塩っ気

 そういえば今年に入って、まだしょっぱい魚を釣っていない。
 塩っ気が足りんのです。
 鯛… とまでは言わんまでも、アジ、イワシ、もう何でもいいから釣りたいんです。塩っぽいのを。

 そんな話を釣り仲間であるところのS氏に、嗚咽交じりに訴えたところ、ならば行こう、すぐ行こう、今週末行こう、とトントン拍子。

 3/20土曜日の1時、S氏宅の最寄り駅に僕とY氏が集まった。

 みんな眼がギラリとしている。
 釣る、絶対釣る。しょっぱいやつ、絶対釣る。
 眼がそう語っている。

 僕は前日、干物用の網を購入していた。
 あんまり釣れちゃって食べ切れない場合、干しておけば保存がきくのだ。
 先人たちの大いなる知恵なのだ。

 S氏は天然塩などの調味料を用意済みだという。

 Y氏は多分、眠気を我慢しているのだろう。

 三者三様、それぞれの事情で眼を血走らせ、熱い思いを胸に車に乗り込んだ。

 深夜の道は恐ろしいほどに空いている。
 わずか2時間半、あっという間に油壺の釣具屋に着いた。

フィッシングスクール グラント

↑ここで餌を調達し、城ヶ島に渡る予定だ。

 だんごでお馴染みであるが、僕はふつうにコマセ用のオキアミを買った。
 S氏はだんごを買った。
 Y氏はなぜか青イソメを買った。

 釣具屋のおっちゃんに聞くと、今日は風が強いから城ヶ島では釣りにならんぞ、油壺マリンパークの脇から磯に降りられっから、そこで釣りたまえよ、とのこと。

 地元のおっちゃんが言うなら間違いなかろう。
 地図を描いてもらい、予定変更、マリンパークの脇から降りてみた。

 後に調べたところ、「導寸墓下」ってとこらしい。

 時刻は丑三つ時。泣く子も寝ている3時くらい。

 真っ暗です。

 が、こいつのお陰で足元も安全。
 すげーの買っちまった。。

 
GENTOS(ジェントス) ヘッドウォーズ プロ HW-767H

 で、昼頃まで釣って、釣果は1匹/人。

 僕はフカセで20cm弱の海タナゴ、Y氏は磯で寝つつ20cmのフグをイソメで、そしてS氏はおっちゃん一押しのだんごで20cmほどのメジナ。

 型は小さいとはいえ、メジナ。
 良いなぁ。

 帰りに三崎でマグロを食い、家に着いたのは16時頃。

 貧果と疲労で気絶寸前の僕は、ふらふらと飲み屋に出かけて痛飲した。
 やけっぱちだ。

 今年最初の天然魚が海タナゴなんて……

 S氏は翌日、メジナを干物にしたらしい。

 良いなぁ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。