【竿作り】7日目 塗り開始

2018/09/10 Mon 1-minute read

前回までの工程

1回目(6/23)穂先を削り 2回目(6/30)節抜きと磨き 3回目(7/14)継ぎ 4回目(7/29)口糸巻き 5回目(8/12)握りと口栓作り 6回目(8/26)口栓作りと漆塗り

9/9、今回はカシューで塗りと、2本目の準備をしました。

糸巻きと握りを塗ります

漆を塗って良い色になっています。

糸巻きと握りは黒いカシューを塗ります。 うすめ液を使いつつ、結構こってりと塗りました。

穂先のスゲ込みの部分はクリアを塗りました。 乾燥用の台に置いて、塗料が偏らないよう20分おきくらいに回します。

今回の塗りで継ぎの部分をかっちり固めて、乾いたら継ぎを調整するそうです。 その後に装飾用の塗りをするとか。

しかし、少し塗ったら数日乾かして、という作業なので時間が余ってしまいます。

というわけで二本目の竿の計画を立てました。 二本目はワカサギ竿です。「和竿大全」という本を参考に、長さ等を決めました。

長さは3尺半(1m強) 穂先はグラス 4本継ぎの3本仕舞

先生がささっと長さを決めてくれました。

奥にあるのがリールシートとグラスの穂先です。 今回は穂先を25cmにカットするところまで行いました。

次回は塗りの続きと穂先削りかな。