みさと公園で悲劇

いつものようにみさと公園へ

3/21、祝日です。気温はかなり上がって夜明け前でも10度近くあるようです。
しかも大潮、釣れる気しかしません。(潮は関係ないかも)

というわけでバイクに乗ってみさと公園へ。
5時頃到着です。

釣り開始

5時45分頃が夜明けだそうで、5時はまだ真っ暗。
やはりそれほど寒くないです。

釣り始めてしばらくするとアタリ。

ぽってりしたクチボソ。癒されます。
予想通り活性は高く、次々とクチボソが釣れます。

もしかして今季初の真鮒が釣れるかも。自作の竿でフナを釣るのは初めてです。(金魚は除く)

そして悲劇が

6時頃、それまでとは違うアタリへ反射的にアワセると、ずっしりと重みを感じます。

たまらず椅子から立ち上がり魚の動きに合わせて移動。
この巨大魚、果たして上がるのだろうかと思いましたが、竿を寝かせると穂先が抜けそうです。
とりあえず竿を立てて、運が良ければ上がってくるし悪ければハリスが切れるか、と。
竿を見てみると実に綺麗に曲がっています。これが竹竿ですか、と惚れ惚れするような曲がりぶり。
魚は特に走ることもなく、ぐりんぐりんと体をくねらせています。

と、竿が抜けました。
見ると穂先ではなく、手元から先がありません。

先の三節が池の中、ゆっくり離れて行きます。
とっさに池に手を突っ込み、竿を回収。その時ハリスが切れたようで、魚は逃げて行きました。残念ながら魚体を確認することはできませんでした……

しかし手元から抜けるのは解せないなあと確認すると、ざっくりと折れていました……

しばらく茫然自失です。

冷静になって考えると、竿を立ててやりとりした自分も悪いとはいえ、一番悪いのは、竿を折った一番の責任者は、くだんの巨大魚に他なりません。こうなったら何としても釣り上げて甘露煮にして食ってやります。(冷静になっていない)

その後もしばらく釣りましたが、魚が散ったのか僕の集中力が散ったのか、あまり釣れずに時間切れ。

いやー、やるせない気持ちです。
でも魚に折られたのは本望です。みさと公園、いろいろあって面白いな。

シーズン前に折られてしまった不遇の初号機ですが、できれば修理して使い続けたいですね。ダメなら息子のザリガニ竿にでもして余生を送ってもらいます。

【今回の釣果】
クチボソ 14尾

【今年の釣果】
ニジマス 17尾
クチボソ 50尾
ウグイ 1尾
マハゼ 2尾
金魚 2尾


「みさと公園で悲劇」への2件の返信

  1. こんばんは、Kです。大変な災難でしたね。
    怪魚はたぶん白い巨鯉だと思います。タナゴ修行でクチボソを釣っているときに寄ってきたことがあります。すごい迫力でしたよ。

    • こんにちは。災難です。。。 これから真鮒シーズンだというのに。。。 しかもまだ一匹もまともな真鮒を釣っていないうちに折られてしまいました。
      僕も鯉だと思っていたのですが、先生曰く巨大な真鮒だそうで笑 だったら本望かと。早めに修理してリベンジしたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。