真間川、江戸川、としまえん

恒例の早朝フィッシング

週末恒例の早朝フィッシングですが、いよいよ寒くなってきました。
近場でなんとかならんかなあ、といろいろ探していたところ、真間川の手児奈橋から下に降りたところで釣り人を見かけました。
バス釣りのようでしたが、ってことはベイトの小物もいるはず、ということで今回はみさと公園ではなく真間川へ。

エサはマルキューの「川の王様」(だっけ?)を小麦粉でこねたもの。ついでにアミノ酸(グリシン)も混ぜました。

自転車で到着したのは5時ころ。早速釣りを始めますが、まずエサがベタベタで付けにくい……
しかも流れが結構ありすぐにエサが溶けてなくなります。もちろんアタリは無し。

ここで釣りをするなら虫エサでブッコミとかが良いかもしれません。

 

移動です

早々に切り上げて江戸川へ向かいました。
初めに向かった京成線の橋の下は水深がないので釣りにならず、真間川水門で竿を出しました。

こちらも反応は無し…… すこし沖ではコイが跳ねまくっていたので、パンコイとかやったら面白そうです。
しばらくしたらバサーがやってきました。魚がいることは間違いないようです。
さすがにフナの仕掛けでは無謀でした。

といったところで、早朝フィッシングはただのサイクリングで終了。まあ調査なのでOKです。

 

としまえん

昼からは息子ととしまえんへ。
この前、山梨の釣り堀でニジマス釣りをやり、面白かったようです。たしかにニジマスは引きが強いので子供には良いかもしれませんね。

 

釣りに前に遊園地で遊び、結局釣り始めたのは14時半。見た感じ、混んでいるのに全然釣れていません。

チケットは息子の分しか買わなかったので、僕はエサ付けと振り込みだけやり、あとは息子任せです。
しかし極まれにウキがピクリとするくらいで、全く釣れません。
息子は30分で飽きてしまいました。

仕方ないので1時間経ったところで僕のチケットを追加。
大人の本気を見せてやる、と釣り始めますが、やはり全く釣れません。

30分ほどしてどうにか1尾釣りました。エサを小さく、かつ針を隠すと良いみたいです。気付くのが遅いですが。

結局その1尾のみで2時間の釣りは終了。

ボウズは逃れたのでOKかな……

塩焼きにしたいと店の人に言ったら、不憫に思ったのか1尾オマケにくれました。ありがたいです。
捌いて串に挿して焼きました。

美味かったです。

 

【今回の釣果】
ニジマス 1尾

【今年の釣果】
エゾウグイ 10尾
ザリガニ 21尾
クチボソ 100尾
マブナ 14尾
タナゴ 3尾
ニジマス 45尾
コイ 5尾
金魚 23尾
フグ 3尾
ベラ 3尾
イシモチ 7尾
アジ 1尾
ハゼ 14尾
小サバ 〜30尾
テナガエビ 2尾

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。