ビーズヘッド毛鉤とやらを巻きました

前回、養沢で激シブだったとき「毛鉤を沈められればなぁ」と痛感しまして、早速ウェイト入りを巻くことにした。

インターネットでポチクリと調べたところ、方法としては3種類あるらしい。

真鍮やタングステンのビーズヘッドを使う方法。
銅線や鉛線(レッドワイヤーとかコパーワイヤーとか言うらしい)を鉤に巻きつける方法。
ガン玉とかを鉤に付ける方法。

それぞれを適当に組み合わせたりすることもあるらしい。

なるほど。ふむふむ。
で、そのビーズヘッドとかワイヤーとか、なんぼでんねん。
と再びインターネットでポチクリ調べると、眼球が噴出するほど高い。
まぁワイヤーはそれほどでもないけど、ビーズヘッドとやら。異常に高い。

そりゃそうだ。
今や外交の切り札の一つ、レアメタルの代表格であるタングステンですから。
つか、そんなもん釣りに使うなよと思ったりもするが。

とにかく高い。

…金色なら良いんじゃねぇの?プラッチックとかでも。

うん良いよ。と、どこか遠くから聞こえてきたので、手芸屋でプラッチックのビーズを買った。
1個1円くらいのやつを500円分、つまり500個買った。そんなに要らんけど。
サイズは覚えていないけど3mmくらいかな。鉤のカーブが通るように穴が大きいやつ。

プラッチックだけでは沈まないかもしれないので、ワイヤーも巻くことにした。
こちらも手芸屋で。100円くらいの真鍮ワイヤーを購入。
太さは0.29mmと書いてあった。

テレビのアンテナ線とかをバラしてゲットする方法もあるらしい。

で、ひたすら巻き巻き。
ワイヤーの巻き方とか全然知らないけど、そこは持ち前の適当さで巻き巻き。

R0012426.jpg

ハックルを2種類重ねてみた。

R0012422.jpg

逆さ毛鉤も巻いた。

R0012424.jpg

敢えてワイヤーを巻かずに。

R0012431.jpg

黒いボディは100均の糸。
赤いボディは釣具屋で買った補修糸。(一番細いやつ)

早く使いたい…

ヤマメのシーズンは終わりましたが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。