疲れすぎて頭がおかしくなっていたようです)

18時、時間切れで納竿です。

オイカワは残念ながら釣れませんでしたが、想定外のタナゴか釣れて良い一日でした。

【今日の釣果】
タナゴ 3尾

【今年の釣果】
アマダイ 1尾
イワシ 1尾
金魚 6尾
クチボソ 17尾
クロダイ 1尾
鯉 7尾
タナゴ 3尾
トラギス 3尾
トラフグ 1尾
ニジマス 36尾
ヒメコダイ 2尾
ヘラブナ 1尾
マブナ 8尾
ムシガレイ 2尾
ヤマメ 1尾
ワカサギ 7尾