ひとりBBQ

 5/5は何の日だ。

 こどもの日?

 ばか。

 そんなの当たり前でしょ。

 5月5日は「ぎょぎょの日」と勝手にこじつけ、漁業に行くことにした。
 管理釣り場へ。王禅寺。

 いつもと違うのは、リュックに飯ごうと飯、金串と塩が入っていることだ。
 釣った魚を持って多摩川河川敷に行き、飯ごうで飯を炊き、魚を焼いて食おうと。
 そういう魂胆。

 王禅寺に着いたのは10時頃。
 大混雑だ。

 GW最終日。親子連れが沸いていた。

 いつものMIX池は餌池となり、逆にいつも餌池である4番がMIX池となっていた。
 早速釣り始めたが、全く釣れない。反応が無い。

 子どもは周りを走り回り、よく分からない素人が大騒ぎであり、日差しは猛烈で、ああ辛い、生きるって辛い。
 最悪、餌釣りで何匹か釣って、早いところ多摩川に移動しよう。

 と思っていたらポツポツと釣れ始めた。
 でも、まぁ渋い。

 何とか2尾キープ。

 電車で多摩川に移動し、河川敷に向かう途中で木炭3kgと水2リットル購入。
 あわせて5kg。重い。

 ひーひー言いながら河川敷へ。

 こちらも大混雑。
 トランスとかハウスとかいうジャンルの音楽が鳴っている。
 うへぇ、と思った。

 とりあえず腰を落ち着けて火を起こすか、と場所を探すと、誰かが消し忘れた炭がある。
 これは、あれだな、危ないな。
 炭が消えていないのに気付かず踏んでしまったら、これは大火傷だ。
 大変危険だ。

 消すか。

 いや、もらうか。

 火を起こすのが億劫に思っていた僕は、誰かが消し忘れた火をありがたく頂くことにした。
 購入した炭を追加してあっという間に火が大きくなった。

 で、飯ごうを火にかけた。
 炊き方なんて知らないから適当。

unZhQXBHUvaT6kTwBQWN-051d5ff5.jpg

 吹いてきたら蓋の上に石を乗っけた。
 確かそうするのだ。うっすらとした知識だ。

 程よき頃合で(感覚重視)飯ごうを火から外してひっくり返す。
 蒸らす訳ですね。多分。

 その間にニジマスを串刺しにし、塩をばっと振って火にかけた。
 遠火キープ。

Pu3wYgEKiOVmYPmVjKtP-e35e1851.jpg

 焼きあがった頃合で(感覚重視)飯ごうの蓋を開け、食事開始。

 周りはトランスやハウスであり、飯ごうは見たところ僕だけだ。
 周りはBBQ、僕はサバイバルの様相。

 まぁ、悪くない。

 飯は硬かったが、魚はとても美味かった。

 次は燻製に挑戦しよう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。