城ヶ島でちょっと本気釣り

 9月26日(日)、いよいよ夏休みも最終日。
 城ヶ島に釣りに行った。
 
 
 本当ならば前々日に行く予定だったが台風が来たのだ。
 そう、僕が釣りに行くと異常気象が起きるのだった。油断していた。
 
 
 で、日曜日に何とか天気も回復、S氏の車で城ヶ島へ。
 着いたのは12時頃だったか。
 
 島の餌屋でオキアミ、アミエビ、集魚材を買い、駐車場近くの磯場に釣り座を構えた。

 

 
 足下は根が至る所にあり、潮もよれていて釣り難いが、入れそうで釣れそうな場所はそこしかなかった。
 昼からなので仕方が無い。
 
 撒き餌を撒き仕掛けを溝に沿って流すようにすると、すぐアタリが。
 
 上げてみるとアイゴだった。

U3XAjJt3HZPVSYxTveB3-29b48b8a.jpg

 

 20cmちょっと。
 食ってみようかと思ったが、ヒレを切るハサミがないのでリリースした。
 
 アイゴはまだ食ったことが無い。
 
 
 魚がいることは分かったが、風はあまり無いもののたまに波が足下まで這い上がってくる。
 外洋がまだ荒れているのか
 
 実に磯らしい雰囲気だが、バッカンが流されてはかなわない。
 
 裏側の穏やかな磯に移動。
 
 
 が、小イワシが沸いていて全く釣りにならない。
 
 のんびりとゆで卵を食べたりした。
 
 
 
 荒れていた方の磯が気になり戻ってみると、少し凪いで来たようで、何とか釣りになりそうだった。
 
 急いで撒き餌を撒き、仕掛けを投入。
 根掛かり覚悟で溝の底を流す。
 
 と、オハグロベラが掛かった。

AgUsUDiv9QTycmYkCTaf-0470554c.jpg

 
 タナを少し下げ、もう一度流すとウキがぐんと引き込まれる。
 やっときた。

LP8ANJXu7uimvbCe9GxK-bed27118.jpg

 

 小さいがメジナだ。
 
 
 再び波が上がって来たので撤退。
 
 
 磯場を後にし、岸壁に移動した。
 
 足場も潮通しも良い。
 磯場より釣れるかもしれない。
 
 
 潮目がころころ変わって少し釣りづらいけれども、何とか小メジナ1尾。
 シマダイも何尾か。

4K9kJHyDOtJBzmejUYLM-4fe412ef.jpg

 
 暗くなって来てからはヘチでネンブツダイ祭り。
 
r5bJhxzfkoEHpdz5ck6h-81433f67.jpg

 

 結局ネンブツに癒されて終わった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。