バイク新調

2010/12/10 Fri 2-minute read

 バイクで釣りに行くというのは実に気持ちが良い。

 トコトコと風を切り、思う場所で竿を出し、何なら移動し、またトコトコと帰ってくる。

「癒し」は釣りのほんの一部の要素だが、バイク釣行はそれだけで十分癒しになる。

 釣果は関係ないような気がする。

 ま、ツーリングも兼ねてるしなぁ。

 問題は荷物がそれほど積めないことと、長距離は疲れるという事か。

 僕が乗っていたズーマーは、見た目ほど荷物を積めない。足下に置くくらいか。

 スクーターなので楽ではあるが、原付なのでスピードも出せず疲れる。

 最寄りの管釣りまでなら何とかなるけれども。

 というわけで一念発起、バイクの免許(小型w)を取得してバイクを買ったのだ。

 むろんスーパーカブ。110cc。

 釣りのためなのだからこれ以外は考えられない。

Pf7uAmja4LTO2RJ9SXXj-2791e7d9.jpg

 納車したその日に箱を装備。

 荷物もばっちり積める。

 早速、近くの管釣りに行ってきた。

 箱に荷物を詰めてみると、余裕で積める。

 竿はちょっと心配だったのでリュックに入れて運ぶ事にしたけれど。

ZhmbUFAMuzxtwYkRGixw-b41f708e.jpg

 さて走ってみると。

 さすが排気量が2.2倍になっただけのことはある。

 スピードも出せるし楽だ。

 エンジンの振動も心地よい。

 釣果はいつもどおり。

 テンカラで爆釣だった。

 ちょっと反則気味だが、毛鉤を沈めて探るようにアクションを付けるといくらでも釣れる。

 だったらフライで良いだろう、と思うのだけれども。

 ちょっと寒くなってきたが、やっぱりバイク釣行は良いものだと思った。