テンカラ@養沢毛鉤専用釣場

8月23日、養沢までバイク釣行してきました。
久々のテンカラです。

4時過ぎに家を出て、外環の下をひたすら走りました。
埼玉でゲリラ豪雨に遭遇しつつ、7時過ぎには到着。
距離は95kmでした。

準備をしていたらちょうどY氏がバスで到着。
事務所下から釣り上がることにしました。

今回はいわゆるウェットウェーディングと言うのをやってみました。

今まではヒップウェーダーだったのですが、膝のあたりまで水深があるとちょっと怖かったんですね。
ウェーダーの中に水がどばっと入るんじゃないかとか。
あと水の抵抗を結構受けるし、ブーツの部分が固くて歩きにくいというのもありました。
(これは単に安物だからですが)

というわけで、沢靴+ハーフパンツ+タイツのスタイルに変更です。
靴はいろいろ検討した結果、足袋にしました。

これ。

○キャラバン 00345・渓流シューズ タビ

○キャラバン 00345・渓流シューズ タビ
価格:7,192円(税込、送料別)

試着したかったのでお店で買いました。
ついでに靴下も買いました。
足袋のサイズがぴったり目だったので一番薄い靴下にしたのですが、それでも厚い。
沢登用なので保温とかクッション性とか考えているんだと思います多分。

タイツはこちら。

Columbia(コロンビア) スクリップスラーンチタイツ Men’s L 010(BLACK PATT) PM4266

Columbia(コロンビア) スクリップスラーンチタイツ Men’s L 010(BLACK PATT) PM4266
価格:4,471円(税込、送料別)

ハーフパンツは家にあったGETTのやつです。
カーゴパンツみたいなやつで、ポケットがいっぱいあるので道具(毛鉤、カメラ、ライン類)は全てポケットに入れました。

タオルとハサミ、フォーセップ、折りたたみタモは腰にぶら下げました。
あと飲み物などはトレラン用の小さいリュックに入れて背負いました。
かなり身軽。

渓流タビは歩きやすく、川を渡るのも楽ちんです。

肝心の釣果ですが、いまいちでした…

午前中はわずか2尾。

25cmくらいのニジマス。
P1020957.jpg

15cmくらいのヤマメ、、、じゃなくてニジマス。
P1020960.jpg

途中の蕎麦屋で蕎麦の大盛り、あと野菜天ぷらをY氏と半分ずつ食べました。
美味かったです。天ぷらはボリュームもあるし、衣がさくさくで美味。

午後はぱたぱたと2尾釣れて、そこで精神力が尽きました。

P1020962.jpg

P1020963.jpg

気づいたら「高橋」というポイントまで登っていて、帰りは下りとはいえ大変でした。

厚手の靴下が裏目に出まして大変キツい。
川にいるうちは暖かいし岩の衝撃を和らげてくれますが、アスファルトをひたすら下るとつま先の辺りが圧迫されて堪りません。

しかたなく靴下を脱いだところ、今度は靴ずれが発生。
拷問の如き帰路でありました。

事務所に戻ったのが16時ころだったかな、コーヒーを飲んで靴をはきかえ、事務所下でまったり釣りました。
2度ほどバラして納竿。

厳しい釣りでありました。

帰りは小雨。
ナビ代わりのiPhoneはジップロックに入れました。
USBソケットはちょうどレッグガードの裏なので、走っていると全く濡れません。

P1020966.jpg

自作の毛鉤は、ハックルが柔らかすぎてイマイチな気がしました。
べちゃっと潰れてしまう感じがして。
次回はコックサドルを巻いてみようと思います。

「テンカラ@養沢毛鉤専用釣場」への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。