リヴァスポット早戸でテンカラ&ルアー

9/3(日)にリヴァスポット早戸まで行ってきました。

今回の目的は自作スピナーの確認です。6月末に作ったので、2ヶ月以上経ってようやく使ってみたわけですね。

ちなみに作ったのはこんなやつ↓

作り方はこちら→ スピナー製作

 

ルアー釣りはほとんどやったことがないので、何となくゆるそうで、かつ近場の管釣りってことでリヴァスポを選びました。近いと行っても80kmはありますが…

 

もちろんテンカラのタックル(別誂金剛11号)も持っていきました。
さて当日、朝5時半にCRF250Lにまたがって出発です。道は空いていました。首都高、中央道と快適に走り、相模原ICで下りました。GSに寄って2時間弱で到着。

 

道は空いていましたがリヴァスポは混んでいました…

 

空いている場所に何とか入って、8時ころ釣り開始。

早速自作スピナーのチェックです。

 

意気揚々とキャストしますが、ブレードが回らず… ピクリともしません。幾つか作った中の3つまで試しましたがどれもダメでした。でもなぜかアタリはありました…

底に溜まっているニジマスがちょっかいを出してきているみたいです。

 

試しに市販品を投げてみました。こちらはブレードがよく回ります。流石ですね。やはりアタリもあります。が、こちらもヒットまでは至らず。
30分ほどで飽きたのでテンカラへ。早速1尾ヒットです。

 

20cmほどです。やっぱり魚が掛かると楽しいですね。

しかし余り釣れません。

 

そういえば、底の方に溜まっているやつがスピナーにアタックしてきたのでした。大昔に作ったビーズヘッドもどきを沈めてみることにしました。

なぜ「もどき」かというと、使っているビーズが毛鉤用のブラス製などではなく、手芸用のプラスチックビーズなのですね。まぁこちらもビーズには違いないのですが…

 

そのビーズヘッドを使いまして、上流の流れ込みから道糸ごと沈める感じでポイントに送り込むと、ぽつぽつと釣れました。しかも大物が多かったです。

 

35cmくらい。
使っていたのが0.6号ハリスなのでハリス切れが多発しました。寄せるところまでは良いのですが、取り込みやリリースの際にテンションがかかって切れてしまいます。あと沈めるとアワセが遅れてしまい、大物がビーズごと丸呑みしている場合が多かったのも原因です。これは今後の課題です。

 

ビーズヘッドが無くなったので一休み。他に空いている場所を探しました。ちょうど移動した人がいたのでそこに入ります。橋を渡った先にある右側、木の下です。
ここ、たしか以前も爆釣したところです。今回もよく釣れました。木から落ちてくる虫とかを待っているのでしょうか。

 

最小記録も出ました。

 

10cmくらいの、おそらくニジマスの稚魚です。アワセたら後ろに飛んでいきました。
そうだ、飛んでいったと言えば、20cmほどの元気なニジマスが釣れたとき。取り込みでまごまごしてたらリリーサを尻尾で弾かれまして、水の中に飛んでいってしまったのでした。竿とネットで何とか回収しましたが恥ずかしかったです。

 

そんな感じで、13時までで15尾。3尾/時ですね。かなり駄目な成績です。

しかしこの管釣りでそんなに頑張ろうという気も起こらず…

 

 

腹が減ったので昼食にしました。初めてレストランに入ってみました。

カツカレー850円を注文。特にうまくもまずくもなく。腹は満たされました。なんか厨房でおばさんが他のおばさんを大声で叱責しているのが聞こえて、嫌な感じでした…

 

腹も釣りもだいたい満足した感じですが、なんとなくダラダラ釣りを続けました。40cmほどの大物が掛かりましたがやはりバラしたりなどして。
飯の後は結局0尾でした。

15時ころ納竿です。

 

帰りはカーナビに従ったら首都高のC2(地下)を走らされました。延々と続くトンネル内は暑いし空気が悪いし、辟易です。

2時間強で帰宅。どっと疲れました。

 

今回の課題。
スピナーの改良(しないかも)。
ビーズヘッドが結構使えるかも。
取り込みやリリースを的確に。

 

しかしリバスポ、カップルが多かったなぁ。スカートのワンピースを着ている女性がいたのには驚きました。それでも全く問題ないですけどね。次回からは大人しくうらたんに行くことにします…

 

 

【今回の釣果】

ニジマス15尾

 

【今年の釣果】

クサフグ1尾

チャリコ1尾

イシモチ10尾

ハゼ1尾

ヤマメ5尾

ニジマス48尾

ウマヅラハギ2尾

ワカサギ32尾

シロギス9尾

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。