カツオニング

 7月19日に内浦という場所に釣りに行ったのだ。
 
 狙いは鯵。
 鯵というのは味が良いから鯵という名前になった、というくらい味が良い。
 美味い魚なのだ。
 
 
 僕はもともとフカセから釣りを初め、ターゲットはメジナであった。
 外房でメジナを釣っていると鯵が釣れすぎて参ったことがある。
 
 鯵というのは群れで回っているので、一度釣れ出すと止まらないのだ。
 ちっ、また鯵かよ、なんつってポイポイとリリースしていた。
 
 贅沢、あまりに贅沢な話である。
 
 
 30歳を超え、嫁をもらい、ある程度落ち着いた生活を始めると思うのだ。
 鯵、食いたい。と。
 
 
 前置きが長くなったが、沼津の近く、内浦に鯵を釣りに行ったのだ。
 
 メンバーはいつものS氏、Y氏に加え、I氏も参加。計4名で竿を出すことになった。
 
 18日(土)の終電でS氏の最寄り駅へ。
 S氏の安全かつ迅速な運転で、内浦には3時ころに着いた。
 
 暗いうちはメバルロッドにアオイソで堤防際を攻めた。
 ネンブツダイが釣れるばかりであった。

BMiaeezjZecStWhPj6T7-5b9f2e74.jpg

 
 夜明け少し前から、内浦港の長い堤防の外側に向かって竿を出した。
 
 
 僕はどうしても鯵が食いたい(釣りたいというより、食いたい。嫁にも食わせたい)という思いであったので、まずはサビキをした。
 生粋のフカセ師である僕の師匠に言わせれば、サビキはオンナ子どものする釣りらしい。
 
 まぁ僕はまだ子どもであるからサビキも良かろう。と。
 
 で、早速釣れたのは15cmほどの鯖。
 鯖かよ。
 
 まぁ、鯖も美味いけれども。
 
 念のために1尾だけキープした。

Uf5zHQe2dE5hmON9hDMG-1f6c8c9f.jpg

 

 しかしサビキというのはどうも性に合わぬ。
 早々にフカセへ移行。
 
 
 すると、30cmくらいの魚が釣れた。
「うわぁ、良い鯖が釣れたー」と少しく興奮。(実はマルソーダだった)
 30cmともなると引きが楽しいのだ。
 でも僕らは鯵狙いである。鯖だか鰹だか知らぬが、そんなものは外道なのだ。
 
 でも念のために1尾キープ。

tjfpDNm4RjmE7Gv3xT8m-fa980182.jpg

 

 
 突然、素人のI氏がサビキで鯵を釣った。
 10cmに満たない。
 
 念のため、これもキープした。
 それほど鯵に飢えていたのだった。
 
3SPNJt4JLiSDaKDDBeoN-abf33ee9.jpg

 

 
 10cm未満の鯵に色めき立ち、いよいよ鯵が釣れ出すだろう、と楽観しておったのだがそれ以降鯵は来なかった。
 
 明るくなって風が吹き出し、釣り難いので堤防の内側に移動。
 
 冗談のつもりで撒き餌を撒いていると、マルソーダが狂喜乱舞。
 マルソーダがいくらでも釣れるという状況になってしまった。
 
 
 趣向を変えてワームを投げてみると何かがかかる。
 なかなか良い引き。
 
 上げてみると、なんと。
 
 マルソーダだった。
 
 ワームで釣れるんだなぁ。
 
 その後はベラ的な何かが釣れた以外、マルソーダのみだった。
 
 昼前には納竿。
 
 
 まぁ、マルソーダも食ったら美味かったが。
 ニンニク炒め、なまり節を作った。
 
 
 鯵と鯖は塩焼き。
 いずれも美味かった。