那須でファミリーフィッシング

家族旅行です

去年は豪勢に北海道3泊旅行に行き、財布はおろか銀行口座まですっからかんになった我が家。(洞爺湖での小物釣りはとても面白かったのですが)

今年は近場で済まそうということになり、那須2泊旅行に行ってきました。
というかいつの間にか夏の家族旅行が恒例になりつつあります。困ったものです。

何とか釣りをねじ込みました

ホテル周辺には渓流はあるものの、気軽に竿を出せる場所がなかったので今年は釣りは無しかと諦めていました。

しかし、初日のチェックイン前に少し時間が余ることが判明。
速攻で調べて、ホテルまでの道中にある釣堀を発見。もうこの際お魚が釣れれば何でも良いのです。

そういった経緯で、8/27に那須渓流パークというところへ行ってきました。

釣りだけではありません

正直、釣りだけだったら他にもいくつか良い場所はあったのですが、子どもとかみさんを楽しませなければならないのでこの場所を選びました。

というのも、釣りの他にアトラクションなどがあるのですね。

駐車場から見下ろしたところ。

釣堀と、奥に滑り台や水上ボールのプールが見えます。真ん中に見える小屋でお食事がとれます。
写真のうしろ側にはゴーカートなども。

まずは息子がどうしてもやりたいというので魚のつかみ取りを。

10分1,000円。塩焼き1尾付き。
しかしまあ取れませんよ。これは3人とかで囲んで追い込まないと取れません。

塩焼きが美味かったので買取方式の釣堀で6尾だけ釣ることにしました。
調理代込みで1尾500〜円。調子に乗って釣りまくると旅行初日で素寒貧です。

この釣堀、餌を入れると秒で釣れます。6尾釣るのに5分とかかりません。写真を撮る暇もないです。というか僕が釣るまでもなく、息子が6尾釣ってしまいました。しかもよく数えたら7尾でした。

3尾を唐揚げ、4尾を塩焼きにしてもらい、待っている間に水上ボールなど。

魚を食った後は芝ソリ。

あ、おれ釣りしてない…

何だか物足りないと思ったら、僕は釣りをしていませんでした。

買取方式ではないキャッチアンドリリースの釣堀も別にあるようなので、そちらで1時間だけ釣りをすることにしました。
息子もやりたいというので仕方なく一緒に。かみさんは眠いから車で寝ると言って去って行きました。

C&R方式の釣堀は案内板に「釣れません」と書いてあるほどで、先ほどの秒速釣堀とは違ってかなり渋いです。

しかしエサの付け方や合わせのタイミングをうまくすれば、それほど釣れないというわけではありません。

息子は1時間で4尾。アタリは多数。
最初はエサ付けを僕がやっていましたが、最後の10分ほどはエサ付けから自分でやり、快心の1尾を釣っていました。釣りにはまったらどうしよう…。

そんなわけで僕は最後に2投だけ…。
でも1キャッチ1バラシ。ちゃんとやったら10尾は釣れたかなという感じです。

しかし普段釣りをやらない人にしてみたら、かなり難しいかもしれません。

ちなみにエサは

例のクサい練り餌です…。指先が半日は臭い続けます。

そんな感じでどうにか魚の引きを感じられたので、あと2日間は家族サービスに徹しました…。

【今回の釣果】
イワナ 1尾

【今年の釣果】
イワナ 1尾
ボラ 1尾
オイカワ 7尾
テナガエビ 1尾
ブルーギル 7尾
ザリガニ 1尾
ニジマス 17尾
クチボソ 132尾
ウグイ 1尾
マハゼ 2尾
金魚 2尾
マブナ 20尾
タナゴ 3尾
シロギス 12尾
イトヒキハゼ 1尾
小サバ 〜30尾
トラギス 1尾
ヒイラギ 1尾
アジ 2尾
ダルマカレイ 1尾
カタクチイワシ 5尾
メゴチ 1尾
ダイナンウミヘビ 1尾
ヘラブナ 1尾

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。