たなご館に行きました

2018/05/01 Tue 2-minute read

釣りがしたいということで

GW二日目の4/29、かみさんが出かけたので息子と二人で出かけようかと。ついでなので釣りもしたいところです。

しかし市ヶ谷はこの前行ったばかりだし、どこか新しいところは無いかなあと考え、そういえば「たなご館」というたなご専門釣り堀がオープンしたとツイッターで見かけたのを思い出しました。

すげーちっちゃい魚を釣りに行かないか、と息子に言うと興味を持ったので、行き先はたなご館に決定です。 実は僕もたなご釣りは初めてですが、結構簡単に釣れるのではと思っていました。このときは…

ひたすらチャリ

電車で瑞江まで行ってバスで7分ほどらしいです。近いじゃんと思っていたのですが、天気も良いし自転車で行ってみようかなと。いやー、舐めてました。距離は8km程度ですが、息子を後ろに乗せて行くことを忘れていました。 6歳の息子は直近の身体測定では26kgくらいあるらしいです。大きくなったなあ、と感慨にふけっている場合ではありません。

とりあえず最寄りの駅近くで飯を食い、気合を入れてペダルを漕ぎます。約1時間、へとへとになってようやく到着しました。

へろへろ過ぎて店構えの写真を撮り忘れました。入り口は倉庫のような感じ。 すぐ近くの自販機で飲み物を買って受付をしました。

大人+子ども1時間で1,100円でした。内訳は失念。

実釣開始

14:25釣り開始。まずは店員さんに餌の付け方などを教えてもらいました。

店員さんは一投目で「こんな感じであわせて」と言いつつ釣り上げました。これ、簡単なんじゃ… 「簡単そうに見えて難しいですよ」こちらの考えを見透かしたように店員さんは言いました。

店内はとてもきれいで明るく、お洒落でした。

さて、店員さんの教え通りエサを小さく付けて、微妙なアタリに合わせてみるものの、全く掛かりません。これは難しい。

1時間やってどうにか3尾。 息子は店員さんに手取り足取り見てもらってどうにか1尾。

難しいけど、これははまる気持ちも分かるなあ。

たなご釣りは年配者がやるもんだと思っていましたが、そうではなく、30代とか40代から初めて60歳くらいになってもまだ探求することがある、そういうことなのかもなあと思いました。 あらゆる趣味がそうかもしれませんけど。

【今回の釣果】 タナゴ 3尾

【今年の釣果】 タナゴ 3尾 ニジマス 23尾 コイ 4尾 金魚 21尾 フグ 2尾 ベラ 3尾 イシモチ 7尾 アジ 1尾