市川シュリンピック

深夜開催です

東京オリンピックは一年延期とのことなので、代わりに市川シュリンピックを個人的に開催しています。

ようするにテナガエビ釣りなのですが、夜の江戸川でひとり釣りをしていると心細いし、ちょっと離れたところでは若者が火を囲んで騒いでいたりして物騒だし、そもそも釣れないし、という三重苦に負けそうな気持ちになります。

そんなとき「これは競技だ、闘いだ、敵はエビか?騒いでる輩か?いや己だ!自分の弱い心だっ!」とかなんとか、ブツブツと言いながら釣りをしているというわけです。騒いでる若者なんかより僕の方がよっぽど不審者ですね。

釣れません

で、5/7の夜にもシュリンピックを開催。

江戸川の橋の下に行くも、潮が引いていて釣りにならず。水門ポイントへ移動しました。
テトラの間をヘッドライトで照らすと、もじもじ歩くエビが見えます。これは期待大。
しかしすぐにピョコンと逃げてしまいます。ライトに驚いてしまうんですね。
かといってライトを消すと真っ暗で何も見えません。

仕方ないので、エサの投入まではライトで照らし、仕掛けがなじんだらライトをずらしてウキがかすかに見える程度にします。

何度かアタリらしきものがありますが掛からず。ようやく掛かったのはお馴染みのダボハゼ君でした。がっくり。この日はこれ一尾のみ。

やっと釣れました

5/9の夜、再びシュリンピックです。この日は潮もよく、橋の下ポイントで竿を出しました。

エサは相変わらず、残った冷凍ロールイカ。
投入すると明らかにダボ氏とは異なるアタリです。で、すぐに釣れました。

なかなかのサイズ。エビはやっぱりいい引きですねー
しかしあとが続かす。この一尾のみでした。でも満足です。
気持ち的にはシュリンピック優勝です。金銀胴、総なめといって良いでしょう。

ちなみに5/11の夜にも出陣。エサは「いかくん」を試してみました。
アタリはあるものの釣れたのはダボ一尾のみ。いかくん、ダメか…。

今晩あたり、塩こんぶを試してみようと思います。
ミミズを掘っていけば良いのですが、どうもミミズをちぎるのに抵抗がありまして…。アオイソメはいくらでもちぎれるのですが。慣れの問題でしょうか。

【今回の釣果】
テナガエビ 1尾
ヌマチチブ 2尾

【今年の釣果】
金魚 20尾くらい
クチボソ 29尾
テナガエビ 1尾
ニゴイ 1尾
ヌマチチブ 11尾
ブルーギル 1尾
マブナ 8尾

「市川シュリンピック」への2件の返信

    • 確かに、この前シーフードミックスのエビを使ったらよくアタリました。
      ちょうど泥吐かせ中に死んでしまったテナガがあるので、次回はテナガでテナガを釣ってみます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。